見えているのに見ない脳 | るりのわ*蟲の糸 石のさゝやき 星の唄 葛の言祝ぎ 大樹の御柱

るりのわ*蟲の糸 石のさゝやき 星の唄 葛の言祝ぎ 大樹の御柱

〜築百年の古民家で縄文の神々と共に生きる〜


テーマ:

みなさま

 

こんばんははな。

 

「るりのわ」蚕与音(ことね)Blogへお越しいただき

誠にありがとうございます。

 

初めての皆様もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

夏のお茶会「お多福茶屋」に向けまして

ここのところご依頼品の制作に勤しんでおります*

 

イハフエ勾玉、大珠

新作の「縄文円環」

そして、新ワンドの「神具〜Sing〜」など

ご依頼いただいた作品について、

仕上がり次第に順次ご連絡と発送のほうを進めさせていただいております。

 

制作のほうも大詰めのため、

ブログの更新などがゆっくりになっておりましたが、

お茶会「お多福茶屋」の日にちも近づいてきましたので、

お茶会のメインテーマとなる「自己観照」について

書かせていただきたいと思います*

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 今回は

「人の脳に関する面白い実験」

「思い込みや刷り込み」

に関するお話です。

 

 

知らず知らずのうちに、、、

 

あなたは何かを選択し、それが良いと思い込んでいたなどと言うことはありますか?

 

誰かが良いと言っていたから

みんながそうしているから

効果が実証されたと書いてあったから

 

色々な理由が浮かぶかと思いますが、

実はこの「理由」も「それを良いとしていた思考も」

脳が感情を無視して勝手にこじ付けた言い訳だった、

としたらどうでしょうか。

 

 

ある面白い実験があります。

 

海外でのある実験のお話

 

数名の人にビタミン注射のモニターとして

アドレナリン注射をします。

 

モニターの方には

「この注射をすると視覚になんらかの影響があるかもしれません」

と事前情報を入れておきます。

 

注射を受けるモニターたちは

同じ部屋で注射後に待機をしており、

その中のある一人(仕掛け人)がモニターたちにこう言います。

 

「この注射を打ったらなんだか気持ちがウキウキして楽しくなってきました、あなたはどうですか?」

 

すると、

他のモニターもこの仕掛け人の言った言葉通りにウキウキした高揚感を味わったと、後に答えました。

 

 

逆に、仕掛け人が

 

「この注射をしたらイライラしてきました。

こんなテスト受けなければよかった、、」

 

と他のモニターに話したところ、

モニターたちはその仕掛け人が言っていた通りに自分もイライラしたと回答したそうです。

 

 

注射の内容はアドレナリンで、ただドキドキ、カッカとなっているだけですが、
気分が良い、悪いというジャッジに用いると(思考)
そのドキドキをウキウキに、カッカをイライラだと、

脳は勝手に後付けしてしまっていたのです。

 

後から入ってきた情報を真実だ、間違いないと思い込んでしまった、という実験結果です。


脳というのはとにかくこじ付けが得意なもの

 

この実験結果を見ても

肉体と感情は反転しているということを知ること

とても大切だと感じていただけるかと思います。

 

 

 

 

人間はいかにも注意深く物事を選んでいるように見えても
物の形や色、香り、動きなどに知らず知らずの内に支配されています。



例えば、味で選んでいるように思っていた物でも
器が変わっただけで味覚までもが変化を感じたり、
先入観や思い込みによって、これは効果があるはずだ
と思ってしまう

 


人の感覚系は脳に毎秒およそ一千百万ビットの情報を伝えているそうですが、
そのような大量の情報は処理できませんので
(およそ毎秒16〜50ビットが意識の処理能力の限界)
その間、無意識が情報の処理に当たっています。

 


目の前に見えているのに
必要ないと思うと
見えているのに見ない


という選択が無意識によって行われているということです。

 

 
それらを巧みに利用した商業方法は世の中に沢山ありますが、
スピリチュアルの世界にもこのような刷り込み的、思い込み的商法が氾濫しているので、

本物か偽物かを見極めることが大切です。

 

 

 


例えば、

視野闘争という視覚現象がありますが
これは別々の映像を二つの目に同時に見せ
その映像は重なることのないもので、

一方の映像だけが知覚されるというものです。

 


特に片方の目に変化する画像をみせ、

もう片方の目に変化のない画像を見せた場合
人は静止画を無視し変化する画像のみを知覚し
なにを見たかすら覚えていない、

というのが現実なのだそう


耳も同じく、自然に入ってきた幾つかの音や情報も
脳が不要と判断した音や情報は知覚しません

 


人は見えているもの、聞こえているものを見聞きしているわけではなく、

見たいもの、聞きたいものしか知覚しないのです。

 

不要な情報は入ってきた時点で無視され

あっという間に流れ去ってしまうのです。

 

 

 

また

 

人は見ているもの全てを見ているわけでも
聞いているもの全てを聞き入れているわけでもありませんから、
必然的に思考に偏りは生まれるものだと認識した上で
何事にも取り組む

謙虚な姿勢が必要です。


そして、

視覚、嗅覚、触覚、聴覚など様々な動物的感覚は
選別されることなく私たちの中へ入り
それは常に流れ、「あなたという命の渦の一部」になっていきます。

 


この中から、不要なものは流れとともに流れ去り
必要な情報だけが残されますが
ネガティブな感情とともに入ってきた情報というのは重く
知らず知らずの内に
流れに乗り切らず、ぐるぐると回り堆積し、ひどくなれば命の流れを滞らせたり
流れを変えてしまうこともあります。

