産業革命とエネルギー革命を牽引する新素材CNF(セルロースナノファイバー) の出現 | 愛信情報市場(アメブロ版)

愛信情報市場(アメブロ版)

嘘も100回言えば本当に成ると信じて、息を吐く様に嘘を吐く
支那朝鮮資質に支配された反日売国テレビ局・マスコミとの情報
戦争に大勝利するために、広げよう情報共有の輪。
安心・安全で自由な日本人社会を守るために共に働きましょう。


テーマ:

CNFは木の繊維をナノレベル(ナノは10億分の1)まで細かくほぐ

した素材。  鉄に比べて重さは約5分の1と軽く、強度は5倍以上。

植物由来のため二酸化炭素(CO2)の排出削減につながり、国土

の7割を森林が占める日本にとっては調達しやすい持続型資源と

しての期待が大きい。  

CNFの研究は京都大学の矢野浩之教授が20年ほど前から始めた。

研究のきっかけの1つは、米国の大富豪ハワード・ヒューズ氏が製

造し、1947年に初飛行した世界最大の飛行機が木製だったことだ。
同教授は「木で空を飛べるなら車も作れるのではと考えた」と話す。

 

【関連情報】
【ふじのくにCNF総合展示会】
写真をクリクすると公演(ノーカット)が始まります。
右側をクリックすると配布資料(合計40枚)が自動更新されます。
講演動画の見方、

先に講演動画をクリックします。 後に配布資料をクリックします。
講演の進展に合わせて配布資料進めたり戻したりします。

 

 

【参考情報】
判りやすく説明する為に静岡県浜松市の大凧祭りの事例で説明する。
大凧をCNFで作ったら巨大な凧ができる。 鉄の5倍の強さがあるの
で凧の糸は決して切れない、幾ら大きな凧にしても決して破れない。
凧の骨組みは自動車の構造材の強度のあるパイプがふ菓子の様に
軽いので巨大で軽い凧を作る事ができる。
この事例から巨大な気球を連想してみましょう。
気球は何所まで上昇しても破裂しない構造材は軽くて頑丈なので
巨大な軽い気球ができる。
2間立方(8畳間で天井が少し高い位)の大きさの気球で約60Kgの
浮力が出る。
気球は空気よりも軽いので60Kgの荷物も空へ上がって行く、紙より
も軽く鉄の5倍も強い新素材CNFを使うとこの様な気球を作れる。
水素革命の燃料電池で動く軽量回転子(モーター)でドローンを
駆動すれば未知の飛行物体(UFO)が出現する。
自動運転で連結した気球が飛ぶ様は正に発進する銀河鉄道である。

 

 

詳細は

【燃料電池の掲示板】第3巻
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi

【燃料電池のタイトル一覧】

http://aixin.jp/axbbs/kfn/lbkfn0l.cgi

 

 

愛信さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス