ピンク・オレンジ・赤・・・次は“黄色” SCOOTに注目! | CAになりたい!客室乗務員★エアライン就活・転職サポートブログ

CAになりたい!客室乗務員★エアライン就活・転職サポートブログ

アビオンエアラインスクールが発信する、客室乗務員(キャビンアテンダント、CA)、エアライン採用試験に役立つ情報満載のブログです。採用の状況に沿って面接のアドバイスなど、航空会社の採用も行うアビオン独自の情報で エアラインを目指す皆さんを応援します!


テーマ:

 


最近は何かとLCCがテレビや新聞などのマスコミに取り上げられるケースが多くなったが、いよいよ日本にも本格的なLCCが勢ぞろいしつつある。


何度も取り上げているLCC、クイズ形式で ちょっとおさらいしてみよう。


まずは3月に関空をベースにして就航した 日本版LCCは?

 

7月から成田を拠点にしてテイクオフする予定のエアラインは?

 

そして8月に同じく成田をベースにして国内の札幌・福岡・那覇へ就航するのは?

 

そう、答えは順に ピーチ、 ジェットスター・ジャパン、 エアアジア・ジャパン

 

全問正解ですか?

 

 

利用者の立場からすれば、これらLCCの集客競争の激化により次から次へと魅力的な低運賃がマーケットに発表されるのは喜ばしい限りだ。

 

唯一つ言えるのは、上記3社が今目指しているのはいずれも国内線の需要の高い短距離路線にのみフォーカスが当てられていることである。

 

 

アジア太平洋地区で中・長距離路線を運航しているLCCといえば、オーストラリアを本拠地にしているジェットスター およびその関連会社(例えばジェットスター・アジアなど)かマレーシアをベースにしているエアアジア及びその関連会社しか思い浮かばない。

 

 

つまりそれだけこのアジア太平洋地区では、ほとんどのLCCが短距離路線しか飛ばしていないのが現状なのだ。

 

 

そこで、ジェットスターやエアアジアに真っ向から勝負を挑んできたのが、シンガポール航空の100パーセント子会社でシンガポールに拠点を置く LCC 「スクート」 である。

先ごろ スクートのHPで 機体デザインや客室乗務員の制服が披露されたので
こちらで 見てみよう。矢印

Fly With Us /  FlyScoot.com
http://www.flyscoot.com/index.php/en/in-flight/fly-with-us.html

Scoot のシート、機内食などの写真も矢印
CNN GO
http://www.cnngo.com/singapore/visit/scooting-low-cost-long-haul-skies-843151?hpt=hp_bn5


まだまだ 日本では「スクート」の知名度は高くないが、実はつい先日の6月4日に「スクート」の記念すべき第1便が
シンガポールからシドニーへと就航されたのである。
機材はB777-200型機で、32席のビジネスクラスも設けられている。

2番目の就航地はオーストラリアのゴールドコースト、次いでバンコク天津とネットワークを拡げる予定だ。

いずれは日本やヨーロッパにも乗り入れをする計画で、早ければ年内かあるいは来年前半にも日本への乗り入れが実現するかもしれない。



当然その際は、日本人CAの採用も十分に考えられるので、今から「スクート」に注目しておいたほうが良さそうである。(S)