模型工房 Autarkie

艦船模型を中心にスケール模型を製作していきます。

NEW !
テーマ:

遅くなりました(汗)

色々忙しかったのと、津軽を完成させていたのでブログの更新タイミングが有りませんでした…

 

さて、前回船体と艦橋の基本的な構造まで製作しました。

今回は艦中央部構造の製作から完成までのご紹介です。

いきなり大部分が出来ています。

基本はキットの構造を基にしていますが、図面を元に色々追加しています。

特にプラで自作した小型のウィンチを4つ4隅に配置したのは個人的見所です。

これは機雷用のビームに繋げるものと思われます。

探照灯台も自作、微妙にテーパーが付いているのでリュータにプラ棒をセットして簡易旋盤のように削って作っています。

後部マストとデリック。

マストは金属でほぼ自作、基部に少しだけキットのパーツを使っています。

探照灯台もキットの物を使用、結構ピッタリ合ってくれました。

このデリックもジョーワールドのエッチングですが、こういう専用パーツは嬉しいですね。

艦橋と前部マスト。

煙突と後部マストの構造パーツは別々に塗装しますが、艦橋パーツは船体に接着してからディテールを追加しています。

マストはエッチングが存在しないので自作です。

艦橋トップの射撃装置はWLのパーツを使用、こちらの方がモールドが良いです。

 

ここから仕事と作業に忙殺されて写真を撮っていませんでした(汗)

というわけで、いきなり完成です(汗)

シルエットからも判っていましたが本当に色々詰め込んだ艦です。

艦橋の構造は千歳型水上機母艦っぽい?

瑞穂を作ったときを思い出しました。

高角砲は久々にレインボーのレジン製、手持ち在庫にあった高角砲がコレしかありませんでした(苦笑)

でもやはりレジン製高角砲ではトップレベルのディテールです。

特徴的な機雷用のビームはキット付属のエッチング、組むのがかなり大変なので注意です。

艦載艇は通船以外はWLのパーツを使用。

一部にエッチングを使ってディテールアップしました。

零式水偵もWL、今回は主翼上面を半分近く削って翼の薄さを再現しています。

機雷はエッチングパーツとハイキューの金属球を組み合わせて製作しました。

これで手持ちの機雷エッチングは在庫無しですw

 

今回はここまで。

次回は日曜日くらいに津軽の完成画像をご紹介します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

予定より少し遅れましたが、新製作のご紹介です。

 

「敷設艦 津軽」

太平洋戦争開戦直前の10月22日に竣工した敷設艦です。

敷設艦ながら、補給能力や敷設艦としては高い攻撃能力を持つ多用途艦でした。

開戦と共に各地の海戦に参加し空襲を受ける事もありました。

 

1943年8月に米潜の雷撃を受けて本土で修理を受け同年12月にはシンガポール方面で機雷敷設作業や輸送任務に従事しました。

1944年6月に米潜の雷撃を受けて沈没しました。

 

フジミの津軽1944です。

じつは製作の段階ではそのまま作ろうかと思ってたんですが、津軽の1944年時の資料を探してたら全然見つからず、悩んだ末1942年で作る事にしました。

最終時のキットをあえて開戦時にするという無駄な行為…(汗)

このキット、各部の合わせがちょっと悪いです…

色々修正する為に甲板上のモールドの大部分を削り取って合わせ目を埋めてから作り直すことになります。

で、いきなり結構進めてます。

船体に鋼板継ぎ目を再現し、舷窓と舷外電路をエッチングで作り直し。

艦首は鋲甲板をエッチングで作り直し、リノリウム押さえは今回は塗装で表現してみました。

艦尾の鋲甲板はキットの作り直しですが、煙突周りと後部構造上の鋲甲板は資料を見て追加した部分です。

高角砲の砲座はジョーワールドのエッチングを使用。

ジョーワールドのエッチングはちょっと高いですがここぞという時に頼れますw

機雷の運搬軌条は0.2mmの真鍮線を使用。

初めての試みですが、思った以上に良い感じだと思います。

艦橋の天蓋にプラ板で加工。

窓枠はジョーワールドのエッチングです。

 

塗装で再現したリノリウム押さえですが、ちょっと太かったです…

修正しようかとも思いましたが、色々ディテールを追加した後なので今回はこのままで行きます(汗)

 

次回は津軽の続きか、違う艦か…

早めに更新したいとは思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

更新が遅くなって申し訳ないです(汗)

今回は別の艦の製作をご紹介予定でしたが、夕雲が完成しましたので先にそちらをご紹介します。

武装、ハセガワの新キットの主砲は良く出来ています。

今回は真鍮砲身に変えた以外はディテールを削り取ったりせずジャッキステーを取り付けただけになっています。

魚雷発射管は防盾のモールドが弱かったので削り取ってエッチングに換えています。

ジャッキステーは定番工作として、発射管自体のモールドは素晴らしく、塗り分けだけで充分なディテールです。

25mm連装機銃2基、装填演習砲はエッチングで製作。

内火艇はキットの物を使用、操舵室内をくり抜いて窓を開口し再現しています。

エンジンは適当なプラ材で再現w

艦尾、掃海具投下機は海魂の掃海具セットを使用。

爆雷投射機はキットのもので、コレも良いディテールです。

塗装して色々載せました。

やはりこのキットの主砲は良いです。

ピットロードのディテールアップアイテムに勝るとも劣らないディテールです。

魚雷発射管、こちらは側面のディテールアップをした方が良いかと思いますが、効果的にディテールアップすればかなり良いです。

 

