なつかしいパン作業場 | 南フランスの田舎パン アヴェロンのブログ

南フランスの田舎パン アヴェロンのブログ

ヨーロッパの伝統パンにすっかり魂を抜かれてしまったパン屋の店主によるブログです


南フランスの田舎パン アヴェロンのブログ


一日一度は思い起こす、僕のパンづくりの原点のコンミュニテ・ドラルシュ。

南フランス・アヴェロン県の片田舎の古い修道院をつかった共同体。

その中にあります。

妥協のない、昔ながらのパンづくり。

ここでの体験は、僕のパンづくりの貴重なバックボーンになり、

毎日のパンづくりの中で生かされています。


写真はパン作業場。

2階には3つの小麦のサイロがあり、下にパイプでおろして大きなパン用石臼で挽きます。