私が1番力を入れておススメしている講座です❣️

 

今回もお騒がせミディアムの登場です。

 

タイトルは

【女性ミディアム、エウサピア・パラディーノを巡る論争――たとえ詐欺を働いたとしても、その能力自体は本物だったのか? 】

 

連続講座ですが、単発でも楽しめます。

スピリチュアルって何?

超常現象ってあるの?

他では聞けないスピリチュアリズムの思想や歴史の話満載です。

どなたでもどうぞ。

録音で聞くことも可能です。

 

*講師:伊泉龍一先生

*日程:2月20日(木) 19:00~21:00(18:50開場)

*大阪駅前第3ビル10階  10F-B会議室

アクセス→  

http://siltas.jp/room/room_traffic.php

*受講料6,000円(配布資料コピー代実費別途要)当日、講座前に受付

前回の資料をお持ちの方はご持参ください。

*申しこみは下記

          ↓

お問い合わせフォームからどうぞ。

数野ギータまで

 

★講座内容

【女性ミディアム、エウサピア・パラディーノを巡る論争――たとえ詐欺を働いたとしても、その能力自体は本物だったのか? 】
 一八九四年の夏、後にノーベル生理学・医学賞を受賞することになるフランスの生理学者シャルル・リシェは、イギリスの物理学者オリバー・ロッジ、ポーランドの哲学者・心理学者のジュリアン・オホロヴィッチ、イギリスのサイキカル・リサーチャーのフレドリック・マイヤーズと共に、ルボー島にある人里離れた別荘に泊まり込み、当時驚くべき物理現象を引き起こすことで知られていたイタリアの女性ミディアム、エウサピア・パラディーノの能力を7日間に渡って調査しました。その結果は、調査者たちを驚かせる結果となりました。
 一般的な霊能者は、通常、自らの能力が本物であり、一切の疑わしさを消し去り、詐欺などからは潔白であろうとアピールするのに対して、パラディーノはいかがわしさを消し去ろうとすることもなく、品行に関してもはなはだ悪評のあった女性ミディアムでした。そんな彼女を巡って、当時のサイキカル・リサーチャー(心霊研究者)たちは、完全に意見を二分し、議論は平行線をたどることになります。
 今回は、リボー島での調査からイギリスのSPRでの調査について、当時の資料を改めて精査しながら、パラディーノの真偽を巡る論争を追っていきます。

 

*申しこみは下記メール

info_angelica@yahoo.co.jp

数野ギータまで

 

以降日程

 

3月19日 (木)

4月16日(木)
5月28日(木)
6月18日(木)

以後は調整中

 

2/25からトートタロットと生命の木講座もスタート

講座内容

 

 

 

【伊泉龍一先生プロフィール】

占い・精神世界研究家

タロットカード、数秘術、占星術、手相術、ルーンなど多数の欧米の占いを紹介。朝日カルチャー、NHK文化センターなどで講師としても活躍中。

著書:『タロット大全 歴史から図像まで』(紀伊國屋書店)、『数秘術の世界』(共著、駒草出版)、『西洋手相術の世界』(共著、同)、『完全マスタータロット占術大全』(説話社)。訳書に、レイチェル・ポラック著『タロットの書――叡智の78の段階』(株式会社フォーチュナ)、 ジョアン・・バニング著『ラーニング・ザ・タロット』(駒草出版)、ジリアン・ケンプ著『ラブ・マジック・ブック』、『フォーチュン・テリング・ブック』(同)がある

伊泉龍一先生HP

      ↓

 運命の世界