 

場合によっては流れを一旦変えることも必要なこともありますが、
人が本来持っている命のサイクルは大小はあれど大きく変えることはよろしくないでしょう。


そこで、

意識の大掃除「自己観照」

を行います。

 

自己観照とは、
主観を外し 今起きていること、
感情を静かに観察すること
 
心のなかに流れ込んできた不安や恐れを
正当化せず、
ポジティブに変換しようとせず、
ただ、あるがままに気づくことです。
 
 
 

「自分で自分を、あたかも他人に接するような態度で外から冷静に観察してみる、ということです。

いいかえると、自分の心をいったん自分の外へ出して、

その出した心で自分自身を眺めてみるのです。」

 

 

 

自分の心を一ペん自分の身体から取り出して、外からもう一度自分というものを見直してみる。

これができる人には、自分というものが素直に私心なく理解できるわけである。

こういう人には、あやまちが非常に少ない。

自分にどれほどの力があるか、

自分はどれほどのことができるか、

自分の適性は何か、

自分の欠点はどうしたところにあるのか、

というようなことが、

ごく自然に、何ものにもとらわれることなく見出されてくると思うからである。

 

(「人生心得帖」松下幸之助  1984年)

 

 

 

自分の命のサイクルを滞らせてしまっているもの

悩み、恐れ、不安、疑い、嫉妬など

の種は一体なんなのか

それ自体、本当に実在していたのか

 

客観的に自分を見つめることで気づくことが沢山あると思います。

 

 

 

気づいたならば

次にあなたがすべきことがハッキリと見えてくるのですから

後は行動あるのみですね。

 

 

 

 

先日、記事にいたしまして

たくさんのご反響をいただきました

 

「三脈の法☆眼脈の法 〜危険回避の術」

 

も、脳ではなく肉体の反射を使った未来予知法です。

 

脳は(思考)はこじ付け、余計な味付けが大得意

 

そこを外し、

あなたの内臓や筋肉、全身の細胞、細菌たちへ問いを立て、静かに耳を傾けてみてください。

 

その中に全ての答えがあります。

 

 

 

 

人は

幸せだから笑うのではなく
笑うから幸せなのだ

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 
 
「自己観照」について
先日から引用や具体例を交えながらいくつか記事を書かせていただいておりますが、
 
意味がよくわからない
またはあまり理解できない、
もっと深く知りたい、
と感じた方は、
 
この夏から秋にかけての
ご参加をされてみてください。
 
「お多福茶屋」では、
 
○「自己観照」についてのより深いお話 とご参加者様とのディスカッション
 
○現在のスピリチュアルの状況と
 真のスピリチュアルについてのお話
 
○ご参加者様お一人ずつへ「縄文円環」 を使った直接のヒーリング
 
○イハフエ演奏による浄化とヒーリング
 
 
などについてを
リラックスした雰囲気の中でお話させていただこうと思っています。
 
(お多福は会場に来ませんが、、)
 
直接お話できる貴重な機会であり、
ご参加者様お一人ずつへのヒーリング体験やイハフエ演奏の他、
ただ一方的に話すだけではなく、
少人数で和やかな雰囲気のなかでの質疑応答やディスカッションもしたいと思っております。
 
 
昨年は引っ越しのためるりのわワークショップ自体をお休みさせていただいておりましたが、
今回のお茶会開催からは以前のように多数の場所での開催が難しくなってきております。
 
なかなか開催できない貴重な機会となりますので、
今回のお茶会で今伝えるべきことをお話できれば幸いです*
 
 
 

私の場合は、

今から約4年ほど前になりますが
ある方との出会いをきっかけに
「自己観照」を始めました。

 

その方は今はもう「うつし世」にはおりませんが、

私の人としての感覚的覚醒や魂の覚醒を促してくださったことは間違いありません。

 

本当に感謝しております。

 

 

自分の心の中、意識の中、無意識の中の

不要な堆積物を少しづつ流し、

その経緯の中から、自分をただ見つめ
ごまかしや、正当化することなく物事を捉えることの大切さを知りました。

 

 

私が今回のお話会で

皆様へもっともお伝えしたいと思うことは

「自己観照」のやり方だけではなく

その先の、もっと深いお話です。

 

ブログ上、メール上、ではなく、

直接お会いして、心と心、体と体を向かい合わせて、

魂を込めてお話をさせていただきたいと思っておりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

「お多福茶屋」

お逢いできるのをとても楽しみにしております*

 

 
 
 

*るりのわお茶会「お多福茶屋」の開催日程
8/9(木) 東京(青山)14時~17時

Salon de AOYAMA様 にて

※東京会場は満席のため、お受付を終了いたしました。

 

8/12(日) 静岡(清水)14時~17時 

カフェ 菓音(カノン)様 にて

追記…満席となりました。

 

9/28(金) 広島(広島市)13時~16時

アステールプラザ にて

※追記…満席となりました。

 

 
 

*「お多福茶屋」の詳細はこちらです。

 

 

 

 

それでは、本日もご訪問頂きまして

誠にありがとうございました。

 

 

かんながら たまちはえませ
かんながら たまちはえませ

(八百万(やおよろず)の神さまの御心のままに

 お導きくださいお護りください。)

 

 

 

るりのわロゴフルセット

 

 

 

 

 

天の蟲『るりのわ』*蚕与音(ことね)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります