毎回、大好評の伊泉龍一先生スピリチャリズム講座2月の内容ご案内です。

連続でも単発でも楽しめます。気軽にご参加くださいね。


2018年2月伊泉龍一先生講座ご案内

【初期の神智学協会と「エジプト魔術」――オリエンタル・カバラと元素霊】

*講師:伊泉龍一先生

*日程:2/15(木) 19:00~21:00(18:50開場)

*大阪第3ビル17階会議室

*受講料6,000円(配布資料コピー代実費別途要)当日、講座前に受付

*申込&問合せ先

info_angelica@yahoo.co.jp

数野ギータまで

講座終了後、懇親会を予定しています。


・内容

【初期の神智学協会と「エジプト魔術」――オリエンタル・カバラと元素霊】

 神智学協会の思想は、一般的にインド思想の影響を受けることで作られた独自のエソテリックな教義が、その核心にあると考えられています。そしてそれは実際に20世紀から今日に至るまで「スピリチュアル」な思想に最も大きな影響力を与えてきました。しかしながら、同協会が設立された1875年から1876年のころの状況を見ると、むしろ「エジプト魔術」が話題の中心となっていました。今回は同協会の中心人物であるオルコットとブラバツキー夫人がそれぞれ雑誌や新聞に発表した当時の記事や書簡などを基に、どのようにしてスピリチュアリズムから距離を開け、「神智学」の基礎を形作っていったのかを見ていきます。その中で、「ルクソールのブラザーフッド」とオルコットの間でのコンタクトの謎、さらにブラバツキー夫人が主張する「オリエンタル・カバラ」、「東洋のバラ十字主義」とは何か? そして、「元素霊」を前提とした当時の魔術理論などについてひとつひとつ見直してみたと思います。


伊泉先生からの本講座へのメッセージ

「本講座は目に見えない世界の存在を信じるか否かという形で問題に迫るのではなく、「霊の文化史」とも言うべき視点から「スピリチュアル」な領域へとアプローチしていきます。ですので、肯定的な立場であれ否定的な立場であれ、どちらの方でも興味深く聞いていただける内容になると思います。あえて自らの信条からいったん離れながら、形而上的な世界へと関心を持った過去の人々が織りなした歴史へと目を向けることで、現代のわたしたちにとっても、学ぶべき多くのものが見つけられるのではないかと思っています。」

☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️

今後の予定

322(木)

「超常現象を実証しようとした人々――ソサエティ・サイキカル・リサーチ(SPR)の誕生」

510日(木)

67日(木)

タイトル・内容は決定次第アップします。

☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️☘️

伊泉龍一先生先生プロフィール

占い・精神世界研究家

タロットカード、数秘術、占星術、手相術、ルーンなど多数の欧米の占いを紹介。朝日カルチャー、NHK文化センターなどで講師としても活躍中。

著書:『タロット大全 歴史から図像まで』(紀伊國屋書店)、『数秘術の世界』(共著、駒草出版)、『西洋手相術の世界』(共著、同)、『完全マスタータロット占術大全』(説話社)。訳書に、レイチェル・ポラック著『タロットの書――叡智の78の段階』(株式会社フォーチュナ)、 ジョアン・バニング著『ラーニング・ザ・タロット』(駒草出版)、ジリアン・ケンプ著『ラブ・マジック・ブック』、『フォーチュン・テリング・ブック』(同)など著者多数

{8D383580-1B91-4F30-A51B-8AE2F94B695B}



AD