[2019年2月8日(金) / 2y3m22d/39w6d]

 

予定日を翌日に控えた13回目の妊婦健診。

予約時は「もしかしたらもう産まれているかも…?」と思っていましたが、たまに生理痛のような鈍い痛みがあるものの胎動もまだまだ活発、赤ちゃんが出てくるのはもう少し先になりそうです。

 

後期検査でB群溶連菌に引っかかって抗生物質を点滴しながらの出産が決定していますが、この1週間で両手の甲に謎の妊娠性湿疹が出現、さらにはデリケートゾーンのかゆみからカンジダの可能性も…。

 

毎晩一緒に寝ている娘が鼻水をたらしていても風邪も拾わず、インフルエンザとは無縁なくらい元気ですが、よほど免疫力が下がっているのか地味なところに出てしまいました笑い泣き

 

 

妊婦健診で相談すると、妊娠性湿疹は通常はお腹に出るのでかぶれかも?とのことで弱いステロイドで様子見。

カンジダは決定で、膣洗浄と塗り薬を処方してもらいました。

 

さらには、エコーでも内診グリグリでも赤ちゃんは下がってきておらず、予定日超過5日後に誘発分娩の入院が仮決定。

その日はちょうどバレンタインデーですが、促進剤を入れて当日に産まれるか翌日になるかはわからないとのこと。

どちらにしろ、予定通りに無痛分娩で出産できればOK!

 

もちろん、それまでに陣痛がきたり破水の可能性もあるものの、いちおうの終わりが見えてほっとしています口笛

 

 

もともとの予定日は3連休の初日だったので、2泊3日の入院期間中の娘のお世話を主人に頼めるので安心していましたが、最強寒波到来で関東でも積雪予報…。

車が出せなくなるかもしれないことを考えると、ベビーにはもう少しお腹の中でぬくぬくしてもらいたいと思いますウインク