Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *

私の大好きな 美しいもの、綺麗なもの、かわいいもの。 そして 美しい人、綺麗な人、可愛い人をご紹介したいです。
麗しい、美しい、 愛しいものを......
オードリーをはじめとするハリウッドセレブからダイアナ妃やグレース・ケリーなどの各国 王室・王族も。

1951年、グレース・ケリーは類いまれな美貌でFOXのスカウトの目に留まり『14時間 FOURTEEN HOURS』で映画デビューします。1952年「真昼の決闘」で有名に。54年には「喝采」でアカデミー主演女優賞を受賞してトップ女優に。1956年にモナコ公国のレーニエ大公と結婚し引退。

1951年まだ無名の年にニューヨークの「ストーク・クラブ」という名高いナイトクラブで彼女のためにパーティーが開かれていました。

Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-Grace Kelly グレース・ケリー


1951年、米国ではまだ人種差別がひどく、映画館などでは、白人と黒人の座席は分けられているところも。ケネディ家やアーネスト・ヘミングウェイ、チャーリー・チャップリン、フランク・シナトラ、マリリン・モンローらが常連であり、「イヴの総て」をはじめ、映画やドラマにも登場する名店は米国人黒人女性の入店を断りました。女性は猛烈に抗議しており、22歳のグレースは人種差別的な事件に嫌悪感を覚え、自らのパーティの中、面識のない女性の手をとると、一緒に店を出るという行動に出ました。



Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-ジョセフィン・ベーカー


この黒人女性(スペイン人との混血)は1906年、アメリカ・セントルイス生まれで貧しい環境の中で育ち、1919年一座に入り、25年頃パリへ渡り、1920年代パリでショービジネス界で黒いヴィーナス として脚光を浴び大スターとなり、1937年、フランスの市民権を取得。1946年フランス・レジスタンス勲章を受けアフリカ系のアメリカ人女性として初めて、ヨーロッパの貴族の称号を持つことになるジョセフィン・ベーカーJosephine Baker 45歳でした。


50年代以降ヨーロッパでの立場を確立したのち、たびたび米国に戻り、メディアを通じて黒人差別の現状を批判、問題提起を続け、公民権運動に参加。1963年に行われたマーティン・ルーサー・キング(Martin Luther King Jr.)牧師のワシントン大行進にも参加。公民権運動家たちの心の支えとなりました。

Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリーとジョセフィン・ベーカー

Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリーとジョセフィン・ベーカー

Josephine Baker circa 1950s


グレースとジョセフィンは親友となり、グレースがモナコの妃殿下になった後も交友は続きます。1955年ごろから養子を引き取り始め、プライベートでのジョセフィンは60年代に入ってから経済的なトラブルを抱えるようになり、1968年以降は半ば引退状態に。ベーカーの窮状を心配したグレースは彼女を救い、カップマルタン岬の上にある美しい家に財政援助を提供。

またグレースが会長を務めていたモナコ赤十字社のチャリティーに出演するはずであった黒人歌手が、ギャラを持ったまま逃亡し、窮地に陥った時には、ジョセフィンが予定をすべてキャンセルし3日間舞台を繰り広げてグレースを救いました。


Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリー ジョセフィン・ベーカー 養子

レ・ミランドの古城の庭で
Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリー ジョセフィン・ベーカー 養子


ジョセフィン・ベーカーが困窮した理由の一つにはパリのスラムを定期的に訪れてはプレゼントを配ったり、第二次世界大戦後、人種や宗教を越えた『理想郷』を創ろうと、世界中から孤児を集めたことがあるそうです。

南仏の城で自分に似た聖母像を作り、長男は1950年代初頭に生まれた横浜の日本人孤児のアキオ・ブイヨンAkio Bouillon。日本のエリザベス・サンダース・ホームから孤児1952年生まれのアキオと1953年生まれのテルヤ2人を引き取っているとか。(ジョセフィンは1954年には来日公演を行っています。)

日本人、フランス人、韓国人、アラブ人、フィンランド人、 コロンビア人など、様々な人種を集め「虹のこどもたちRainbow Tribe」と目も髪も肌の色も異なる各国の出自をもつ養子を、彼女は七色の虹になぞらえてこう呼びました。ただ精神を病んだり、同性愛を示す子供を理想と違うと返すこともあったりと、生活は美しいばかりではなかったそうです。



Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリーとジョセフィン・ベーカー

ジョセイフィンの養子と面会するグレース

Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリーとジョセフィン・ベーカー
Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリーとジョセフィン・ベーカー
Josephine Baker and rainbow tribe



1973年にはカーネギー・ホールでの公演で大成功を収め、1975年4月8日、彼女の芸能生活50周年を祝うショーの初日の公演が行われます。直後、ジョセイフィンは脳溢血に襲われ1975年4月12日、68歳で急死。死を悼んで、パリ、マドレーヌ寺院での葬儀(国葬)のすべてを取り仕切ったのもグレースでした。2万人もの人々が参列しました。

Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-josephine-baker-and-princess-grace
1975 PRINCESS GRACE OF MONACO at JOSEPHINE BAKER Funeral.

Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *-グレース・ケリーとジョセフィン・ベーカー

2008年米郵政公社が彼女の記念切手が発行されると養子のジャン・クロード・ベイカー(Jean-Claude Baker)は「母のテーマソングは『Two loves Have I, my Country and Paris(故郷とパリ、私には愛するものが2つある)』だった。アフリカ系米国人の文化に対するこの素晴らしい賛辞に、母はとても喜び感動しているだろう」とのコメントを発表しています。



2012年10月ニコール・キッドマン映画「グレース・オブ・モナコ(原題)」撮影現場→

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

瞳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。