カンヌ映画祭、抜粋映像を先行上映したドリームガールズ出演のビヨンセ。

お母サマのティナ・ノウルズがデザインしたというスカイブルー地に花柄のロングドレスでレッドカーペットに姿を見せたビヨンセは、「ここに来られて最高の気分。こんな熱気は初めてだわ」と興奮気味に感想を漏らしました。



   ドリームガールズ - ビヨンセ

   ドリームガールズ - ビヨンセ


また、撮影中は役作りのために9キロも減量したことを告白。

「(減量は)監督の指示じゃなくて、自分のアイディアよ。主人公の若い頃と年を取ってからとを演じ分けるのに、メイクや髪型だけじゃなくて、何かもっと目に見える変化が欲しかったの」と、この役に賭ける熱意を語った。「キツい仕事だったけど、私にとってはもの凄く重要な作品だから、何だってやれたわ」

『ドリームガールズ』は、ダイアナ・ロスとシュープリームスのサクセスストーリーを描いたブロードウェイミュージカルの映画化作品。共演はジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ、それに『アメリカン・アイドル』のファイナリストの1人で、本作がスクリーンデビューのジェニファー・ハドソンなど。監督・脚本は『シカゴ』のビル・コンドン。

全米で12月21日に公開された後、新年にかけて全世界公開となる見通しだそうです。