こんにちわ、AIJスタッフのKyokoです照れ

 

今回は、「オペアプロ」というものについてご説明しますキラキラ

 

 

「オペアプロ(Au Pair Professional)」というのは、

 

保育士さんとか、幼稚園の先生とか、

 

保育のプロとしてお仕事をしていた方がオペアになった場合、

 

普通のオペア(スタンダードオペアと呼びます)よりも、多めにお給料が支払われますよ、という制度のことまじかるクラウン

 

 

各エージェンシーによって、週給の金額や、オペアプロになれる条件が違うと思いますが

 

私たちAIJ(提携先:AuPair International)の場合、

 

まず、週給は、スタンダードオペアが195.75ドルのところ、オペアプロは250ドルになります札束

 

 

そして、オペアプロになれる条件ですが、

 

①フルタイムで2年間以上、チャイルドケアに従事していた人

(幼稚園、保育園、ベビーシッターなど)

 

もしくは、

 

②保育士資格や幼稚園教諭免許、小学校教諭の免許を持っている人


となっています赤ちゃん

 

 

スタンダードオペアとオペアプロ、週給だと差は50ドルですが、

 

月給にすると、円換算で2万円ほどの違いが出ますうずまき

 

2万円の差は大きいです…ニヤリ

 

条件に当てはまる方、ぜひオペアプロでご応募ください!!

 

 

ただ、1点だけ補足説明をしておくと、

 

「短大卒業と同時に、保育士資格が取れるので、卒業したらすぐにオペアプロで渡米したい!」とか

 

「保育園で半年は働いたし、資格は持ってるからオペアプロで行きたい!」とか

 

というのは、

 

あまりオススメしていません…あせる

 

 

というのも、オペアプロを雇ってくれるファミリーは、

 

「子どもの安全を考えて、少しお金を多く出してもいいから、チャイルドケアの知識が豊富な人を雇いたい!」という、意識の高い人が多い感じがしますDASH!

 

なので、要求水準が若干高い…といいますか、

 

期待値が高いことがあります…チーン

 

 

2年以上お仕事をされていた方であれば、それなりに経験は積まれているでしょうし、

 

お給料をもらって保育をしてきた責任感や、とっさの判断力というのが

 

無意識のうちに身についているかと思うのですがグッ

 

 

資格はあっても実務経験がない場合、

 

やはり要所要所で判断が甘かったり、

 

少し手のかかる子どもの扱いに慣れてなかったりする、というのも事実ですガーン

 

 

なので、もし資格をお持ちで、まだ実務経験が2年未満の場合、

 

ぜひぜひ、もう少し経験を積んで、

 

「2年以上の実務経験あり!」という肩書をひっさげて、

 

オペアプロとして応募してくださいねラブラブ

 

 

また、「オペアプロはホストファミリーからの期待値が高い」と書くと、

 

「私は条件に当てはまるけど、高い期待のもとで働くとプレッシャーになるから、スタンダードオペアでいいや…」という方が出てくるのですが、、ショボーン

 

2年以上お仕事をされていたのであれば、

 

そもそも、すでに園からの期待に応えてきたはずですし、

 

アメリカでも、十分、期待に応えられる能力をお持ちのはずですOK

 

なので

 

ぜひ、自信を持って、オペアプロで行きましょう筋肉

 

 

***

 

もっと詳しく聞きたい場合は、説明会にお越し頂くか、

 

ぜひ個別無料カウンセリングにお申込みくださいアップ

 

お問合せ、お待ちしておりますメール

詳細はこちら☟
オペアAIJ ウェブサイト:http://www.aupairaij.com

Kyoko