先日、腸腰筋が硬くなったり炎症を起こすとどのような症状が出るかを書きました。

では、腸腰筋ってどんな働きがあるのか?

大腿四頭筋が収縮して足があがるのをサポートするのが代表的な動きの役割なんですが、マジに地味過ぎるだろ腸腰筋(笑)! 体幹筋、インナーマッスルとか、コアとか言われて最近は結構耳にする機会の増えた筋肉なのにね(笑)

よく体幹が弱いとか何とかって話でよく出てくる腸腰筋。それは何でなのか?

それは腸腰筋の本当に有能な働きは足を上げるサポートじゃなくて実は動かない事なんです!って言うとイメージしづらい!は?って感じですので図解で説明します(笑)

 
上の画像は腹部の表の筋肉と内臓を表した図。コレにはほとんど腸腰筋を見る事は出来ません。だからインナーマッスルって言われるんですけどね。ちなみに右半分はお腹の筋肉を取り外してます。
では、続いてコレ!

上の図は内臓を取り外した腹部の筋肉群。青くマーキングしてある部位が大腰筋です。そう!大腰筋は内臓のすぐ裏に位置してるんですよね。なので大腰筋がコリが出て固くなると腸の働きが悪くなって便秘や消化不良を起こす事もあります。ちなみに腸腰筋とは大腰筋と腸骨筋を合わせて言った総称なんです。細かく言うと小腰筋ってのもあるんですが現代人は退化して無い人も多いので省略。

続いて青くマーキングしてあるのが腸骨筋。働きは大腰筋とほぼ同じ。

では、先程も書いた腸腰筋が動かない事が重要とはどんな事かと言うとまたまた新たな図解で説明。


上の図は一部だけ抜き出した図。実は腸腰筋は骨盤をまたいで下半身に繋がっている筋肉なんです。

人の筋肉は上半身と下半身を骨盤を境にすると腸腰以外は上半身と下半身をまたいでいる筋肉は無いのです。

上半身と下半身をつないでいるので腸腰筋に力入れて固めると姿勢保持に大きな役割をします。コレがいわゆる体幹がある無いなんて話になってくるやつですね。

例えば背筋を伸ばして立ち続けるなんて姿勢は腸腰筋が弱い人は腸腰筋をしっかり固める事が出来ないので骨盤が丸まってきて猫背になってきてしまいます。

アスリートにとってはスポーツにおいて姿勢の保持は動作の正しい再現性を生み出します。

次回はどのような姿勢の保持に特に腸腰筋の強さが左右されるのか?もしくはその姿勢の保持の低下による腰痛や様々な疾患など掘り下げお話しします。

まだまだ続きます!

腸腰筋!














お久しぶりです(笑) 

 

ブログを全然書かなくなってましたが

やはりそれはダメだと実感!

 

なぜなら、発信していかなければ

 

よくならない、その症状に気が付かないことがあると思い、書くことにしました。

 

その第一弾としてまずは一番に書こうと思ったこと

 

それは腸腰筋!!

 

何回か以前も書いたことがあるようなないような(笑)

 

ともかく腸腰筋は大事!

 

開業当時は腸腰筋をあまり治療する意識もなかったのですが

 

当院は何らかのスポーツをやっている方の来院が多いので必然的に

 

腸腰筋の疲労やコリによる運動パフォーマンスの低下を怪我と一緒に

 

抱えてくる方が多いことがわかってきました。

 

特に腸腰筋の疲労が起こると顕著な症状はいくつかありますが

 

代表的な症状に

消化不良、便秘、ランスピードの低下、太もものだるさ、内股の痛み

股関節の痛み、腰の痛み、お腹の下部の痛みなど。

 

ただ、何年も腰を痛めている人はスポーツをしていなくても

腸腰筋は硬くなっていることが多いです。

 

実際には腸腰筋由来の症状はまだまだほかにもあります。

 

腸腰筋が硬くなると本当に様々なところに不調が出て、

本人も自覚がない不定愁訴もあります。

 

では実際に腸腰筋が硬くなっているサインはどのように

わかるのか?

 

それは股の付け根をぐりぐりと押してみてください。

 

その時に痛みがあって上に書いたような症状や疲れやすさ、

原因不明のコンディション低下があれば一度腸腰筋を緩めると

改善されますよ。

 

まれに腸腰筋が原因でも

股の付け根に痛みがない場合もあります。

 

ぜひ気になる方はあつまる施術院にご相談ください。

 

次回は腸腰筋のしくみと重要性をお話しします!

 

「腸腰筋」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

最近、更新が少し空いてしまいました

(>人<;)

{7DEF31D6-BA09-484C-8CBA-A1A9FA8846B6}

今日は捻挫についてお話ししたいと思います(。・ω・)ノ゙


何故、捻挫について書くか?( ̄◇ ̄;)


それは捻挫してる患者さんの来院が急増しているから‼︎単純です(>人<;)

 

ではまず、捻挫の定義とは?

 

関節に過度の負荷がかかり、

レントゲンなどで診断した結果、

 

骨に異常がない状態での関節のけがを

捻挫と呼びます(。+・`ω・´)キリッ

 

骨に異常がないからと言って全然大丈夫な

けがではありませんよ(゜д゜;)

 

下手すると捻挫のほうが骨折よりたちが悪い(´_`。)

 

酷い場合は関節周辺の靭帯の損傷、または軟骨組織の損傷があります、放置しておくと関節の可動域異常を起こします。


よく、捻挫してからその部位の関節が長い期間、動きにくくなった(-_-;)って人は多いのでは?


