瀬戸大橋開通30周年 | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 2018年4月10日。岡山と香川を結ぶ瀬戸大橋、開通30周年の報道。

 放送を横目に自分語りをば。

 

 初めて瀬戸大橋を通ったのは今世紀に入ってから。2005年であったかと思います。京都府下在住時のこと。

 往路は宇野から船にて、ノンビリと高松入り。上陸後、うどんを食べました。復路は快速マリンライナーでさくっと岡山へ。

 そのころはまさか、自身が香川県民になるとは思っていませんでした。

 

 まあ、いざ、香川県民になってみると、居住域が東讃地方ということもあり、大鳴門橋から淡路島経由で京阪神地区に出るほうが多い現状。

 東京へ行く際も、空路利用に傾いたり。瀬戸大橋は、岡山・倉敷を訪ねる折くらいしか使わぬ状況に。

 

 坂出方面に親戚がいますので、訪ねる折に橋が視界に入ることはありますが……。

 

 もっと使って通って、瀬戸大橋を大切にしたいと思います。改心しますね……。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス