OL時代の先輩Yさん

テーマ:

美味しい鰻を食べるとよく思い出す人がいます。

 

私が高校卒業から2年間勤めていた会社の先輩Yさんです。

 

Yさんは日頃から私のことを「妹みたい」と可愛がってくれていて、私が寝坊してお弁当を作って行けなかった時にランチをご馳走してくれたり、彼氏と上手くいっていないときには相談に乗ってくれたり愚痴を聞いてくれたりしていました。

 

そして私が退職することになった時、同じ部署の人たちが送別会を開いてくれたのですが、Yさんは家の都合で参加できなったので、個人的に送別会をしてくれると言って、後日食事に誘ってくれました。

 

Yさんは、横浜で一番美味しい鰻を食べさせてくれると言って、いかにも高そうな鰻屋さんに連れて行ってくれて、鰻重の他にも単品のお料理を色々と食べさせてくれました。

 

鰻屋さんを出るとYさんは「二次会に行こう」と言って、お洒落なバーに連れて行ってくれました。

 

バーのカウンターに座るとYさんは、私に飲ませたいカクテルがあると言って、バーテンさんに「アレ作って」と、常連感を出して注文しました。

 

バーテンさんは私の目の前でシェイカーを振って、可愛いグラスに綺麗な薄紫色のカクテルを注いでくれました。

 

ブルームーンという名前の甘い香りのフルーティーで飲みやすいカクテルだったので、グイグイと、あっという間に数杯飲めてしまいました。

 

鰻屋さんでもビールと日本酒を飲んでいたのでさすがにほろ酔いになってきた頃、Yさんは別れたばかりの私の彼の話を始めました。

当時私は5年付き合った初めての彼と別れたばかりで、かなり引きずっていたのです。

 

「初めての彼と長く付き合いすぎたのがよくなかったんだよ。真面目すぎるんだよ。少しは他の男と遊んでみたら?」

 

と、Yさんは他の男と遊ぶことを勧めてきました。

 

「そうなのかなぁ…。でも好きでもない人と遊びたくないし」

 

と渋る私に、

 

「前の彼は同級生でしょ?もっと年上の大人の男の人と遊んでみたら?例えば会社の先輩とか。もう会社辞めたんだから問題ないし」

 

と勧めてきました。私は会社の男性の先輩を何人か思い浮かべましたが、誰一人恋愛対象として見れる人がいなかったし、この話を終わらせたかったので適当に、

 

「そうだね。遊んでみる」

 

と言って話題を変えました。

 

しばらくバーで飲んだあと、今度はカラオケに行きました。

自動延長のお店だったのかYさんが勝手に延長していたのか最初からフリータイムだったのか分かりませんが、気付くと終電の時間を過ぎていました。

 

私は「このまま始発まで歌ってればいっか」と思って特に何も言わずにいたのですが、しばらくするとYさんに「そろそろ出よう」と言われました。

 

タクシーで送ってくれるのかな?と思って言われるままにカラオケボックスを出ると、Yさんは駅とは反対方向に歩き始めました。

 

私の家もYさんの家も駅とは反対方向だったので、少しでもタクシー代を安くする作戦かな?と思い、私はYさんにと一緒に歩いて行きました。

 

気付くと1軒のラブホテルの前にいました。

 

「飲み過ぎちゃったし疲れたから泊まっていこう」

 

Yさんは言いました。

 

「それは無理です」

 

「さっき、他の男と遊んでみるって言ったじゃん」

 

「え?」

 

「俺が相手になるよ。俺だったら妻子もいるから後腐れないし」

 

Yさんは私より一回りぐらい年上の、当時30代前半で二人の子供がいる既婚者で、純日本人だけどラテン系の濃い顔で、今で言うチャラ男っぽい感じの人でした。

 

それでも、日頃から私のことを「妹みたいで女として見れない」とか「お前は色気がないから、もしお前が裸で寝ててもまたいで通るよ」とか言っていたので、安心しきっていたのです。

 

 

鰻を食べたのはこのためだったのか?

 

ブルームーンを何杯も飲ませたのも酔わせるため?

 

バーでの話は今夜自分とやろうっていう意味だったの?