なかには変形性関節症に至り関節自体の不可逆的疾患 (もう元には治らないっていう意味)を患う方もけっこいういます。

 

そして、やはり捻挫は癖になる(x_x;)

 

特に足首( ̄□ ̄;)!!


それは捻挫のせいで可動域が狭くなったり逆に関節を支えている靭帯が伸びたり切れたりして広くなり過ぎてしまい起こります_(:3」z)_


運動をされる方は足首の捻挫は多少の痛みならすぐに運動を再開される方が多いと思われます。


ただ、痛みだけで判断し、痛みが軽減したからすぐに運動再開ᕦ(ò_óˇ)ᕤではマズイ場合がよくあります。

 

早く運動を再開する事でさらなる疾患を増やす可能性もあるからです(๑˃̵ᴗ˂̵)


 

しかし、動かしながら治すことが悪いわけではありませんヽ(゚◇゚ )ノ

 


ずっと固定をして安静にしていれば

当然その部位の組織は固くなります。



 

そうすれば可動域が狭くなりいざ運動を

始めたらその影響でほかの部位を痛める可能性も高くなりますし、先程述べたように可動域の狭さからまた捻挫をしてしまうリスクが高まります(-_-;)

 

では、どうすれば?


これは僕自身の持論でありますが端的に言うと鍼治療して正しく固定して動かす

\(^o^)/

 

コレに尽きます(๑>◡<๑)


もちろん、捻挫の程度次第ではすぐに病院送りにしちゃう事もありますが、その病院もこちらで責任を持って紹介します(^o^)/


鍼治療しながらのリハビリは凄い効果ですよ。特に捻挫をしてからすぐの治療であればあるほど効き目は抜群。


当院に来られるアスリートの患者さんも回復の早さに驚く方は多いです( ̄◇ ̄;)


早期回復するためには心臓の力を落とさない。そして関節の固さを作らない。可動域を正常に保つことヽ(´ー`)


是非、捻挫にお悩みの方はご相談ください(^o^)/






 

 

 

 

 

 

 

 

前回は鵞足炎。

今回は坐骨神経痛

最近、坐骨神経痛の患者さんが増えてきて、ちゃんと書いておこうと思いました。

では坐骨神経痛はどんな疾患?

坐骨神経痛とは坐骨神経が何らかの影響で障害を受けて腰からお尻そして足までの痛みもしくはしびれ、筋力低下による歩行困難など様々な症状を起こすことをいいます。

何でなるの?

1 腰痛由来の場合
腰痛により下肢の坐骨神経に影響をだしてしまう。ギックリ腰、慢性腰痛、ヘルニアや脊柱管狭窄症といった疾患からくるタイプ。

2 梨状筋症候群からくる場合
梨状筋という筋肉が坐骨神経のすぐそばを通っており、その梨状筋が何らかの影響で硬くなって坐骨神経を圧迫してしまう。中には先天的に梨状筋の中を貫いている場合もあり、その場合は症状が出たら手術を要することもある。  

3 原因不明の場合
病院に行って調べてもらってもわからない。MRIを撮っても原因がさぐれない。圧迫している痕跡や場所が特定できない。
この場合は僕の個人的見解ではストレスからくるものが多いと思われます。この場合は結構長期化する人は多い。

ここで坐骨神経の通る場所を見ましょう。
{124E0CA7-E902-4F47-8E67-F95F65F83CE0}

この赤丸の所がお尻付近の坐骨神経のルート。

だいぶ狭い所を通ってます。

さっきも梨状筋症候群で書きましたがこの図と同じルートになってない場合は坐骨神経の上に位置している梨状筋の中を貫いていたり、さらに狭いルートを通ってる場合もあります。

あとはランニングでストライドの広さが負担になり、出る場合もあります。

さて、当院での治療ですがこの坐骨神経痛はまずは鍼での治療になります。正直、かなり治癒率は高い方だと思います。特に発症して間もない方はほとんど完治します。

では治りが遅い人は?

患っている期間が長い方。過度のストレスからくる方。

とは言っても来院されたほとんどの患者さんが治療期間に幅はありますが回復しています。

とにかくこのような症状が出ている方は是非ご相談くださいm(_ _)m

最近、よく膝の内側が痛いと訴えて来る患者さんが多いんです。

 

その方たちの8割は鵞足炎です。

 

鵞足炎とは?

 

簡単に言うと三つの筋肉(半腱様筋、薄筋、縫工筋)が膝の内側の同じ場所にくっついていてそこが擦れあって炎症を起こす炎症症状のことです。

 

では、どうのような動きをするとなるのか?

 

それは膝が内側に入る状態。(X脚)や膝から下が外にねじれるような動きなどを行うと出やすくなります。

 

スポーツ的な動きでは走っている最中の突然の方向転換、踊りでのターン、ステップ、長距離のランニング、平泳ぎのキックなど。

 

他にはソールが削れて偏った靴でのランニング、捻挫癖がついた足首、エックス脚の人、ハムストリングスが固い、もしくは内転筋が固い。ハムストリングスと内転筋の筋肉が少ない人。

 

解決策は?

 

軽度(走るときや歩行中に少し痛みがある)ならまずはハムストリングスと内転筋のストレッチ。

 

中度や重度(安静時も痛い。寝返りするだけで痛い。あぐらで座れない。歩行時常に痛い。)なら間違いなく鍼治療。

 

しかし最終的に出現させなくするにはハムストリングスと臀部をしっかりと鍛えることです。

 

ちゃんと対応しないと長引く疾患です。

 

ご心配な方は是非、気楽にご相談ください。 治療もその後の再発防止のケアの仕方までお話しますよ。