むくみの原因は腎の低下

テーマ:
女性の悩みに多いむくみ。
男性に比べて筋肉量が少ないため、女性はむくみやすいのです。
同じ姿勢を続けたり、塩分のとりすぎやお酒などでむくみの症状も出やすくなります。

忘年会、新年会と飲み会が増える時期はつらいですよね汗
私も飲んだ翌日はかなりむくんでしまいます叫び

お酒=肝臓が悪くなる、だけではなく腎臓にも大きな影響があります。

腎は五行説の水の属性を持ち、水分代謝を促します。
関連する腑は膀胱なので排尿にも関わり、腎に集められた水分のうち不要なものは膀胱から排出されます。
腎がうまく機能しないと、体内の水分が停滞して、むくみの症状がおきます。

このような腎機能の低下によって、不要なものが排出されない状態を腎虚といいます。
腎虚にも2つのタイプがあり、冷え性や四肢の冷えがある腎陽虚、のぼせや寝汗など熱症状がある腎陰虚とあります。

腎の低下による症状
・腰痛、足腰が弱くなる
・むくみ
・冷え性
・不眠
・倦怠感、疲れやすい
・頻尿
・髪のパサつき、抜け毛、白髪
・耳鳴りや耳の聞こえが悪くなる
・物忘れが増える
・不妊、精力減退
・更年期障害
・便秘、下痢

腎はスタミナ、エネルギーの源のなる「精」を作るのですが、精は両親から受け継いだ「先天の精」と飲食物などで得る「後天の精」があります。
先天の精は年齢とともに減っていきますが、後天の精は食事などで補い増やすことができます。

30代後半から白髪も増えてきたなぁえーんとつくづく感じるのですが、これも先天の精が減少しているからなのです。

腎は寒さに弱いため、11月〜1月頃は機能が低下し、弱りやすくなります。
食事で後天の精を補い、腎を養生して乗り切ってくださいニコニコ

腎を補う食べ物
・黒ゴマ、きくらげ、黒豆、ひじき、黒米、海藻など黒い食べ物

腎の養生には、お酒の飲み過ぎ、塩分の取りすぎ、水分不足には注意ですビックリマーク

おせちの黒豆を食べて、正月は元気にお過ごしくださいニコニコ

来年も宜しくお願いします音譜