 

そういえば、最近家の鍵を無くしたって話もしてたな。

 

下の子がまだ1歳になっていなくて寝かしつけが大変だから、夜遅くに帰って起こしちゃうぐらいなら朝帰って来てくれって奥さんに言われてるとも言ってたな。

 

バーでブルームーンを何杯か飲ませたら私が酔うと思ったら、思いの外私がお酒が強かったからカラオケボックスに行って安いサワーを何杯も飲ませたのか。

 

この日Yさんと待ち合わせをしてからのこの67時間は全部ホテルに誘うためで、会話も全部伏線だったのか…。

 

同じ会社にいたら手を出せないけど、もう辞めたから関係ないってことか。

 

 

このとき初めて大人の男って怖いなと思いました。

 

 

それでも、2年間お世話になっていたし、この日もいっぱいご馳走になったし、あまりキツく断ることもできず、ラブホテルの前で小一時間押し問答を続けていると、隣のラブホテルの前でタクシーが停まりカップルが降りて空車になったので、私はすかさずそのタクシーを呼んで、

 

「すいません。やっぱりどうしても無理です。今日はご馳走様でした。帰ります」

 

と言ってタクシーに乗ろうとすると、Yさんは、

 

「分かった、じゃあ送ってく」

 

と言って私を止めて先にタクシーに乗りました

 

なんだか気まずくて会話もないままYさんの家より手前の私の家に着き、

 

「今日はご馳走様でした」

 

と言ってタクシーを降りようとすると、

 

「ごめん、2000円だけタクシー代もらっていい?もう金なくて…」

 

と言われました。

 

ラブホ代どうするつもりだったんだよ…。ラブホ代は出せるけどタクシー代は出せないってことか…。

 

と思いつつ、仕方ないので2000円を渡してタクシーを降りしばらく見送っていると、少し進んだタクシーが停まってYさんが降りてこっちに歩いてきました。

 

「やっぱりこの時間には帰れないから泊めてくれない?」

 

Yさんは懲りずに今度は私の家に上がり込もうとしました。

当時私は一人暮らしをしていたのです。

 

「何もしないから。さっきも話したけど夜中に帰るぐらいなら朝帰ってこいって言われてるからさ」

 

「いや、家に泊めるのは無理です」

 

「何もしないから。玄関でいいから」

 

Yさんは食い下がってきました。

 

「家に入れるわけにはいかないです」

 

「助けると思って。お願い」

 

「朝まで帰れないんだったら、この先に24時間のファミレスがあるからそこで時間つぶしたらどうですか?」

 

「そんなこと言わないでちょっと横にならせてよ。もう疲れたし何も出来ないよ」

 

「無理です。だったら一緒にファミレス行きますか?付き合いますよ」

 

「じゃあその前に水一杯飲ませてよ」

 

 

ラブホの次は私の家の前で小一時間の押し問答になりました。

 

 

 

すると最終的にYさんは、

 

「お前がこんなに頑固だとは思わなかったよ。しかも酒も強いし。ブルームーンをあんなに飲んで酔わなかった女は初めてだよ」

 

と吐くように言って、隣駅の自宅までとぼとぼと歩いて帰りました。

 

深夜3時近くになっていました。

 

 

あのバーでブルームーンを飲ませて何人もの女の子を酔わせてたんだね。

後で調べたらブルームーンはかなり強いカクテルで、アルコールが25度とかあるらしいです。

 

 

私は既に退職した後だったので、その後Yさんとは連絡もしていないし会ってもいません。

 

 

 

恐らくもう還暦を迎えていると思うけど、今頃どうしてるんだろうなぁ…。

 

 

別に会いたくはないけど。

レディリン5月号

テーマ:
LADYS RING3月号でご好評を頂いた『ぶらり りほぽい』が隔月でレギュラーコーナーになりました~キラキラ☆
 
雑誌でレギュラーコーナーを持てるなんて嬉しいですラブラブ
しかも里歩ちゃんと万喜なつみちゃんと一緒に隔月でロケに行けるなんて…羨ましいでしょ爆  笑
 
 
ということで、本日発売の5月号に『第2回ぶらり りほぽい』が掲載されています音譜
 
 
が!!!
 
