一緒に帰ろう | 福岡県大牟田市 身体調整サロン infiniアンフィニ セラピストRicoのブログ

福岡県大牟田市 身体調整サロン infiniアンフィニ セラピストRicoのブログ

22年の病院理学療法士勤務からフリーのセラピストに。
西洋医学から中医学・代替医療まで、心や身体に関わることが大好きです♪


テーマ:
Ricoです (・∀・)


信じられない話かもしれないので
信じられない方はスルーしてください(・∀・)♪

{563B03CA-01D1-4791-BEAE-9213129F1E9D}

病院で家族が亡くなったとき

「家に帰ろう」
「一緒に帰ろう」

って

亡くなった方に声をかけるご家族は

どれくらいおられるんでしょうか??




毎日お見舞いに来られてたり

体調が徐々に悪化したりして

亡くなる覚悟をされていた方々は

声をかけておられるように感じますが…





予期せず急変して亡くなったり

あまり関係がよろしくなかったりした場合は


声かけされないケースもあるようで…^^;




うちの親戚でも以前あったんだけど…

おばあちゃんが亡くなって

お家に帰ってこられてたので

自宅のお通夜に行ったら



本人が居ない…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

身体は帰ってきてるけど、中身が不在。



探してみたら 

まだ病院でウロウロしていて

慌てて伯母に

「…おばあちゃん、中身がここにいない。まだ病院にいるから明日の朝、迎えにいって」

と伝えたことがある^^;


亡くなったことで氣が動転して

「一緒に帰ろう」

って声かけるどころの話じゃなかった

って言ってた。





実は先日、ご近所の地主さんで、

とても仲良くさせていただいた方が

癌で急変して先月亡くなっていたと

ご家族から聞いたので

ご自宅にお参りに行ったのですが…



本人が居ない!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 


探してみたら、まだ病院に…


さすがにご家族には言えなかったので
黙ってました^^;




本人とはよく話していたけど、
ご家族とはほとんど面識がなかったので、
ご家族にはそのことは言えず…


翌朝わたしが病院に迎えに行って、
自宅へ送り届けてきました(・∀・)




身体がなくなると身軽になるので

自分でどこへでも行けそうなんですが…

不思議です(´◉ ω ◉`)






この世界は

自分の観念通りになる世界なので

一瞬で光の世界に行く人も居れば

七日毎にお経をあげて少しずつこの世界からあちらの世界へいくという小乗仏教の教え通りのプロセスを経て、あがっていかれる方もおられるようで…


わたしの友人の
病棟勤務の看護師さんたちは、

患者さんの最期に立ち会い
見送るときには

「いままでお疲れさまでした。
ご家族と一緒にお家に帰って、
お家でゆっくりやすんでくださいね。」

と必ず声をかけるようにしてくれてます。





突然急変して亡くなったりすると


家族はものすごいショックで

しかもその後の諸々のことを考えなくてはいけないしで

平常心じゃいられないのは

とてもよくわかるのです。




入院して元氣になって退院するときは

「さぁ お家に帰ろうね」って

言うと思うけど


亡くなって帰るときは…

本人も家族も

生きてるときとは

感覚が全然違う。




わたしは

生きていようと

生きてなくても 

基本的に同じ対応なので

同じように声をかけてましたが



身体から離れたら

耳から肉声が聴けないし

目を合わせることもなくなるし

身体のある状態ではもう逢えない


それが

ものすごくとても寂しい







人生が終わったときに

「お疲れさま」
「ありがとう」


って、一番声をかけてほしいのは

他の誰でもない

共に生きてきた家族からだと思うのです






大事な人を亡くすなんて

人生で何回もあることじゃないから


こんなこと、

普通あんまり考えないよね。



「普通、言わないよ」って

誰かに言われたな。


もし、この記事を読んだあなたが

もしものときに

ふと思いだして

大切なご家族が

病院からお家に帰るときに

声をかけてもらえると嬉しいです。




あなたとあなたの大切なひとが

今日もしあわせでありますように☆

りこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス