外は冬の雨なんとやら | あわじのメモノート

あわじのメモノート

日々のつれづれをぼちぼちと


テーマ:

 2018年1月5日のこと。朝方から、ぱらつきはじめた雨。次第に「氷雨」と呼ぶにふさわしい具合になりました。

 晴れている日なら、南側の部屋にて作業をするのです。ただ、日差しが無い空模様となると、いささか寒さ堪えます。

 

 コタツに逃げ込んで、読書と執筆と。これがお金になれば良い(責務を家庭内でもより果たせる)のですが……。まあそんなに甘くは無いですよね。

 主夫業となって満5年が近づきつつもあります。いろいろやってみて、「マネタイズ」の道を何とか進もうとしてはいます。まあやっぱり甘くは無いです。

 

 でもこうした冬の雨にたとえられる日々を、しっかり覚えて大切にしたいと思います。家庭内での役割分担の一部(にして大部分)を、家内と私とで、入れ替えられる日が早く来ますように……そう願いつつ。

 

 まあ、おじいさんもおばあさんも、ふたりで芝刈りに行けば良いかもしれません。税金はその分取られますがかまわないでしょう。洗濯は、おじいさんが引き続きするのかな……。

淡路一号線(コイツ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス