割賦一段落 | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 2018年1月17日。以前の携帯電話会社への割賦が終わった話。

 

 『ウィルコム』というPHS会社を利用していた私。その流れで『イーモバイル』とブランド統合した『ワイモバイル』の利用者になっていました。それからさらに、「iPhone6に機種変更したらサービスしますよ」というお知らせメールを受け、iPhoneデビューと共に『ソフトバンクモバイル』へと乗り換えていきました。さらにさらに、家族内で携帯電話会社を統一する話が出たときに、『au(KDDI)』へと最乗り換えをし、今に至ります。

 

 ややこしい冒頭で読む気を削いでごめんなさい。

 要は、『ソフトバンクモバイル』への割賦が残っていたのです。iPhoneデビューから数か月後に追加して契約した、タブレット端末『iPad Air2』の本体代金として。

 

 後述しますが、私の頭の中で勘違いしていたことがあります。『iPad Air2』の端末代金は、36回払いだと思っていたという点です。毎月16日の引き落とし日でした。ということで、この記事を書いている当日、支払い日から一日遅れと思い込んだまま、金融機関に通帳記帳しに行ってきたのです。

 

 記帳された通帳がATMから出てきます。その場でチラッと読みます。と、『ソフトバンクモバイル』から端末代金が引き落とされていません。預金残高は十分にあります。

 

 何か問題が生じたのかと思い、ネット検索。しかし引き落とし日の変更はありません。「合算請求」の項目も念のため読みましたが、一ヶ月の支払いが3,000円以上、すなわち合算請求の対象外であることがすぐにわかりました。

 

 帰宅後、尋ねるのはGoogle先生ではなく、「超」整理法の押し出しファイリング。『ソフトバンクモバイル』の関連書類を仕舞い込んだ封筒を取り出します。中身を確認。すると『iPad Air2』の支払いは24回と書いてありました。2017年12月の支払いで完了ということになります。

 

 ようやく安堵。肩の荷が下りた気持ちに。自らの勘違いのため、無駄にドキドキソワソワして過ごしましたがそれも終わりです。

 

 「割賦終わった」の一言で済むことを、膨らませて書いてみました。

 今回の更新はひとまず以上にて。ご高覧たまわりありがとうございました。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