きたむらせいご

きたいか
むら
せいきか
んずい

北村誠吾
北村 誠吾(きたむら せいご、1947年(昭和22年)1月29日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党副幹事長。
防衛副大臣(福田康夫改造内閣・麻生内閣)、長崎県議会議員(4期)、佐世保市議会議員(1期)等を歴任。 信仰宗教はキリスト教(カトリック)[1]。

来歴
長崎県北松浦郡小値賀町生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業[2]。大学卒業後、国会議員秘書となる。[3]

1982年、長崎県議会議会補欠選挙(北松浦郡選挙区)に立候補するが、落選。1983年に佐世保市議会議員選挙に出馬し、初当選した。1期目の任期途中で市議を辞職し、1986年の第38回衆議院議員総選挙に旧長崎2区から保守系無所属として[要出典]出馬したが、落選。1987年に長崎県議会議員選挙に出馬し、当選した。以後4回連続当選。

4期目の任期途中で長崎県議を辞職し、2000年の第42回衆議院議員総選挙に長崎4区から無所属で出馬。自由民主党現職の宮島大典らを破り、当選した。当選後は、同様に保守系無所属として当選した衆議院議員9人で院内会派「21世紀クラブ」(代表:山本幸三)を結成[2]。2001年、自民党に復党する。第2次小泉改造内閣では防衛庁長官政務官に任命された。2003年の第43回衆議院議員総選挙・2005年の第44回衆議院議員総選挙で再選。

2008年、福田康夫改造内閣で防衛副大臣に就任、麻生内閣まで務める。2009年の第45回衆議院議員総選挙に自民党公認・公明党推薦で長崎4区でから出馬。民主党の宮島に初めて敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、4選[4]。

2010年10月、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任[2]。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では自民党公認(公明党推薦)で長崎4区から出馬し、前回敗れた民主党の宮島に比例復活を許さず、5選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では再び宮島を比例復活も許さず破り、6選。

2017年の第48回衆議院議員総選挙では希望の党の宮島を比例復活も許さず破り、7選。

2019年9月11日、第4次安倍第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)として初入閣。また、まち・ひと・しごと創生を担当する国務大臣も兼任した。

政策
憲法改正に賛成[5]。
集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[5]。
日本の核武装について検討すべきでないとしている[5]。
原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべきとしている[5]。
女性宮家の創設に反対[5]。
日本のTPP参加に反対[5]。
日本軍の「慰安婦」強制を否定[6]。
選択的夫婦別姓制度の導入に反対[7][8][9]。
選択的夫婦別姓制度導入についての2001年に野田聖子の自民党党三役への申し入れには賛同していた[10]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%91%E8%AA%A0%E5%90%BE より)
 

 

データエントリーに関するお悩みは当社へご相談ください。

スーパーバイザーの方の負担軽減、入力作業中のキー操作を記録&再生 データエントリーソフト「Super-Entry7.8」
あらゆる作業状態が手に取るようにわかり、作業時間を短縮するため機能が盛りだくさん、ワイドエリア・データエントリーシステム「Super-EntryBB 7」
入力効率と秘匿性を同時に実現、既存の入力プログラムのまま秘匿性向上も可能
「超高速!!イメージ分割」
をはじめとした製品と総合力で、貴社のお悩み解決をお手伝いいたします。

データエントリー事業者様のお悩みをシステムと総合力で解決、株式会社エス・イー・シー