Yahooブログで近々に書きたいと思っているのが、「AKB48 Team 8 1年間のキセキ」です。

30分ほどのその1年を、AKB48グループではおなじみの、高橋栄樹監督ならではの映像ドキュメンタリー。

直近に『4』が公開されていますが、これをみると、やはり8メンバーに思いいれがどんどん深くなっていきます。

 

今回の世界選抜総選挙、チーム8からは下記のランクインメンバーがいます。

27位 :大西桃香(奈良県)   9,481票
37位 :倉野尾成美(熊本県)  8,293票
49位 :小栗有以(東京都)   6,727票
56位 :本田仁美(栃木県)   6,466票
60位 :中野郁海(鳥取県)   6,386票
61位 :岡部麟(茨城県)    6,192票
71位 :坂口渚沙(北海道)   5,774票
81位 :橋本陽菜(富山県)   5,272票
87位 :長久玲奈(福井県)   5,077票
88位 :小田えりな(神奈川県) 4,979票
98位 :永野芹佳(大阪府)   4,392票
99位 :山田菜々美(兵庫県)  4,380票
100位:太田奈緒(京都府)   4,369票
103位:佐藤朱(宮城県)    4,292票
119位:佐藤栞(新潟県)    3,548票

 

101位以下でも両佐藤が入っていて、圏内に13人、もちろん過去最高のランクイン、速報ですが、苦労した彼女たちが少し浸透してきたかに感じます。

 

でも私は、彼女たちの票数を見ると、各県代表の彼女たちが挑むこの総選挙の難しさも正直感じますね。

箱押し、太いオタ、そういう通常の総選挙の常識とは違うということを痛感しますね。

個人の県代表を推すのか?それとも47人(欠員はありますが)という大所帯の8を押すのか?

 

今回チーム8メンバーが各チームに兼任という形で割り振られていて、とくにりんちゃんは、キャプテンにまでなってしまっている。

来年の総選挙では様変わりしそうですが、今年が最後の純粋チーム8での参加になっていくのか?

 

投票する側にしても、8のメンバーはみんな娘のような、妹のような、誰がどうと出来ない存在に思えてきます。

地域票のような強い力が加われば、もっと上位にメンバーがいける気もしますが、なんかもどかしい、ランクインして当たり前の歯を食いしばって頑張ったメンバーがもっと多くいるんですがね。

 

一番負けん気の強いなるちゃん

 

朝動画で頑張り続けた大西

 

超絶アイドルなぎさ

 

そして弾き語りでホンワカくれにゃん

 

大人っぽくなったいくみん

 

今の一押しのよこゆい