伊泉龍一先生の3/19スピリチュアリズム講座、次回内容ご案内です。

コロナウィルスもおさまっていませんが、通常通り開催予定です。ご心配な方は録音講座もご利用できます。


霊現象やチャネリング、オカルトがお好きならぜひ。単発でも楽しめます。


前回はあっけなくインチキ暴露されてましたが、今回は驚きの展開!になりそう。

本物なの?って言いたくなりますよ。


内容★ 

【最強のデバンカーによって行われたミディアム・パイパー夫人の10年間の調査結果――霊仮設VSテレパシー仮設】

 ハーバード大学心理学教授のウィリアム・ジェイムズが「白いカラス」に譬えたパイパー夫人は、今日でもなお多くの謎を残しているミディアムです。今回は、イギリスのソサエティ・フォー・サイキカル・リサーチのメンバーの中でも、ミディアムのトリックを暴く才能に最も抜きんでいたリチャード・ホジソンが、ついに189712月に10年間に及び続けられていたパイパー夫人の調査結果を発表します。その内容は、スピリチュアリズムの否定派や懐疑主義者たちを当惑させるものでした。今回は、当時の一次資料を基にしながら、ホジソンの調査結果を辿りなおしてみます。はたして霊界の真実が証明されたのか? それともそれはテレパシー仮設で説明できるものなのか? あるいはそこには何か決定的な見落としがあったのか? 懐疑主義者であるならば、なおのこと無視することのできないミディアム、パイパー夫人の謎を巡る当時の議論を見ていきます。


*申しこみは下記

          ↓

お問い合わせフォームからどうぞ。

数野ギータまで

 


*日程: 319 () 19:0021:00(18:50開場)

*大阪駅前第3ビル10  10F-B会議室

アクセス→  

http://siltas.jp/room/room_traffic.php

*受講料6,000(配布資料コピー代実費別途要)当日、講座前に受付

*お問い合わせは下記メールまで

info_angelica@yahoo.co.jp

数野ギータまで

講座終了後に懇親会を予定しています。



次回以降日程

416日(木)

528日(木)

618日(木)

以後は調整中


*【トート・タロット入門――カバラ生命の木に基づく絵の解説】も225日からスタートしました。初回は概論でしたので2回目から本格的に始まります。

伊泉龍一先生プロフィール占い・精神世界研究家。 タロット・カード、ヌメロロジー(数秘術)、占星術、手相術、ルーンなどをはじめとして欧米の多数の占いを紹介している。朝日カルチャーセンター、NHK文化センターなどで講師としても活躍中。著書:『タロット大全 歴史から図像まで』(紀伊國屋書店)、『数秘術の世界』(共著、駒草出版)、『西洋手相術の世界』(共著、同)、『完全マスタータロット占術大全』(説話社)。訳書に、レイチェル・ポラック著『タロットの書――叡智の78の段階』(株式会社フォーチュナ)、 ジョアン・バニング著『ラーニング・ザ・タロット』(駒草出版)、ジリアン・ケンプ著『ラブ・マジック・ブック』、『フォーチュン・テリング・ブック』(同)がある。 

伊泉龍一先生HPは下記へ