こんにちは、アバンティーサービスです。

 

今回は以前アバンティーワークスにてご紹介しましたAT交換を実施させて頂きました

F46 218d のATFがドライブシャフトのシールを再利用したことにより漏れだしてしまい、ATの不具合が発生して

お客様に不安な思いをさせてしまい誠に申し訳ありません。

 

前回のブログはこちら

 

 

 

勿論、保証にて修理対応させて頂きます。

 

まずは今回のATF漏れの原因を診断していきたいと思います。

 

お車はこちら

 

 

 

まずは漏れている個所を確認していきます。

 

 

 

車両の助手席側から漏れている事が確認出来ました。

詳しく見てみるとドライブシャフトのシールから漏れておりました。

 

部品を手配して交換作業に取り掛かります。

 

まずはタイヤを外してドライブシャフトを外す下準備をしていきます。

 

 

ハブのセンターキャップを外し、センターのボルトを緩めます。

 

 

タイロッドとスタビライザーリンクロッドを外します。

 

 

 

 

パッドセンサーやスピードセンサーの配線を断線させないようにフリーにします。

 

 

 

ここから写真が少なくてすみません、。文章でお伝えできるように頑張ります、、。

 

ロアアームのブッシュ、ボールジョイントのボルトを緩めてナックルがある程度動くようにします。

 

トランスミッション(デフ)側からドライブシャフトを引き抜くのですがこれがとにかく硬いです、、。

固着している訳ではないのですが元々硬い車種となっております、、。

 

破損させないように慎重に外していきます。

 

 

 

無事外れましたのでシールを確認してみます。

 

 

結構な勢いで漏れておりました。

シールの再利用にはリスクが伴います、、。

このような見落としをしてしまい心から申し訳なく思います、、、。

 

 

 

早速シールを交換していきます。

 

 

こちらも外す際も少しコツが要ります。

 

古いシールは外す際に少し変形してしまい写真が無いのですが、やはり素材がゴムなので硬くなり痩せておりました。

 

 

新品はこちらになります。

 

 

やはり弾力が違います、

 

 

 

こちらを取り付けて、外した足回りの部品群を元通りに組み付けます。

 

組み付けが終わりましたら下廻りを清掃し、ATFを補充して

診断機にてエラーのチェック、ATFの油量を調整してロードテスト

、前回もロードテストを行ったのですがその時には漏れは確認できませんでしたので

今回は少し長めにテストさせて頂きました。

 

漏れが無い事が確認出来ましたらアンダーカバーを取り付けて

保証修理完了となります。

 

 

前回ただでさえお時間を頂き保証修理をしたにも関わらず

今回も弊社の見落としによりお客様に多大なるご迷惑を掛けてしまい誠に申し訳ありませんでした。

 

今後はこの様な見落としが無いように正確な診断、確認を徹底して参りますので

今後とも、アバンティーを宜しくお願い致します。