模型工房 Autarkie

模型工房 Autarkie

艦船模型を中心にスケール模型を製作していきます。


テーマ:

遅くなって申し訳ありません。

睦月の続きです。

 

前回は甲板と艦底の塗装と煙突の制作をご紹介しました。

今回は艦橋の製作等をご紹介していきます。

この睦月の艦橋は本当に良く出来ています。

修正箇所が見つからず、ディテールアップしただけですw

今回のディテールアップに使用しているレインボーのエッチングセットにも艦橋用のエッチングが入っているのですが、この艦橋にはサイズ的に合わなかったので今回は汎用エッチングのみを使用しました。

誌面で説明があったブルワークはこの位置ですw

ちなみにこの位置には救命浮標が付きます。

誌面で解説されている通り、このキットにレインボーのエッチングは少し高さ的に高いようです。

ほぼ全てのスキットビームの高さを低く修正して使用しています。

第二煙突後ろの機銃台も高いので低く修正しています。

まだ若干高いのですが、これ以上低くすると筋交いが入れ難くなるため妥協しています(汗)

ちなみにこの機銃台ですが、キットの一本支柱から4本支柱に修正したのにはちゃんとした理由があります。

昭和16年ころの迷彩睦月です。

機銃台の支柱が4本あるのが判ります。

エッチングの支柱より外側に脚が広がっているようですが、今回の作例では再現を見送っています。

 

今回はここまで。

もう少しで睦月本体のご紹介は終わります。

この次は武装や艤装などの制作をご紹介しようと思っています。

 

 


テーマ:

睦月の続きです。

 

前回は船体の制作をご紹介しました。

今回は甲板&艦底を塗装した後の制作をご紹介です。

艦底部はクレオスの艦底色、リノリウムはモデルカステンのリノリウム色を使用しています。

モデルアート誌の説明どおり、舷外電路はレインボーのセットのものを使用しています。

このエッチングはピットロード用なので長さを調整して使っています。

煙突の制作は記事を参照して頂くとして、睦月では魚雷の運搬軌条がリノリウム敷きになっています。

今回はリノリウム押さえを海魂のエッチングとしていますが、この魚雷運搬軌条のリノリウム押さえ金具は金色に塗り分けて再現しました。

軌条内の押さえ金具が塗り分けてあるの判ります?

 

煙突は霧笛の配管があるのですが、睦月型各艦で形状が違います。

今回は睦月の配管を銅線で再現しました。

画像では色々出来ちゃってますが、煙突の霧笛に注目してくださいw

 

今回も短いですがここまでです。

 

今回のモデルアートの記事では睦月の他にジオラマも作っていますが、じつは睦月の製作記事ではほとんどカットはなく、ジオラマの製作記事がかなり削られていまして…

睦月でご紹介できる内容があまり無いんです(汗)

ですので睦月の製作に関する記事は少し少なくなりそうです。

 

来週更新はWFに参加(一般参加ですが)するのでお休みです。

再来週に更新出来るように頑張ります。


テーマ:

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

挨拶と更新が遅くなって申し訳ありません(汗)

今年最初の更新はまたモデルアート誌の作例の補足になります。

 

モデルアート3月号に私が制作した「1/700 ヤマシタホビー 睦月」の記事が掲載されました。

http://www.modelart-shop.jp/?pid=139294807

 

今回の作例はジオラマとして制作したのですが、誌面ではページの都合で説明がカットされた箇所などがありますのでこちらで補足していこうと思います。

 

「ヤマシタホビー製 睦月」

誌面上でも言っていますが、本当に良い出来です。

まず間違いなく睦月のキットで最良のキットでしょう。

 

羅針盤艦橋内は幾つかの光学機器用の支柱らしき物がモールドされています。

ディテールアップには邪魔なので削り取ってしまいます。

艦首、船体の合わせ目が少し特殊で画像のように先端部にT字状の合わせ目が出来ます。

さらにそのすぐ後ろには旗竿用のダボがあり、ダボの両舷にはフェアリーダーも造形されていて合わせ目を消すのに邪魔になります。

ここでは一度全てのモールドを削り取ってしまい、合わせ目を消した後にフェアリーダなどを復活させる事にしています。

艦首裏側には甲板の合わせ目が出ますが、少し目立ちます。

しっかりヤスリで消すと舷窓のモールドも消してしまいそうなのでマスキングで保護した後に慎重に合わせ目を消しました。

 

短いですが今回はここまで。

じつは今も色々作っていて結構忙しかったりしています…

できるだけこちらでご紹介したいのですが、形になるまでご紹介できない状況のものもあり、なかなか思うようにいきません…

こちらの睦月は何回かに分けてモデルアートの補足をご紹介していく予定です。

次は…来週?


