【仕事】無印良品の家に壁画 | aurinco days

aurinco days

アウリンコの毎日


テーマ:


【千葉県野田市 Tさま邸】
無印良品の家の新築のリビング壁(吹き抜け部分)に壁画の依頼を受け、制作してきました!!
木と家族をモデルとした動物を入れるということ以外は自由に描かせていただいています。


この話を承けたのは、今年の4月頃だったかな。
元々、依頼をしてくれたTさんは、私がロンドンにいたときのルームメイトで、過ごした時間は数ヶ月だったのに、もう付き合いは6年近くになる。

頻繁に会うでもなく、連絡をまめに取り合ってるでもないけど、時々食事をしたりお茶したり。そんな時間の中で、Tさんは結婚し、出産し、この度めでたく2人目も出産。そして、一軒家の新築を購入する運びとなって、私に壁画を依頼してくれた。

壁画というのは、私にとって不思議な存在。
というのも、なぜか壁画に無性に惹かれてしまうのだ。
最初にそれに気付いたのはおそらく、2009年、ベルリンのベルガモン博物館を訪れた時だろう。
青く彩られた壁に金色を纏った動物たち。何百年いや、何千年も前のものとは思えないほどの描写に一気に虜になった。

そして、ベルリンの街中で度々目にしたあり得ないほどの大きさの壁画たち。
大きなマンションの壁一面に大きな大きな絵が何枚も描かれていて、いつか自分もあんな巨作を描けたらいいなぁと思った。

それから、ハワイには黒く大地を固めている溶岩の上に、数百年前の先住民たちが描いた壁画なるものがあるという。

また、中南米の洞窟には、数百の謎の手形が残っている。

中でも一番興味深いのはやはりエジプトの壁画。
めまぐるしい文明の発展を遂げたエジプトに於いて、壁画の登場する神々の姿はとても奇妙だけど、驚く程デザイン的で計算されている。

こんなふうに壁画に興味や魅力を感じるのは、そういうデザインの勉強をしてきたからなんだろうと思っていたけど、どうやら、絵本に結びついてくるということをつい数年前に気付いて、妙に嬉しかった。

絵本のルーツを辿って行くと、近年に於いてはチェコ、もっとさかのぼるとエジプトに見るような壁画に到着する。
何かを伝える為のもの。残せるもの。
文字を読めなくても理解できるもの。
人々はそうやって高等な手段としてではなく、多くの人が理解できる物として壁画を描き残してきている。それは絵本に通ずるところが大いに在るー。


壁画に対してそんな親近感と興味と憧れを持つ私に、Tさんは壁画の仕事を依頼してくれたのだ。
願ってもない仕事で、しかも自分の好きな”木”を描けるということで、この日が楽しみで楽しみでたまらなかった。

しかし、他の仕事の兼ね合いもあって、正味2日程度で仕上げなければならなかったので、できる限りの下準備をして挑んだ。嬉しいことに出発した日の朝は青々とした秋晴れで、”そら”が大きく笑っているようで、”がんばっておいで”と言ってくれているようで、電車の車中からずっと外を眺めていた。

描く場所は吹き抜けのリビングの壁。
高さは床から2.5mといったところかな。リビングに足場を組んでもらい、その上での作業だったので、安全上、自分の手が届く高さ以上のところには描けないことになり、少し悔しい思いもありつつ、用意してきた下書きをトレースしていった。

アクリルを使うのは久しぶりで、改めて感じたのは壁との相性、筆との相性、ムラのでない色の混ぜ方等など、忘れていたことが沢山あって、勘が戻る頃には作業は終わってしまっていた…。
もし、次に描く機会があれば改善していきたい所もあったりと、普段経験できないことを経験し、勉強させてもらった。

結局、作業1日目はゆったり目で終わったものの、読みが甘すぎて、2日目は徹夜で作業(笑)。
3日目の朝、3時間ほど寝て起きたら、全身筋肉痛だった(笑)。
この木は、太陽の木。
木の実がなるように、この木には太陽がなるのだ。
でも、この太陽はTさん家族が共通でもつ太陽。私たちが空にみる太陽とは少し違っていて、家族が同じ太陽を心に描いて、いつもあたたかく、笑っていられますようにと願いを込めている。

葉っぱは4種類の形をしていて、家族4人を表している。
それぞれが違う個性があっていいんだよという意味だ。
だけど、家族は一つの木のもとにあつまり、いつも笑っていられる、そんなものにしたかった。

夜中、絵を描いていてずっと考えていたことがあり、どこかに自分らしさというものを残したいと思って、仕上げにやはりクーピーを使うことにした。
今回は手の届かない場所にある絵なので、簡単には落ちないであろうことを計算に入れての決断。やはり筆を握っているより、私はクーピーを握っているときのほうが楽しくて嬉しいんだなぁって、改めて感じた。
あっという間の3日間、すごく充実してて、またとない経験をできた貴重なものとなった。
いつか、この壁画にプレミアがつくように、またがんばろう~!と思えたし、また一つ成長できたと思う。


さいごにー
こんな機会を与えてくれたTさんにはホントに心からありがとう!!
そして、まだまだいろんな困難や苦しみもあると思うけど、きっといつかは晴れるから、Tさんらしく無理せず、笑って、幸せであってね☆

ペタしてね

読者登録してね

aurincoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。