#解離性障害のちぐはぐな日々

テーマ:
こんにちは(^^)

先日読んだ、
【解離性障害のちぐはぐな日々】




この本の作者の方にお仕事で
お会いする機会がありその時に
紹介されていました!
作者の方の実体験が描かれていて
合間に専門家の方の解説があり
とても分かりやすいです。


解離性障害は言葉は知っていましたが
映画や小説など本当か否か定かでない
その程度の知識しかなくて、、、
もしかしたらこのブログを
読んでくれているあなたも
私と一緒だったりするのかなぁ。


番組の中で作者のTokinさんは
理解されない事が苦しいと仰っていて
それがとても印象的で、ひとりでも
多くの方に知識が広まると苦しむ方が
生きやすい世の中になるのかなと、
それならまずは私が読まなきゃと。

実際に読んでいくと、
おそらく様々な症状の方が
いらっしゃると思いますが、

この自分の苦しさを上手く
伝える事ができず色んな病院を
診療しても解離性障害と特定されず
正しく治療を受けられないこと。
また、解離性障害と特定されても
なかなか良いお医者さんやカウンセラーに
巡り会えない苦しさも描かれていて、
また、Tokinさんの歩まれてきた道のりが
想像できないくらいの苦しい
道のりだった事がよく分かりました。

自分の感情が分からなくて
もやもやして苦しさ時がありますよね。
感情なんてなくなったらと思う時が
私ですらあります。

でもきっと解離性障害の方って
自分の中にある感情の人格たちとの
向き合い方や突然現れる人格や
自分なのに自分じゃない感覚…など
言葉でも想像でも計り知れない辛さと
日々向き合っていると思うと
もっと解離性障害が正しく広まり
症状の改善を急かして
無理をさせすぎてしまったり、
演技しているなどの偏見が
無くなって欲しいと思いました。

また、解離性障害に限らずですが
まわりの人のサポートが本当に
大切になってくることも
読んでいてよく分かりました。

【まわりの人にできること】という
専門家の先生の解説が本当に大切で
解離性障害について知るだけではなく
私達ができることを教えてくれているので
ぜひ色んな方に届くと良いなと。

知るだけではなく、
まわりがどうできるのか。
もし将来身近にそういう方がいたら
どうしたら良いのかを正しく
知る事ができて本当に良かったです。


ぜひ読んでみてください。