ホワイトセージの挿し木とオリーブの種植え | るりのわ*蟲の糸 石のさゝやき 星の唄 葛の言祝ぎ 大樹の御柱

るりのわ*蟲の糸 石のさゝやき 星の唄 葛の言祝ぎ 大樹の御柱

〜築百年の古民家で縄文の神々と共に生きる〜

みなさま

 

こんにちははな。

 

「るりのわ」蚕与音(ことね)Blogへお越しいただき

誠にありがとうございます。

 

初めての皆様もどうぞよろしくお願いいたします*

 

 

この夏に古民家に引っ越してきてから

我が家の敷地にある丘を

「るりのわの丘(仮)」

としまして

せっせと実のなる樹木や花が咲く樹木の苗付けや

種まきをしているわたし達夫婦でしたが

 

 

先日の超大型の台風21号の突風で

大切に育てていた「ホワイトセージ」の苗木が折れてしまいました。.・´Д`・.。

お花屋さんでたった二株しかなかったのを見つけて、大切に育ててきたホワイトセージでしたから

もう、悲しくて。。。

 

ですので、なんとか復活できなかな?

と挿し木してみることにしました。

芽が出ている部分で二つにして

(穂先から15㎝くらいで切るといいそうなので、この後もうちょっと詰めました)

 

穂先の葉は数枚を残してカット。

(もちろん、切った葉は乾燥させてお香にしますよ)

 

ナイフで茎を斜め切りにしてから

2〜3時間水に浸けて土へ挿します。

土は発芽用の土を使いました。

 

2〜3週間、日陰管理で発根するそうですが

上手くつくといいな〜。

 

ホワイトセージはインディアンにも聖なる植物として愛され、魔除けや浄化のエネルギーを持っています。

 

クリスタルの浄化やお部屋の浄化などでセージの煙を使ってスマッジングをされていらっしゃる方もいると思いますが、

ホワイトセージは成長がとってもゆっくりです。

 

根がついたかは新芽が出たか否かで判断します。

こっちの子は茎がすでに硬いので

発根するか怪しいのですが。。

がんばれー!fight!!

 

 

そしてそして、

お庭のオリーブ夫人がつけてくれた可愛いオリーブの赤ちゃん

収穫して、蒔くことにしました。

 

10月初めの頃よりも色が濃くなり、良く熟しています。

 

実を剥いて

 

種の尖っている方をナイフで少しカットします。

(外皮が硬いので、こうすると発芽率が上がるそうです)

 

それから24時間程度水に浸けて

 

発芽用ポットへ

2㎝ほどの窪みに中へ一個つづいれて

最後に上からふんわり土を被せます。

 

水をたっぷりあげて

日向管理で約30日〜40日くらいで発芽するそうですが、、、

 

なんと、調べてみたら

オリーブの発芽率って100個植えても一個か二個程度なんですって(((゜д゜;)))

 

いきなり、高レベルなことに手を出しちゃった感がありますが

せっかく収穫できた大切な種さん

ダメ元でチャレンジしたいとおもいます。

 

じっくり、じっくり、、

時間をたっぷりかけて

「るりのわの丘(仮)」が出来上がっていきますよ*

 

畑や庭いじり、ガーデニングなど、

土に触れ、樹や花などの植物や野菜を育てることは、

地球との繋がりも深めてくれ、

心が本当に落ち着いてきますね。

 

 

それでは、本日も皆様の御霊がより輝かれますように

お祈り申し上げます。

 

葉ヒーリング・ガーデン るりのわ葉
るりのわロゴフルセット