テーマ:

お待たせして大変申し訳ありません。

〆切に追われてブログの更新が出来ませんでした(汗)

 

さて、前回艦載機の製作までご紹介しました。

今回はドーセットシャー記事補足の最後になります。

艦首の写真が分かり易いかと思い選びましたが…

 

このキットは甲板上に成型されたボラードが船体と合わさったときに甲板の端ギリギリになるように設計されています。

しかし、いざ甲板と船体を合わせるとご覧のようにボラードが舷外にはみ出してしまいます…

このままだと格好悪いどころか、手すりの取り付けの邪魔にもなるので一度切り離して位置を調整して再接着します。

甲板のマスキングが終わったところ。

 

手すりのエッチングが取り付けてありますが、その内側にボラードが設置されてるのが分かると思います。

ここは修正しないと手すりエッチングもちゃんと設置できなかったりします…

羅針盤艦橋の両舷にある射撃装置はキットの説明だと前後が逆なのでちゃんと正面を向くようにして設置しています。

 

仕上げまで終わらせたところ。

 

甲板上に設置されている通風筒は基本アドラーズネストの真鍮製です。

ボートダビットはキットのものを使用しているのでロープ類の滑車は別にエッチングを用意しています。

艦橋前のパラベーンはキットのものをそのまま使用、設置位置は資料を元にしているのでキットの取説とは違っていたかと思います。

第二煙突前から2本黒い棒が出ていますが、これはおそらく無線の展帳用のものかと思われます。

ドーセットシャーだけでなく、イギリスの他の艦艇にも多く見られるので在るとイギリス艦っぽさが増すかもしれませんw

 

これでモデルアート12月号に載ってる記事の補足はほぼ終わりです。

記事の内容と被らないようにするのは結構大変でした…

 

今回は初の模型誌作例ということで色々試行錯誤しており、かなり印象深い製作になりました。

キット的には色々問題もあり、敬遠されている方もいるかもしれませんが、スタイルは良好ですし現在では専用のEPも発売されましたので私が作ったときよりは楽に作れるかと思います(苦笑)

 

次回の予定ですが、今のところ未定です…

色々作ってはいるのですが、まだご紹介できる段階になっていませんので…

出来るだけ早く次の更新が出来るように頑張ります!!


テーマ:

一週間開いてしまいました…

すみません(汗)

 

さて、前回から引き続きドーセットシャーです。

前回はカタパルトの説明で終わりました。

今回はその補足からです。

画像はペネロピのエッチングから作ったカタパルトです。

英海軍のカタパルトは伸縮可能なタイプが多く、ドーセットシャーのカタパルトも使用時は伸ばしていました。

こちらは縮めた状態。

ドーセットシャーのカタパルトが伸縮可能なんて今回の製作で始めて知りました(笑)

次に、後部艦橋上の射撃装置前ですが、作例では何も無い平天蓋として製作しています。

しかし、キットでは用途謎のパーツを接着するように指示がされています。

最初見たときは困惑しまして、資料を色々探しましたがそれっぽいものを見つけることが出来ませんでした。

前回もお見せした写真。

ここから後部艦橋上を見るとリールっぽいものはあるものの、他には何かあるようには見えませんでした…

といった訳で、今回はキットの説明を無視してここは何も無い状態で制作する事にしました。

 

ウォーラス、造形がシンプルになったものの、主翼が薄く良く出来ています。

欠点は主翼下のフロートが一体成型になっているところ…

このフロートは削り落としてWLの零式水観などのフロートに交換しています。

 

主のディテールアップはペネロピ用のエッチングで大丈夫ですが、キャノピーやエンジンはエッチングがないので自作しています。

エンジンはむき出しになってるので結構目立ちます。

ドーセットシャーのウォーラスにはエンジンは再現されていないので出来れば再現したいところです。

飛龍製作時に使った艦載機エンジン用のエッチングパーツ。

今回はこれを厚さを半分にして使用しました。

 

今回はここまで。

次回でたぶんドーセットシャーの誌面補足は終わりになる予定です。