TNRについて それでも反対でしょうか?(TNR医療支援) | avetの活動日記~獣医師の保護動物医療支援~

avetの活動日記~獣医師の保護動物医療支援~

動物病院発信。動物殺処分0を目指して日々活動中
南大阪で、TNR医療支援や保護動物への医療支援をしております。
辛い話題が多いからこそ前向きに日々更新していきます

おはようございます。エイベットスタッフ碓井です。

 

ありがたいことに

最近このブログを見に来て下さるようになった方が増えてきて頂いてます!

 

エイベットは、

 

・TNRする野良猫さんの不妊手術

・保護猫さんの不妊手術

・保護猫さん、野良猫さんへのワクチン、ノミ駆除など

・保護犬さんへの不妊手術

 

上記のような内容の医療を支援価格にて安価でご提供しております。

 

それと、里親募集のお手伝いや殺処分ゼロへの啓蒙活動を行っています。

 

基本的に、エイベットでは毎日猫さんの不妊手術をしてるんだな~という事です。

 

 

 

数日前にTNRの事を書いたのですが

 

色々とコメントも頂きまして、もう少し深く書きたいなと思いました。

 

エイベットとして1番に皆様に伝えていきたいこと。

 

今日はTNRのお話に是非お付き合いくださいね。

 

TNRを反対される方にも是非読んで頂けたらと思います。

 

 

T(捕獲して) N(不妊手術して) R(元の場所にリリースする)

これをTNRと言います。

 

 

「こんにちにゃ~」

 

↑彼女は野良猫さんでお母さん猫です。

 

つい先日に仔猫を5匹産みました。

 

うち2匹はスクスク育ちましたが

3匹は残念ながら亡くなってしまいました。

 

 

野良猫さんは過酷な環境に生きています。

5匹産んでも、外の環境で全員を無事に育てられず

強い子だけが残っていくという事はよくあります。

 

この子を保護してTNR手術に連れてきて下さったボランティアさんは

 

生き残った仔猫2匹の里親さんも見つけて下さって

 

そしてこの子の避妊手術も連れてきて下さいました。

 

 

「耳カットもしましたにゃ」

 

 

このボランティアさんがいなかったら

 

あとの2匹の仔猫さんも自然に死んでいたかも知れません。

もしくは、しっかり育ったとしても事故にあったかも知れません。

 

変な人間に捕まって虐待されたかも知れません。

 

 

 

このお母さん猫への避妊手術をしなかったら

 

またすぐに妊娠してまた沢山子供を産んだかも知れません。

 

そして産まれた仔猫たちはまた数匹が死んでしまったかも知れません。

 

 

保健所に連れていかれて殺処分されたかも知れません。

 

 

この子を連れてきて下さったボランティアさんは

この子と仔猫2匹を助けただけではなくて

 

もっと多くの命を助けた事になるのです。

 

TNRボランティアさんは

 

目の前の猫さんの手術をする事で、

目に見えない沢山の沢山の命を救っている事と同じなのだと私は思っています。

 

 

そして、このキジ猫さんや、TNRで連れて来られる猫さん達は

 

もちろんそのボランティアさんが捨てた猫ではありません。

 

どこかから急にやってきた猫さんです。

 

捨猫さんかも知れません。

 

もしくは捨猫さんが産んだ子かも知れません。

 

いずれにしろ、野生の猫はいないので

本人か、親か、誰かは捨猫なんです。

 

 

 

ここまでのお話、どう思われますか?

 

 

もしも、猫を捨てる人がいなければ

 

そもそも TNRもされなかったと思いませんか?

 

 

TNRという活動を、反対する方は

「自然がいい」とおっしゃいます。

 

けれど、自然にしてきたおかげで

 

どれだけ多くの命が人間の手によって殺処分された事でしょうか?

 

殺処分は自然な事なのでしょうか?

 

 

もちろん私も自然がいいと思います。

 

私は猫が大好きだから、別に町が猫であふれても全然困りません。

 

けれど、実際は猫好きな人ばかりではないし

 

大切なお庭を野良猫さんに荒らされたり、

飼っている小鳥や金魚にいたずらされたり、

 

そんな風に野良猫さんの被害を受ける人も沢山いるのです。

 

その結果、じゃあ殺処分しましょう!という発想で良いと思いますか?

 

本当は生体販売への規制や、動物を捨てる事への規制

飼育放棄の問題などなど

 

あらゆる側面から対応していかなくてはいけないのです。

 

けれど、行政はそこまで思い切った事をする訳でもなく

 

行政の対応を待っていたら、殺処分される動物が減らないから

 

 

一般の人間でも出来る現状の1つの策としてTNRが行われているのです。

 

 

昔に比べると、殺処分数は減っています。

 

それでも今なお、10万頭を超える動物が殺処分されています。

 

10万頭ですよ?!  怖すぎませんか。

 

 

 

「まぁまぁそう熱くならずににゃ~」

 

 

 

 

 

野良猫を見て可愛いと思いますよね。

 

私は思います。野良猫のいない世界なんてとても寂しいと思います。

 

野良猫さんを見つけて、話しかけたりもします。

 

TNRが活発になると、野良猫さんという存在がいつかなくなるかも知れません。

 

 

 

それはとても寂しいことですが・・

 

それでも殺処分がゼロになる方がずっとずっと嬉しいのです。

 

殺処分がゼロになった後に、TNRについての議論をしていけばいいと思います。

 

そして、TNRボランティアさんやTNRをしている人を責める方は

 

もっと大きな声で、動物を捨てる人や、無茶な生体販売業者を責めて欲しいと

心から思います。

 

 

 

 

活動をたくさんの人に知って頂く為に、現在ランキングに参加しています。
ぜひぜひ応援の1クリックお願いします





エイベットのHPはこちらです







***************
エイベットは大阪府松原市を拠点に、獣医師が運営する非営利団体です。

*保護動物への医療支援活動(ワクチンや、避妊去勢手術を支援価格でご提供)

*里親探しのお手伝い

*TNR活動支援として、捕獲器の貸し出し、避妊去勢手術支援


等、様々な活動を行っております。

エイベットの支援を必要とされる方や
詳細を知りたい方は、メールでお問い合わせくださいませ。


sokosta@avet-m.osaka.jp

エイベット 相談窓口 担当者 碓井(うすい)