はぷてぃっくぎじゅつ

はぷとみらーじゅ
てぃっぷす
くぎりもじ
じゅようき
いーと

ソニー、プレイステーション5は2020年末発売。ハプティックで没入感向上の新コントローラや新UI採用 #PS5
ソニーが次世代プレイステーションの名称と発売時期を正式に発表しました。名前はやはり「プレイステーション5」(PlayStation 5)。発売時期は2020年の年末商戦期。
次世代プレイステーションについては、すでにPS5(仮)として、AMDのRyzenベースプロセッサで現行を遥かに凌ぐ処理能力を備えること、 グラフィックはレイトレーシングに対応すること、SSD標準でローディング速度もPS4とは比較にならないことなどが予告されていました。

今回は名称がそのまま「プレイステーション5」であること、発売時期が2020年末であることが初めて正式に明らかにされました。

PS5の仕様については、今回はコントローラの新機能が公表されました。PS5コントローラの新機能は、触感フィードバック(ハプティック技術)の向上。

まず振動機能がより繊細になり、もっとさまざまな感覚を伝えられるようになります。「例えば、レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになるでしょう。草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるのです」。

同様の技術としては、ニンテンドースイッチも「HD振動」の名で、リニアアクチュエータによる繊細な制御とさまざまな感触の伝達をうたっていました。

もう一点は、L2・R2トリガーに導入される「アダプティブトリガー」技術。こちらはトリガーの抵抗をソフトウェアで制御するもので、ハプティックとの組み合わせにより、ゲーム開発者がトリガーを引く動作をさまざまなアクションに見立てることが可能になります。

「例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できるようになります。」

PS5コントローラ(仮)の名称は未定。こちらはまだ「デュアルショック5」に決まってはいないようです。振動子が二つでデュアル、よりももっと新しい技術であることを示す名前になるのかもしれません。(SIXAXISみたいな)
https://japanese.engadget.com/2019/10/08/5-2020-ps5/ より)
 

 

データエントリーに関するお悩みは当社へご相談ください。

スーパーバイザーの方の負担軽減、入力作業中のキー操作を記録&再生 データエントリーソフト「Super-Entry7.8」
あらゆる作業状態が手に取るようにわかり、作業時間を短縮するため機能が盛りだくさん、ワイドエリア・データエントリーシステム「Super-EntryBB 7」
入力効率と秘匿性を同時に実現、既存の入力プログラムのまま秘匿性向上も可能
「超高速!!イメージ分割」
をはじめとした製品と総合力で、貴社のお悩み解決をお手伝いいたします。

データエントリー事業者様のお悩みをシステムと総合力で解決、株式会社エス・イー・シー