 
諸事情により、半分以上が里歩ちゃん単独グラビアの『りほ散歩』となっております。
※『りほ散歩』という企画名は、高田純次さんの『じゅん散歩』が大好きな私が独断でつけましたウィンク
 
 
理由は5月号を読んでいただくとして・・・
 
 
今回は4月5日発売なので春らしい写真を撮りたいな…と思い、
 
「春らしい服装で来てね」
 
とお願いをし、早咲きの桜が見られる場所を調べ、シュゼンジカンザクラという桜の木が満開という情報をゲットしたので、新宿御苑で撮影することにしたのですが、当日はまさかの大雨で真冬の様な寒さ。
 
 
当然、冬物のコートを着て来た里歩ちゃんですが、撮影の時にはコートを脱いで、寒い中頑張ってくれました。
 

この、里歩ちゃんが手に持っているのは、インスタ映えすると評判のラテで、ネットで見つけて是非二人に持ってもらって撮影したいと思い、集合時間前に買いに行きました。
 
 
ついでに店内で私も飲んできたのですが、テイクアウト用のカップの方が可愛いですねahaha;*
美味しかったけど、これだとあまり可愛くない…汗
 
 
本当は、寒いのでホットにしてあげたかったんだけど、ホットだと生クリームが溶けてしまうので、心を鬼にして、真冬の寒さなのにアイスにしましたahaha;*
 
 
 
雨と寒さで撮影は大変でしたが、“雨と桜と可愛い女の子”というのも絵になるし、と~~~~~っても可愛い写真がたくさん撮れたので、是非見てくださいね~wハート☆
 
 
ちなみに、今月号からとうとうSTAFF欄に私の名前が3つになりましたうひっ
色んなことをちょっとずつお手伝いしているだけなのですが、なんだか一人でたくさん働いてるみたいahaha;*
せっかくだからカメラマンもやろうかな。
 
 
 
嘘です。
 
 
 
亜矢子

3月28日の話

今年は週1更新という目標を立てたのに1ヶ月も続かずすっかり月1更新。

三日坊主にすらならないという汗

 

 

   ハイビスカス

 

28日に初めてスターダムさんで受付のお手伝いをさせて頂きました。

 

いつも受付をされているスタッフさんが急なご病気で来られなくなってしまったらしく、3日前に急遽オファーをいただき、たまたまスケジュールが空いていたので行かせて頂いたのですが、懐かしい方にたくさんお会いできてとても楽しかったです音符

 

 

今回オファーをくださった竹石さんともかなりお久しぶりにお会いしましたが、会場入りの時にもっともっとお久しぶりの村山大地レフェリーとお会いしました。

 

全女が大好きだった私は、レフェリーの中で村山さんが一番好きだったので、NEO時代にコールをさせて頂いた時はとても感動したのですが、NEOに出て頂いた回数はそんなに多くなかったので、内心「私のこと覚えてないかもしれない」と思いながらご挨拶をしたのですが、覚えていてくださったばかりか、

 

「今は元川のところでしたっけ?」

 

と、私が我闘雲舞にいることまで把握してくださっていて、とってもとっても感激しましたキラキラ☆

 

 

そして、

 

「お互い業界長いですね~」

 

と言われました。

 

 

もちろん、

 

「いやいや、村山さんには敵いませんahaha;*

 

とお答えしましたが爆笑

 

その後、受付や売店で久しぶりの選手やマスコミの皆さん、NEOによく来てくれていたお客さんなどにたくさんお会いして、口々に「今日はどうしたんですか?」とか「珍しいですね」と言われ、

 

「確かに私ももう十分業界長いんだな…」

 

と実感しましたahaha;*

そりゃそうですよね。今年で丸20年なんだからあせる

 

 

 

そんな中、こちらもかなりお久しぶりに、府川由美さんにお会いしました。

 

由佳は以前から仲良くしていましたが、私は、面識はありましたが個人的な交流はなく、会場でお会いするとご挨拶する程度でした。

それが、受付でお会いした時に府川さんが、

 

「由佳ちゃんも来るからよかったら来ませんか?」

 

と、飲みに誘ってくださったのです!!!

 

 

これはもう、行くしかないですよね爆笑

 

 

ということで、ねばーぎぶあっぷ。で合流させて頂き、初めて一緒に飲ませて頂きました生ビール

しかもご主人の田中稔選手も!!!

 

※たまたま別で来ていた元・安川惡斗選手も一緒にスマホ
 
興行も押したし撤収にも時間がかかってしまったので1時間ぐらいしかいられなかったのですが、府川さんは相変わらず可愛くて可愛くて可愛くて、顔も可愛いけど声も可愛いし、言うことも可愛いし、稔さんもイケメンだけどチャーミングな方で、とってもステキなご夫婦で、長い1日で疲れ果てていたのが一気に癒やされましたwハート☆
 
 
楽しい時間をありがとうございました(´v`)
 
 
そして、今回ご病気で来られなかったスタッフさんが、1日も早く回復されますように。
 
 
 
亜矢子