この投稿をInstagramで見る

BLAX DSP ・・・ このDSPを発売以降検証してきました、そして昨日ヨーロピアンカーサウンドコンテストが終了し思う事があります。 因みに当社からの今回の出場車両でBRAX DSP 装着車両は一台だけそれはBLAXクラスで優勝したM4金色 一台だけです。他はディラークラスを含めすべてヘリックスDSP です。ディラーのBMWはいいったんはBLAXに交換しましたが、シルバーが欲しかったのでちょうどライバルでもある某金色さんがトラブルで至急欲しいという事でしたので お譲りし現在はシルバーの到着待ちといった状況です。 正直なところ圧倒的な差で、なくてはならないと感じていればそういう訳にもいきませんが差は少しと考えていました・・・そこでお譲りした訳ですが・・・ その時点でのサバクさんも同じ考えだったようですが、以前にも書かしてもらったように しばらく聞いているとやはり少し良いんです・・なので普段乗る車でもある金色はいったん 良い方にして、あとからもどす といった訳にはいかなかったようです。 じゃーコンペならヘリックスでいいのか? いいと思います。 でも・・少し考えが変わりました今回モレルコースで優勝したM4金色 は計3回調整しました。一度目は約30分 この時点でめちゃくちゃ音がいいな~でもステージングが・・・なのでもう一度次は約1時間 みっちりやりました。 そのあと会前夜に確認がてら約10分 この時点で感じたのは今回の出場車両で一番音がいい・・そう・・・音が・・何とも言えない密度感、優しさ、艶、思わずこの音が欲しいと思うくらいでした。 でも、この音はコンペ向きではないですね・・・とお客様と話をしていました。 このままでは勝てないかも知れない・・ それは、経験上聴くポイントがあるんです・・、まず帯域バランスこれは全車両当たり前にできていますので、の点では他車車両に圧倒的に勝るとはいいがたい。 では、ステージングは・・これも今回は特に深いとか、特に広いとかもない・・普通にいいくらい・・、とすると聴感上のクオリティだけですべてを凌駕しなければならない なかなかどうでしょうかね・・そこまでは もしかしたらこの優しくも豊かなサウンドは聞き逃す可能性もあるので・・・、でも完成後初挑戦のイベントですしこのまま行きましょう もしかしたら、このクオリティの高さに気づいてもらえて、すべてをはねのける可能性があるので・・でも埋もれて、そこそこの順位で終わってしまったらごめんなさい・・・ これが調整後の真面目な意見でした。 いろいろ振り返って、BLAXDSPじゃなくてあのM4の音は出たのか? 多分出ないです・・ほんの少しの差だと感じていましたが今はあの音になるのなら まぁしゃーないか・・・的な感じです。 なので、うちのデモカーも銀のBLAXでハイエンドは出場します。 アウディはZAPCOが間に合えば交換しますが、間に合わなければ、HELIXで行きます それは車自体のコンセプトがコストパフォーマンスなんで・・せっかくお安めに作ったデモカーにBLAXだと・・もう二台デモカーがある意味がないですしね。 今回のBLAXコースは当社が表彰台を独占するという状況でしたが、1番が圧倒的であったというコメントになんだか感動しました。そうあるべきだと思ったからです。 しかし、二番の車も3番の車もまた磨き上げます、ヘリックスでも勝てる!という 心意気です、物のクオリティだけでは届かない曲の理解度と聴きどころを把握する ことで勝負は出来ます! しかし、あの音は出ないと考えて経験してしまった耳をどうごまかすか、という 事になりますね・・・それとBLAXDSPはあそこまでは行くと知ってしまった ので、言い訳もできなくなりましたね(笑 当社で販売したBLAXDSPは確実に責任を取ります・・高い物なので(笑 まぁ調整が趣味ですからね~ また、実際のデモカーにてのインプレッションは銀のDSPが到着してから ぼちぼちとしていきますのでお楽しみに。 #ヨーロピアンカーサウンドコンテスト #BLAX DSP #BMWの音

Hideaki Iwamotoさん(@hideaki_iwamoto)がシェアした投稿 -