盟友の挙式 | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 遠くにありても祝賀の思い強く。

 

 2006年に初めて、品川駅で会った友。以後、鉄道趣味を絆の一つとして、関係を続けることができています。私が療養生活で山梨県甲府市にいた頃、見舞いに群馬から来てくれたこともありました。

 

 その友が入籍、第一子を授かったのを経て、昨日挙式。諸般の事情で私が式に参じることはかないませんでしたが、祝電だけは送りました。大阪や兵庫の鉄道友人のふたりは、京都の模型店限定の品を携えて式に出席したそうです。一生に一度のこと、本当はそこに私も加わりたかったものです。

 

 そのうち家族旅行で、香川県にも遊びに来てほしいところ。ことでんの路線や、各種名物の味や、栗林公園等の名所を案内したく。

 

 今日は式の翌日、友は緊張感がとけて疲れも出ていると思います。まあぼちぼち、かつしっかりと、幸せな日々が続きますように。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス