えありす

えあべありんぐ
りすとあたっく

エアリス・ゲインズブール
えありすげいんずぶーる
エアリス・ゲインズブールは、『ファイナルファンタジー7』の登場人物。 名前の由来は英語の"Earth"(地球・大地)。その読み方を変えて名付けられている。

「セトラの民、星より生まれ 星と語り、星を開く。セトラの民、約束の地へ帰る。 至上の幸福、星が与えし定めの地」

プロフィール
年齢    22歳
身長    163cm
誕生日    2月7日
星座    水瓶座
血液型    O型
出身地    アイシクルロッジ
使用武器    ロッド
CV    坂本真綾

概要
ティファと並ぶヒロインの一人。茶色の髪に、緑色の瞳を持つ。
ピンクのロングのワンピースに、赤いジャケットを羽織っており、長い髪は巻き毛。
母親の形見であり、物語のキーを握る「白マテリア」をリボンとともに身につけ、持ち歩いている。
自らを「セトラの民」と称する古代種の生き残り。
ゲーム本編の段階では、もはや彼女しか存在しないとされる種族であり、プレジデント神羅はセトラの知る約束の地を「途方もなく豊かな土地で、魔晄エネルギー豊富な土地」と思い込んでいるため、神羅カンパニーに監視されている。
父は元神羅カンパニー科学部門統括ガスト・ファレミス博士。母は最後の純血古代種イファルナ。
父が普通の人間であったため、正確にはエアリスはハーフ。そのため「星の声をはっきりと聞き取りきれない」など古代種としての能力は純粋な古代種よりも劣っている。
父ガストはエアリスが生まれてまもなく後任の宝条博士に暗殺され、母イファルナと共に古代種である為に神羅に拉致され監禁されて育つ。その後イファルナはエアリスを連れて脱走するが、その道中で死亡。幼いエアリスは母の死に居合わせたスラム街の住人エルミナ・ゲインズブールに引き取られた。
その後、エアリスの居場所を突き止めた神羅のタークスツォンから戻るよう言われるも拒否し、約束の地を求める神羅もエアリスの機嫌を損ねることは避けたかった為、神羅から監視されながらスラム街で育った。
昔から神羅のせいでさんざんな目に遭っているため神羅を嫌っているが、それ故に監視役のツォンは自分の小さい頃からの数少ない顔見知りであり、彼には単なる敵とは割り切れない複雑な感情を持っている様子。

人物
服装は上品で大人しめで、一見すると清楚でおとなしい女性に見えるが、その性格は明るく大胆で積極的。押しが非常に強く、思ったことは遠慮なく口に出し、危険なことにも平気で足を突っ込みたがる。好意を持ったクラウドへのアタックは積極果敢であった。快活そうな外見に反して控え目なティファとは好対照である。
ティファとは恋のライバルであると同時に、仲の良い友人でもある。
また、ストーリーでクラウドがある理由からドン・コルネオに接触することになった際に「クラウド、女の子に変装しなさい。それしかない、うん」とクールなクラウドを狼狽させるほどの提案をしたり、その後コルネオに対して「・・・ねじり切っちゃうわよ」という発言をしたりと意外に黒い。

劇中
普段はミッドガル五番街のスラムにて花売りをしており、教会で育つ草花の世話をしていた。
ゲーム序盤でクラウドに花を買わないか聞いてくるのが最初の出会い。その後、教会の屋根を突き破り落ちて来たクラウドと再会、以降は神羅と敵対する彼等と行動を共にする様になる。
過去に憧れていたソルジャー、ザックスに似たクラウドに上記の通り好意を持ち、それと同時に違和感を持っていた様で、本当のクラウドに逢いたがっていた。
https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB より)
 

 

データエントリーに関するお悩みは当社へご相談ください。

スーパーバイザーの方の負担軽減、入力作業中のキー操作を記録&再生 データエントリーソフト「Super-Entry7.8」
あらゆる作業状態が手に取るようにわかり、作業時間を短縮するため機能が盛りだくさん、ワイドエリア・データエントリーシステム「Super-EntryBB 7」
入力効率と秘匿性を同時に実現、既存の入力プログラムのまま秘匿性向上も可能
「超高速!!イメージ分割」
をはじめとした製品と総合力で、貴社のお悩み解決をお手伝いいたします。

データエントリー事業者様のお悩みをシステムと総合力で解決、株式会社エス・イー・シー