春先はメンタル不調の方が多いです。 | <杉並区荻窪>霊感占い あや診療室

<杉並区荻窪>霊感占い あや診療室

東京都荻窪の占いとレイキヒーリングのお店。
霊感占いは鑑定歴約20年、臼井式レイキはティーチャー資格を取って10年以上です。


テーマ:

3月~5月は、霊障よりも精神的な問題の相談がぐっと増えます。また、認知症や発達障害の方も症状がより強く出やすい時期です。

 

理由としては、気温や気圧の変化が大きいですし、会社に新入社員が入ってくるとか、転職や転勤、引っ越しなど、変化が大きい事が影響しているのでしょう。

自律神経も乱れやすいので、大きな疾患もないのにだるくて眠いというお客様もチラホラ。

私も気圧が低くなってくるとだるくなり、耳が詰まります。

 

こういう、何となく元気がない時は、いつもより早めにお布団に入るようにして、休日は予定を入れずに自分の好きなペースで好きな事をするというのができると回復が早まります。

アロマでも何でも良いのですが、副交感神経アップに良い事を試してみるのも良いです。

まったりと過ごし、頑張らない時期も必要ということですね。

 

そういう私自身も、今月はメール鑑定の件数が多かったのでパソコンでの文字入力時間が必然的に増え、初めて「テニス肘」というものになりました。

テニスをしないテニス肘とはチーン汗

老化によって手首を酷使すると肘の筋肉が凝ってしまって炎症を起こすのだとか。整形外科のリハビリに通っておりますが、メール作業をしない日がないのでなかなか治らないです。

 

更にここ数ヶ月は多忙でしたから、喉も酷使してしまい、今月は先週ぐらいまで当店で電話鑑定や対面鑑定をご依頼下さったお客様に大変聞き苦しい声でご迷惑おかけしました。

 

受付の私のガラガラ声を聞いて、対面のお客様達が蜂蜜やプロポリス飴など喉に良い物を差し入れて下さるという、人の優しさが身にしみた5月でした。

ご依頼頂くだけでありがたいので手土産など恐縮ですが、おしゃれなお菓子や健康を気遣った物など、どれも頂いたお土産は大切に頂いております。蜂蜜は言うまでもなく美味しいし喉に良いので大好きです。プロポリスのど飴は初めて知りました。

喉にピリピリっとくる刺激が癖になり、お土産の飴を舐め終えてしまったので追加で購入したぐらいです。癖になる味わいです。

 

こういった温かいお気遣いもあり、やっとおとといあたりから普通に声が出るようになりました。

 

30代までは深夜2時頃まで電話鑑定を引き受けておりましたし、それでもなんともなかったのですが、40代に突入して以降最近は深夜0時を境に霊力がガクンと落ちるようになってしまったので、営業時間も23時までとさせて頂いております。

霊視も体力が影響しますので無理をすると体を壊しやすくなってきており、もう深夜は鑑定できない体になってしまいました。

 

6月も梅雨が来てまた気候が不安定になりますので、皆様もなんだかきついなあという時は無理をせず、リラックスできる時間を大事になさって欲しいです。

眠れなくても布団に横になるだけでもそれなりに効果ありです。

 

意外と皆さん寝る直前までスマホいじりをしているようなのですが、あまりよろしくないです。我慢して寝室にはスマホやタブレットを持ち込まないようにしてみましょう。

5月病とは昔から言いますが、6月病だってあるんです。


 

当店サイトはこちら[杉並区荻窪の占い師]あや診療室

お問合せはこちらメールを送る

荻窪の占い師あや診療室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス