れあしゃ

いあうとわく
いあいえす
しゃっとだうん

レア社
レアシャ


レア (Rare Limited.) とは、イギリスのコンピューターゲームメーカーである。「レア」では伝わり辛いためか、「レア社」と呼ばれることが多い。

概要
海外ゲームメーカーとしては珍しく、写実的な描写よりもSF・ファンタジー色を得意とするメーカーである。ドンキーコングシリーズにおいて人工物のステージが多数あるのはそのためである。

1982年にUltimate Play The Gameの社名で設立。『Jetpac』・『伝説の騎士エルロンド』・『バトルトード』シリーズを開発。

1994年、高い3D技術を買われ任天堂にセカンドパーティとして参入。第1弾『スーパードンキーコング』は国内のみで300万本、海外800万本販売という記録的な結果を残した。以降もミリオンソフトを連発し、スーパーファミコン中期からニンテンドウ64期の任天堂を支えた立役者である。

2002年、Xbox部門強化のためマイクロソフトに3億7500万ドルで買収される。『あつまれ! ピニャータ』や『パーフェクトダーク ゼロ』が海外150万本を記録。後から搭載されたXbox360のアバター機能はレア開発のものである。

近年では『ディディーコングレーシングDS』を開発、更にはTHQ販売のもと『バンジョーとカズーイの大冒険』・『あつまれ! ピニャータ」』リメイクをニンテンドーDSで発表しており、任天堂との関係が完全に切れたわけではない。

新レアロゴマーク by crux氏なお、レアが開発したゲームやキャラクターの版権は任天堂とレアとで分割管理されており、ディディーコング系は基本的に任天堂側に残ったor任天堂が買い取ったが、『ディディーコングレーシング』に一緒に出演したコンカーや、『バンジョーとカズーイ』、『パーフェクトダーク』等はレア側に版権がある。

ちなみに、下品さに定評がある。ゲップの効果音だけで数種類あったり、トイレの中に入っていくシーンがあったりするなど。
下記のConker'sBad Fur Dayの日本版が未発売なのはあまりのR-18Gっぷりだったといわれている。そんなコンカーは12年ぶりにXboxOne「プロジェクトスパーク」に登場する。トレーラーでは「12年間新しいゲームが出なくてがまんできなかった」と言いながら新作ゲームのロゴを真っ二つにした。

2015年8月4日にはレア社30周年を記念して「バトルトード」「バンジョーとカズーイの大冒険」「パーフェクトダーク」など2DゲームからXbox 360タイトルまで幅広く歴代の名作ゲーム30作品を収録した「レア リプレイ」がXboxOneが発売予定。価格は驚きの3000円!「パーフェクトダークゼロ」を含むため、CEROはZ指定。

また発売日は未定だがレア社のXboxOne独占新規IPとしてアクションアドベンチャーゲーム「Sea of Thieves」が発表されている。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%AC%E3%82%A2%E7%A4%BE より)
 

 

データエントリーに関するお悩みは当社へご相談ください。

スーパーバイザーの方の負担軽減、入力作業中のキー操作を記録&再生 データエントリーソフト「Super-Entry7.8」
あらゆる作業状態が手に取るようにわかり、作業時間を短縮するため機能が盛りだくさん、ワイドエリア・データエントリーシステム「Super-EntryBB 7」
入力効率と秘匿性を同時に実現、既存の入力プログラムのまま秘匿性向上も可能
「超高速!!イメージ分割」
をはじめとした製品と総合力で、貴社のお悩み解決をお手伝いいたします。
データエントリー事業者様のお悩みをシステムと総合力で解決、株式会社エス・イー・シー