12月7日 Netflixおすすめです!

テーマ:

1800年の今日、12月7日に伊能忠敬が日本地図の作成を始めました。

 

地図を作成するためには測量の技術が求められます。

 

西洋から様々な知識が入ってきた結果、日本の測量術が進歩したんですね。

 

この頃の日本では国学、蘭学がさかんになりました。今日はここからの出題です。

国学を大成させた人物と、その人物の著書は何?

②蘭学がさかんになったことで「解体新書」を出版したのは前野良沢と誰?

③長崎のオランダ商館で蘭学者や医学者を育てた外国人医師は誰?

 

正解は・・・

 

・・・・・

 

・・・・・

 

・・・・・

 

本居宣長・古事記伝

杉田玄白

シーボルト※反転で答えが見れます。

 

他にもこの時代は発電機や寒暖計を初めて作った平賀源内なども有名ですし、国学の考え方が幕末の尊王攘夷運動につながったことも覚えておきましょう!

 

吉敷校村上です。

 

Netflix

 

先日のブログでも動画配信サービスということをお伝えしましたが英語の勉強をするのに非常におすすめです!

 

というのも

 

英語字幕があることと、10秒巻き戻し機能の存在!

 

これがめちゃくちゃいいんです!

 

私は同じ映画を何回も観る派なんですが

 

1回目:英語音声日本語字幕

2回目:英語音声英語字幕

3回目以降英語音声字幕なし

 

でよく観てます!

 

2回目を見るときに英語字幕を見て「こんな言い回しあるんだ!知らなかったー!」という新たな発見ができますし

 

3回目以降に聞き取れなかった英語をもう一回聞きたい!というときに10秒巻き戻しが非常に便利です!

 

最近もある映画を観ているときにこんな表現が出てきました。

 

会話の流れで登場人物が怒っている相手に対して相手に対して「Don't have a cow. 」と言いました。

 

直訳すると「牛を飼うな」と思い「怒っている相手に対して何言ってんの???」となってしまいました。

 

すぐに辞書で調べるとhave a cowで「怒る、大騒ぎする、取り乱す」という意味でした。

 

語源は人間が牛を産むと大騒ぎするから、、、だそうです。

 

他にも面白い表現がたくさんあるので今後紹介させてください!

 

学校の教科書では習わない独特な表現もたくさんあるので興味のある人は是非、洋画をたくさん観ましょう!