凍結油断大敵 | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 2018年1月15日。市内の某郵便局に行きました。

 局内に入るときには、足元特段何ともなかったのです。それが、用事を済ませて出た際のこと。入ったときと少し違う場所を歩いたのです。

 

 路面が凍結していました。

 

 危うく転倒するところでした。北国でなくとも、気を抜いて歩いたらいけない、そう再認識。

 凍っていたのは、郵便局看板の日陰部分だけでした。家を出る前、自宅北側の地面が凍っていたのですから、そのほかの日陰でも気をつける意識を持っていてよかったはずです。

 

 もうちょっと頭使って、感覚研ぎ澄まして生きよう……と言うと大げさかもしれません。が、転倒時にアタマを打ったりしたらおおごとです。

 

 それと、変なところ歩くのやめようと、自分に言い聞かせました。陽の当たる道をあるきたいものです。いろんな意味でも。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス