ウォーキングシューズの正しい履き方 | 空飛ぶ・姿勢改善アドバイザー

空飛ぶ・姿勢改善アドバイザー

私には沢山の「顔」があります。
主婦。母親。娘。一人の女性。
CA。ウォーキング講師。コンディショニングトレーナー。
このブログは そんな私とあなたをつなぐ 【どこでもドアー】

《人生お一人様一回限り!》一緒に楽しみませんか?


テーマ:
ウォーキングシューズの正しい履き方ご存知ですか?


空飛ぶ•姿勢改善アドバイザー 山岸加代です。

 
空の上、10,000メートル上空では 現役CA。乗務歴35年目突入!地上では、姿勢と歩き方の講師をしています。 
 《元気と綺麗の種まきブログ》毎日発信中!


週末、靴屋楽ちん928Rさんで、

ウォーキングレッスンさせていただきました。

その時の様子はこちらから→★★★






かっこよく歩くためには

やっぱり《歩きやすい靴》が大切!





楽ちんさんのコンセプト

《明日はもっと歩きたくなるわたしがいる》






私のコンセプト

《歩きたくなる身体でウォーキング》





今年のプリンセスホリデー。
(生徒様と行く海外旅行)


フィンランドの森の中。

靴が合わなくて歩けなくなった方がおられました。




その後パリに移動。

『足が痛いから、、パリはホテルにいるわ。』

と悲しそう。。。。





即、シューズスタイリストリコさん同行で、靴を買いにパリのデパートに!





選んでもらった靴を履いた途端!



さっきまで足が痛くて泣いていたのに、スキップしだしたんです!



その時の様子はこちらから→♡♡♡






靴選びって大切!




今回のレッスンでは、

こんなウオーキングシューズを紹介していただきました。



とっても軽いです。

ウォーキングレッスンでは、足裏感覚が大切。

このシューズ、足裏感覚を掴みやすいよう

工夫がなされているそうです。



サイドがジッパーなので着脱しやすい。




履き方を間違えると、せっかくの靴も台無し!



まずは、シューズスタイリストのリコさんから
正しいシューズの履き方を教わりました。




まず、、、履きます。

(紐をしっかり開いてから足を入れてサイドジッパーを閉めます)







踵で床をトントン!

      これとっても大切!


踵トントンは、爪先の前を少し空けるため!

爪先に余裕がなさ過ぎると

爪を痛めてしまうそうです。



こんな人は要注意!

    ↓↓↓↓

子供の時、靴を履いて爪先で《トントン》して

履いていた人!

あれはダメだとのこと







足の一番くびれている部分をしっかり締める!

こうすると、横アーチを引き上げた状態にキープしやすくなるんですって!

扁平足にも良さそう!




ヒモで締めると、

横アーチが下がってしまって、

衝撃吸収しにくくなっている足でも、

衝撃吸収が出来るようになるんですって!




リコさん曰く:


『スリッポンはモチロン、

紐靴であっても、紐を締めていなければ

歩いているうち、足が疲れてきますよぉ!』




こんな風に、キュッキュッと!





最後はキュッと締めて出来上がり!



足首がしなるかチェック!



つま先で床が蹴り出せるかチェック!



素敵な靴下と組み合わせてみましたラブ



レッスン以外でもはけそうですね!



シューズの正しい履き方:

《トントン&キュッの法則》



① 履いたら踵で床をトントン!
 ② くびれを紐でキュッ!
最後はキュッ!


どうですか?

生徒様がびっくりされてました!


『わ!すごく安定します!』



お試しアレ!



靴屋楽ちん928Rさんのホームページはこちらです。

    ↓↓





京都に来られたら、一度のぞいてくださいね!





空飛ぶ•姿勢改善アドバイザー 山岸加代でした。

 ******************************* 
88歳・君子語録(実母)
 ※語録とブログの内容は必ずしもリンクしていません


『靴は大事やで。
  
 年とってから困らんように、ちゃんと選びや』



 *******************************


Kayoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります