甲子園に係る妄想 | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 2018年1月25日。朝刊を読んでいたときのことです。「夏の甲子園(高校野球)、外野席有料に」という見出しの記事が目に留まりました。

 

 運営委員会で決する前の段階なので、「座席料金は500円程度を想定している」という範囲の記事でした。

 「野球人気がサッカーに抜かれているぞ」と、私の耳にも入る中、一方で高校野球の無料座席への観客集中度は高まる傾向のようです。人が集まりすぎると、想定外のトラブルも起きましょう。

 

 席料500円なら今まで通り並ぶぞ、という方も多いのではと思います。かと言いましても、1,000円単位の料金は取れないようにも思えます。収益目的興行ではないです……ものね。

 

 まあ、「無料やし、野球好きやし、見に行こか」という層には厳しい決定は下されそうです。

 

 そうそれと。

 

 バックネット裏あたりに、野球をする子ども層を招待する席はまだあるんでしたでしょうか。

 もっともバッターに近い場所で見られるのも良いと思います。ただ、テレビに映るのもあるからか、若干妙なくらい、カッチリお行儀よくさせられているような……。

 外野にもいくらか、子ども無料座席の枠作ったらダメなんでしょうか。プロ野球の応援ほどではないにせよ、声を素直にあげて、好きなタイミングで水分補給やトイレ休憩等ができて……となるように。

 

 話が右往左往しました。いずれにせよこの難しそうなかじ取り、高野連には頑張ってほしいものです。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス