手癖でポン | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 モニタとキーボードにさえ向かえば、文章がスイと出てくる。そう思っていた時期が私にもありました。と申しますか、最近とみにそうです。

 

 あわせて、手癖で文章を入力している、という感じが強まってきました。「これは危ない!やめさせないといけませんよ!」というところですね。

 自然に打てているともいえるので、一概に悪や罪だとは言いません。ただ、そこに甘んじたら読みやすさと伝わりやすさの点で成長できないと思いなおしたのです。さてどう対処したものでしょう。自分で見つけるしかありません。

 

 悪文も敢えて時には読んで、日本語を活かしまた日本語に活かされるところ、磨くしかないのでしょうかねえ。乱読もまた読書。

 メンタル症状のせいにして、時に「ソワソワ感と焦燥感の混合状態で活字を追えない」と言い訳するのも止めにしたいですね。

 

 まあ、書きたいように書くだけでは、何にもならんなと回心したいところです。出力のためには良質な入力が伴わないと。

 

 手でノート・手帳にだだだと書き散らかすことは増えています。そこからまとめなおすときには、モニタとキーボード、それからWeb環境のちからに頼るのは……まあやっぱり良いことにしましょうか。

 

 以上、「モニタとキーボードが執筆エンジンのイナーシャになっても委員会」の淡路一号線ことコイツがお送りしました。

 

 悪いブログの最たる例から脱却できる日を夢見て。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス