【地理のコツ】良い竹?

テーマ:

ある日、宇品校で中1の授業をしていたときのこと…

 

「緯線と経線って、タテとヨコどっちがどっちだっけ?」

と、気になる会話がありました。

 

 

この悩みは中1社会であるあるの悩みです。

もちろん、前期中間試験でも問われやすい内容です。

 

すると後日、ある小学5年生がふと、こんなことを言いました。

「緯線と経線は『良い竹』で覚えたよ!」

 

良い竹=よい、たけ

こ…せん(緯線)

て…いせん(経線)

 

と主張していたのです!

いろんな覚え方は聞いたことがありましたが、

恥ずかしながら、この覚え方『良い竹』は初耳でした…。

 

それを中1の生徒に伝えると、

「5年生なのにすごい!これでバッチリ覚えられる!」

と大好評でした!

 

社会は覚えることがいっぱい。

それでも楽しく覚えていけると、大人になっても頭に残っているものです。

 

あとは、漢字で書けることができるように!

最初のテストに向けてのポイントですよ!