引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 その2 | オーラソーマ 総合情報サイト ブログ
2010-07-09 12:27:53

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 その2

テーマ:読書案内
「引き寄せの法則」とオーラソーマ その4

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話/ジェリー・ヒックス

¥1,785
Amazon.co.jp
前回より続きます。。。
http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-10577797158.html

チャネリングといえばワクワクという言葉を流行らせた『バシャール』が有名です。
また、最近ではミリオンセラーのベストセラーになった二ール・ドナルド・ウォルシュによる『神との対話』もそうですし、ラムサ、バーソロミューなどもそうです。

もっとさかのぼれば、眠れる巨人と呼ばれたエドガー・ケイシーなどもそうです。
それらの実際のリーディングはすべて記録され、彼のそのリーディングの正しさが実証された多くの記録が残されています。

『霊界日誌』などで有名な天才科学者であり、精通した学問は、数学・物理学・天文学・宇宙科学・鉱物学・化学・冶金学・解剖学・生理学・地質学・自然史学・結晶学と言われているスウェーデンボルグなどもあの世の世界からのメッセージをもたらしています。

またオーラソーマで有名なマスターたちからのメッセージがなどを記録したブラバツキーやアニーベサントたちもそうですし、『ヒマラヤ聖者の生活探求』なども、そのような霊的な存在との対話やメッセージが記録されています。

何を言いたいかというと、チャネリングだからといって、それだけで信用できないと決めつけるのは早計で、そのメッセージは示唆に富み、現実社会でもとても信用のおける人たちが体験したり、その内容も実証されたりもしてきているということなのです。

実は我らのヴィッキーさんも、このオーラソーマを作るというメッセージが降りてきたのも、実は瞑想の中に得たガイドからの導きによるものであり、見方によっては、ある意味でチャネリングと言えなくもないでしょう。

また最近の『オーラソーマ通信』のボトルシリーズも大天使シリーズであり、それらの天使についても、それらの存在は、まさに目に見えない存在であり、その目に見えない存在からのメッセージの一つといえるでしょう。

このようなさまざまな事例を見ていくと、何かこの世には目に見えない世界ないし次元があって、そこからの存在がこのような宇宙の法則のようなメッセージをもたらしてくれている、という風にも思えますし、そうすることにも何か意味があるのでしょう。

そしてそこに書かれてあるメッセージというのは、まさにその「目に見えない世界」からこそ語られるようなものともいえます。

実際、このような引き寄せの法則に関する本ができたのは、まさにそのような目に見えない世界からの視点をこの世に伝えるためだというのです。

エイブラハムは言います。

「この本を書くことによって、わたしたちは、物質世界の身体に宿るはるか以前に、あなたがたとした約束を果たすだろう。わたしたちエイブラハムはこちらに留まって、より広く、より明晰で、したがってより強力な「目に見えない世界の視点」を維持すると約束し、あなたがたジェリーとエスターは素晴らしい物質世界の身体に宿り、思考と創造の最先端に立つと約束した。

・・・

わたしたちは見えない世界の領域から語っており、その領域を理解しようとするあなたがたの手助けができる。だからこそ、あなたがたが本当は何者であるかをもっとはっきり理解する力になれる。あなたがたは実は私たちの延長なのだから。

ここにいるわたしたちは大勢だ。意図と欲求が同じくするものが集まっている。あなたがた物質世界の環境では、わたしたちは「エイブラハム」とよばれ、「教師」つまりより広く理解し、その広い理解へと他者を導くものとして知られる。


・・・

宇宙のすべてに――目に見えない世界のすべてと物質世界のすべてに――作用する「宇宙の法則」がある。これらの法則は絶対で、永遠で、偏在する(どこにでも存在する)。この法則をきちんと把握し、実践的に理解すれば、あなたがたの人生経験はとても確実なものになる。それどころか、この「法則」の意識的、実践的知識を持つものだけが、自分自身の人生経験の「意図的な創造者」になれるのだ」

ではその自分自身の人生経験の「意図的な創造者」になれるための「宇宙の法則」とは何なのでしょうか?

それについては、次回にということになります。

尚 記

☆ランキングに参加しました!! 
クリックお願いします↓
     にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
      にほんブログ村

aurasoma-unityさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]