では、完成画像のご紹介です。

今回は開戦後間もなく対潜哨戒に従事していた1941年12月~数ヶ月後の設定で作っています。

大戦初期という事で弾片防御にはマントレットを大量に使用しています。

今回の夕雲は竣工後数ヶ月以内という設定ですので甲板より上の汚しは最低限です。

船体は進水後1年近く海上に有るため多少の錆は浮いていると思われます。

といった訳で、ハセガワの新夕雲でした。

 

結論から言ってこのキットは買いです。

タミヤの新島風と発売時期が被ったため少し影が薄かった印象もありますが、ハセガワらしい精密なモールドにシャープなディテールでただ組むだけで精密な夕雲になるかと思います。

島風と違って姉妹艦も多いのでバリエーションキットも期待できそうですw

また、最近のハセガワは専用のエッチングパーツを結構出してくれていますので夕雲型用の専用エッチングは欲しいところです。

 

次回ですが、今週末に前回言った艦の製作をご紹介しようと思っています。

日曜日の夜位に更新?

では!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夕雲は夕雲型駆逐艦の一番艦、陽炎型の改良型で当初、予定の速力を発揮できなかった陽炎型の船体を延長し一部設計を改めて建造されました。

陽炎型を含め甲型駆逐艦とも呼ばれています。

 

夕雲は太平洋戦争開戦の3日前に竣工、竣工後すぐに警備駆逐艦となり太平洋戦争が開戦すると東京湾外での対潜哨戒を行っています。

ミッドウェー海戦後は南方でガダルカナル島の戦いやソロモン海戦、鼠輸送等を行っていたようです。

1943年には有名なキスカ島撤退作戦にも参加、479名を収容して撤退を成功させています。

同年10月6日ベララベラ海戦で魚雷発射後に射撃を開始した夕雲ですが、米駆逐群の集中砲火を一身に浴び炎上、隊列から脱落した夕雲に米軍の魚雷が命中し沈没しました。

今回はハセガワの新キットでの製作です。

ホビーショーで見たときから個人的にタミヤの新島風より気になってましたw

各パーツのディテールが非常にシャープで良い感じです。

いきなりここまで製作。

今回は基本的にキットのディテールを活かす方向でディテールアップしています。

ただ、舷窓、舷外電路、鋼板継ぎ目はやはりモールドが弱かったりモッタリしてたりするので作り直しています。

艦橋はそのままディテールアップしようかと思っていましたが、以前清霜を作った際にエッチングが余っていたので使ってしまおうかと思いちょっと弄っていますw

こんな感じ。

艦橋下半分がキットのパーツで上がエッチングになっています。

ただ、やはり若干サイズが合わないので合わせる為に色々盛っています。

艦橋内部の塔部分はキットの艦橋を切って移植しています。

ただ、それだと高さが足りなかったので0.5mm高くしてから射撃装置を載せています。

射撃装置は前回の時雨と同様に開口して内部に双眼鏡を仕込みます。

夕雲型の艦橋は後ろ側がはみ出ていてキットでも再現されています。

艦橋の支持部をエッチングに置き換えてディテールアップしています。

艦橋内部には双眼鏡と測距儀用の台を設置しています。

製作が進んで…

魚雷運搬軌条の設置、各スキットビームの設置、前後マストの設置までしています。

後部マストのヤードはキットではT字になっていますが2番艦の巻雲の竣工時写真を見るとX字になっているようです。

私は改装時(電探設置時?)にX字に改装したと思ってたんですが、竣工時からX字と思われます。

巻雲竣工時 後部マストのヤード前後が伸びてるように見えます。

艦橋のディテールアップはこんな感じ。

夕雲型は中期建造艦以降は竣工時に電探を装備していますが、今回の夕雲は開戦時という事にしてるので電探も艦橋前機銃台も無しです。

艦橋右側面のディテールは巻雲損傷時の写真を参考にしています。

 

今回はここまで、次は甲板上のディテールを追加してから武装&小物の製作になります。

 

次回の更新は週末にできたらと考えています。

ちょっと忙しいので少し遅れるかもしれませんが、次は別の艦の製作のご紹介になります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅くなりましたが日曜のWFのご案内です。

 

まず卓番は
7-02-05
ディーラー名
「Autarkie」
です。
 

出展アイテムは
「カタリナの妖精さん」    ¥4000

「二式大艇の妖精さん」    ¥2000

となります。

 

あとは艦船模型を幾つか持って行ければと思っています。

これから生産と完成品製作です。

どれくらいやれることやら…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。