キャップボルトとワッシャ | SDBの楽しむブログ

SDBの楽しむブログ

日々の作業から雑談まで、いろいろお伝えしていきます


テーマ:
最近、お問い合わせが多いんです

興味を持っていただいて、ご連絡を頂くのは大変うれしいです❗️

カーオーディオ屋ですが、それ以外でも受け付けています
答えられるものでしたら、㊙️事項以外ならなんでもお話しちゃいますので、遠慮なくご連絡をお待ちしておりますよ😊

さて、前回の続き

カーオーディオで使用するネジ径は、ほとんどが4~6ミリのネジ

さらに、スピーカーユニットの取付穴径は、ほとんどが4ミリです

ユニットの固定だけならば、4ミリでもいいんですけど、スピーカーの振幅を考えたら、足らなくないか?と、考えてしまうのが、SDB

しかし、そんじゃ穴径拡大しちゃえ~😄
って、できるわけがないので、ボルトでガッチリ固定しちゃえ❗️っていう発想しちゃうのが、SDB

ただ、4ミリのボルトでも強度だけを考えたら、足らないって思うのです

そこで、すべての条件に合致するのが、このキャップボルト



キャップボルトの原材料は、鋼より強度が高いクロモリ鋼❗️
締付トルクも凄く高く、ナット側のネジを破壊させるくらいなんです

このように、粘り強く固いキャップボルトにも、デメリットがあります

それは、対象物に対して、締めつける面圧が小さく、対象物にピンポイントに力がかかるので、接触面から壊す可能性があること

壊れを防止して、面圧を大きくしてガッチリ固定させるために使用するのが、ワッシャ

ただ、普通の4ミリのワッシャでは薄いので、キャップボルトの面圧に負けて、変型してしまいます😰

だから、厚くて固いワッシャがこれ


厚さが、2ミリあります

このぐらい厚くないと、ワッシャが変型するし、スピーカーユニットを壊してしまいます

そのぐらい、強いネジでもあるキャップボルト

キャップボルトの相手ナットは、バッフルに打ち込む、鬼目ナット



この、SDB三種の神器で取り付けるスピーカーユニットは、バッフルにガッチリ固定されます

ユニットの設計強度にもよりますが、スピーカーを鳴らすと、ドアのインナーパネルが揺れてしまうくらいです

このぐらいガッチリ固定しないと、満足しないワタシ

じつは、試聴車タントで実験しましたが、明らかに、ガッチリ固定したほうがいい音を出しました

たかが、取り付けに使用するネジですが、このネジの使用方法でも違いがでる、カーオーディオの世界

皆さんのオーディオ、しっかり機能して鳴っていますか?

SDBでは、試聴車タントがすべてを証明しています

4インチのスピーカーでも、鳴っちゃう取り付け
試聴された方だけが、わかります


audio-sdbさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス