はーい、
タコ先生です。
いつも?元気なリトミック動画をアップしてます。
だいたい、台本無し
その場で、やりながら発見があり
自分がなんだか一番楽しんでいるようです。
ほほ自己満かっ!?まあ、そうですね、自分のワクワクのためでしかないかも!
いつまで続くのか…365日やれるのかな。 
100日にすれば良かったかも?なんてね。
その辺は、プラン変更ありありで!

タコ先生は怖くて厳しい、
練習してこないと辞めさせられる、
いろんな噂もあるようですが、
一生懸命さが、一部の方には怖さに映るのでしょうか。
わかりません。
多分、言葉だけひとり歩きしています。

んなことないよ!
私は自分が音楽で関わった方々を絶対に、
ほかの人に悪く言ったりはしません。
ましてや辞めていく人を引き止めたりもしません。

悲しいことがあって愚痴るにしても、
口の硬い楽器店の担当者に大雑把に話すか話さないかくらいです。
指導者同士で「うちの生徒は」なんて絶対話しません。
お相手のプライバシーに関わることですから。
ってか、たむろして話している暇もないし。

子供達への導きは、
小さな頃から育んで来た信頼があってこそ。
子供達と真正面から向き合う
そんなん、
真剣勝負に決まってます。
ご家族の理解と気持ちが通じ合うこと、
それを無しには指導は語れません。

もちろん、子供達の心も読み取り
家庭の状況も加味しながら
トータルで様子を見ていくようにしています。

それよりも
「タコ先生の生徒さんはピアノが、上手だね」
そっち、わんさか広まれ〜(笑笑^_^)

ただ、私の性格上、ハッキリとしています。
それは、みんな知ってるよね?


丁度、10年前
今より沢山外部でリトミックをしていました。
月曜日から金曜日、ほぼ毎日あちこちで。
バリバリのバリバリです。
昼からもやってました。

しかし、今も昔も元気そうに見えますが、
一旦辞めざるを得ない病気になったことがあります。

そんな辛い中の救いは3人の息子たちの存在と
教室のピアノレッスンやプレピアノリトミックにまで
来てくださる生徒さんの存在でした。

それ以来、求められれば、どこでもリトミック開講していましたが、
とにかく一人でやっているため、こうして倒れたら
どうしようもありません。  
私らしく、どうやってこれからやっていこう、
足を止めて考える時間になりました。

当時来ていただいていた皆様には大変なご迷惑をかけました。

当時ものすごい人数を抱えていたリトミック、
外部をたたみ、教室に来てくださるレッスンだけで、しばらく続きました。

また、他にも色々、荒波のように非常に厳しい30代を乗り越えました。

ただ、そこには息子たちと、生徒さんの笑顔
それさえあれば、大丈夫でした。
なぜなら
それに私自身が救われていたからです。

昨日も今日も、リトミックサークルや、わくわく知育ピアノレッスン体験や
ピアノレッスンをしていますが、
やはり、生徒さんが来てくれて、
自分自身が
本当にやる気が出ます。

継続してずっと時間を積み重ねた子供達への気持ちは
やはり、強いものがあります。
タコ先生らしくいられるのは、みんなが来てくれるからだなあ、と感じます。

レッスンは、感謝の言葉
「ありがとうございました」で締めくくりますが、
いえいえ、私こそ
「ありがとうございました」

レッスンに来てくれてありがとう。

可愛い子供達、素敵なママさんに囲まれて、
いつも感謝しています。


では、本日のリトミック動画、
すでにアップ済み
シケだ話はそこに置いておき、お楽しみアレ!

TAKAKO