星のない夜空に揺れる君のポークビッツ | なごちゅう。
2011年07月31日 23時20分10秒

星のない夜空に揺れる君のポークビッツ

テーマ:日記

ども、お久しブリーフのび太です。


あぁ、今週もまた貴重な日曜日が失われようとしております。




思い返せば金曜日


上司「明日、出てこれるかな」


僕「いいともなんて言いませんから。」


上司「大丈夫。昼には帰っていいから。」


僕「絶対来たら帰れなくなるから来ません。」


上司「大丈夫。そんなことないから。」





と言われて出たが最期。



やっぱ行ってみたら昼に帰れる雰囲気は微塵もないわけで。


嘘つき!!と泣きながら夜の帰りのバスに揺られる姿はまるで乙女のような心持ち。



「トイレだけ貸して」「テレビ見たら帰るから」というちょっとだけちょっとだけ詐欺で、家に昔の男に上がられる女の子に似てます。



分かる、僕には分かるよ。君の乙女心。


そうだね。ちょっとだけって言われると、まぁちょっとだけならって。思うよね。


先っちょだけって言われると、先っちょだけならって、思うよね。


そうだね先っちょは違うね。





まぁとにかく。



そんなわけで、常人の花金に代わる僕のココロオドル週末が土曜の夜。すなわち花土なわけであります。



世間一般の花金といえば、もう酒池肉林の代名詞とでも言いましょうか、やれ男、女、それ酒池肉林ワッショイという雰囲気で溢れかえるギラギラしたものでしょう。



しかし花土となるとそうは行きません。



えぇ、もっと紳士的といいますか。

バーカウンターで一人佇み、バーボンをロックで頼むような。静かな。ただひたすら静かが好まれる夜が望ましいんです。



まぁ、言い換えれば、疲れてるんよ。

そっとしといて。



そんな疲れた週末を癒すべく。



今週は近所の温泉に行ってみました。



一人で。






ええええええ。

一人で温泉て。と、冷ややかな視線を送る貴方は、きっと一人温泉の素晴らしさを知らない。


好きな時間に入って、好きな時間だけいれて、好きなだけジェットバスできて、好きなだけ全裸でベンチに仰向けになれて、好きなd



ごめん、ただの強がりです。



まあとにかくそんなこんなで温泉に。







土曜の夜の近所の温泉は、これでもかというほどに家族連れ。子供祭り。



浴室で響き渡る子供の歓声、ポークビッツをプルプル振り回しながら走りまわる姿。


こらそんなに走りまわったらこけるぜ少年よ。



そう思いながら湯船につかっていると、突然背中から吹き出すジェット噴射。



驚いて後ろを見ると、僕のジェット噴射のボタンを押して逃げ行く子供ギャング。




キャッキャ。




僕「コラ。」



と、おもむろに立ち上がり、みせつける大人の威厳。




キャッキャ。




ザバーと再び湯船に浸かり、見上げるは都会の夜空。星なんて見えません。



あぁ、でもなんだか、こういうのが平和って言うんだなぁ。




と、また来週から頑張れそうな予感。




帰りしな、「あんな、毎週きてんねん」という少年に、「ほなまた来週」と、なれない関西弁で挨拶。


体と心、あたたまる週末でした。




さぁ、また一週間。

今週もなんだか忙しそうで不穏な空気がムンムンと立ち込めてますが、まぁぼちぼちやります。


皆さんも頑張って。



ほなまた来週。さよなライオン。

のび太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス