かすてぃーじゃ

かすけーど
てぃ

じゃ

久保建英とロドリゴの今後は宙ぶらりんのまま…レアル・マドリーはローンではなく残留を検討か

レアル・マドリーの久保建英とロドリゴの今後は依然として宙ぶらりんの状態のようだ。スペイン『アス』が伝えている。

今夏にレアル・マドリーに加入し、チームが低調なプレシーズンを過ごすなかで大きなインパクトを残した久保とロドリゴ。しかし、リーガ・エスパニョーラ開幕まで5日に迫った現段階でも、クラブとジネディーヌ・ジダン監督は両選手の将来を決めてはいないようだ。

先週末、久保とロドリゴの両選手は、土曜日にテネリフェで行われたラウール・ゴンサレス監督率いるカスティージャには帯同せず、ファーストチームとともにトレーニングを実施。しかし、日曜日にイタリアで行われたローマ戦のメンバーから外れ、スペインに残っていた。

将来に関して依然として宙ぶらりんの状態が続く中、経験を積むために期限付きで他クラブに行くことも選択肢の一つに挙がっているが、移籍市場は残り3週間を切ったものの、レアル・マドリーに切迫した様子はない。久保とロドリゴはともに18歳とまだまだ若く、カスティージャに残りながらファーストチームのトレーニングに参加すれば良いとクラブは考えているようだ。

さらに、同メディアは久保とロドリゴがEU圏外の選手であることも将来が決まらない理由だと指摘。リーガ・エスパニョーラでは、外国人選手の登録は3人までと決まっており、スペイン国籍申請中のフェデリコ・バルベルデを含め、エデル・ミリトン、ヴィニシウスとすでに枠は埋まっている状態だ。

仮に久保かロドリゴのうち1人がジダン監督に選ばれるようなことがあれば、ヴィニシウスがスタンド観戦を余儀なくされるか、カスティージャ行きを命じられるだろうと予想されている。
https://news.livedoor.com/article/detail/16920863/ より)
 

 

データエントリーに関するお悩みは当社へご相談ください。

スーパーバイザーの方の負担軽減、入力作業中のキー操作を記録&再生 データエントリーソフト「Super-Entry7.8」
あらゆる作業状態が手に取るようにわかり、作業時間を短縮するため機能が盛りだくさん、ワイドエリア・データエントリーシステム「Super-EntryBB 7」
入力効率と秘匿性を同時に実現、既存の入力プログラムのまま秘匿性向上も可能
「超高速!!イメージ分割」
をはじめとした製品と総合力で、貴社のお悩み解決をお手伝いいたします。

データエントリー事業者様のお悩みをシステムと総合力で解決、株式会社エス・イー・シー