ご寄付のお願いをしている中で、目標金額が高すぎるとのご意見をいただくことがあります。
  
確かに教室を移転するだけであれば、こんなに多額の費用は必要ありません。
  
詳しい紹介に入る前に、そもそもこの金額を設定したい背景にある想いについてお話しします。
  
2010年から8年学習支援をやってきましたが、始めた当初は、私たち自身も世間一般にあるような塾をやろうと思っていました。
要は、勉強を教えて学力をつければなんとかなるだろうと思っていたんです。
  
ただ、子どもたちと出会うにつれ、それは違うと気づかされました。
 
学力をつけるとか、勉強に取り組む云々の前に、日々が安定していないんです。
家や学校での生活が不安定というか、何かしらそこで困りごとを抱えていて、安心できる場所や時間が子どもたちにはないんだということに気づきました。
 
どういう高校に行くか、大学に行くのか行かないのかといった将来のことを考える前に、この子たちは現在困っている悩みがある。
 
将来のことを何とかしようとする前に、まずは今、安心できる場所・人を子どもたちに届けることが何よりも大事だと思い、そこから「いかに子どもたちに安心してもらえるか」ということに注力してきました。
 
そこからさらにいろんな子どもたちと出会いました。「聞いてや〜。今日塾来る前に親から殴られてん。」という生徒にも出会いましたし、テスト期間で学校給食がなくなると「今日何も食べてないねん」という生徒にも出会いました。
 
そんな子達と、僕たちは学習塾で出会いました。「勉強」を切り口に、そんな子達と接点を持ちました。
 
塾だから、学習の場だから学習の機能だけあればいいというわけではなかったんです。
 
何かあった時に、いつでも来れて、何をするでもなく過ごせる空間も必要です。
 
人には聞かれたくない話を相談できたり、一人になりたい時になれるための個室のような空間も必要です。
 
「腹が減っては戦はできぬ」と言うくらいですから、お腹が空いたままでは十分に勉強もできません。調理するためのキッチンや、食事を食べるための空間も必要です。
 
もちろん、十分に集中できる環境で勉強に取り組める空間も必要です。
 
「全部あったら最高だな」と思ってました。いつかそんな塾を作ろうと。子どもたちの日々の中に溶け込む、塾だけど第二の家になれる場所を。
 
そんな時に、大阪北部地震が起きました。地震が起きる前も様々な悩み・困りごとを抱えていた子どもたちを、地震が襲いました。
 
彼ら・彼女らに安心を届けようと思った時に、今のままでは不十分なのではないかと思いました。
 
なので、今回の塾の再建は、「今までやってた塾の再建」ではないんです。
地震という大きな災害に見舞われた子どもたちが、当時の恐怖を忘れることができるくらいの安心を感じられる、そんな塾の再建なんです。
 
そんな塾を作ろうと思い内部で検討を行った結果、大きな目標だけれども、子ども達により大きな安心を届けるためにこれくらい必要だという結論になり、11,600,000円という金額を設定しました。
 
大きすぎる目標じゃないかと思われた方もいると思います。
単に学習だけの場所であれば、僕らもここまではこだわりませんでした。
繰り返しになりますが、僕らの塾の根本は子どもたちに安心を与えることです。その安心があるからこそ、子どもたちは勉強や、自分の将来に対して一歩を踏み出せるようになります。
 
どうか、地震の被害を受けた子どもたちに安心を届けるために、大きい目標ではありますが、皆さんの力を貸してください。
よろしくお願いいたします。

 


  
【寄付金使用用途内訳】
(1)新物件の初期費用(敷金・礼金等):400万円
JR高槻駅又はJR摂津富田駅周辺で50坪(約160㎡)程度の教室を探しています。
家賃の坪単価を8,000円とした場合、月額家賃は8,000円×50坪=400,000円になります。(JR高槻駅周辺の物件で家賃の坪単価は6000円から8000円程度)
その家賃をもとに敷金・礼金・保証金を月額賃料の10ヶ月分と想定しました。
 
 敷金・礼金等 400,000円×10ヶ月=4,000,000円
 
※事務所等の事業用物件の敷金・礼金・保証金の相場を月額賃料の6ヶ月から10ヶ月分と想定
 
(2)塾の内装工事にかかる費用:300万円
内装費用は通常坪単価10万円程度が見込まれるところ、一部DIYなども行い、極力、安価に抑えることを想定し、坪単価60,000円と設定しました。
 
 内装費用 60,000円×50坪=3,000,000円
  
(3)空調等の初期設備費用:250万円
旧教室のエアコンが継続して使用できるか現時点で不確定なため、新規購入を想定して計算しています。
ただ、旧教室のエアコンの状況や新規物件の設備状況によってはエアコン費用が不要になる可能性もあります。その場合、空調費用として見込んでいる100万円はすべて塾利用者の授業料負担軽減のために使用させていただきます。(空調費用以外でも実際の費用が当初の予算を下回った場合や寄付が予想以上に集まった場合は授業料負担軽減のために用いるものとします。)
  
また、食事提供等のための調理用機材、食器等の購入も想定しています。詳細は以下の通りです。
  
・エアコン(業務用8馬力×2台)※取付工事費用含む。
 本体代 400,000円×2台=800,000円
 工事費 一式200,000円
 
・調理用機材(IHシステムキッチン・冷蔵庫・冷凍庫・電子レンジ・炊飯器等)
 システムキッチン 500,000円
 その他調理機器等 150,000円
  
・食器・調理器具等(茶碗・皿・はし・鍋等)
 50,000円
  
・事務用備品(パソコン・書架・事務机等)
 220,000円
※事務用備品等については、現在使用中のものを優先的に継続使用し、破損、不足している備品等を補充することとします。
  
・教室用備品(学習用机・椅子等)
 425,000円
  
・防災用品(家具固定・非常持ち出し袋・ガスコンロ等)
 155,000円
  
(4)移転等費用(引っ越し費用及びその他雑費):50万円
・引っ越し費用 
 300,000円
  
・雑費(返礼品作成費用、看板作成、封筒・住所印等作成費用)
 200,000円
  
上記費用のほかクラウドファンディングの手数料として160万円程度が必要になります。
  
なお、繰り返しになりますが、上記の予算は新しい物件が50坪程度の広さで、且つ塾機能だけでなく、食事提供等の居場所機能も含めた場合を想定しています。
  
実際の物件等によっては、上記予算を下回る場合がありますが、その場合は利用者の授業料軽減のために使用させていただきます。
 
────────────────── 
 
▼▼渡塾高槻校再建のためのご寄付は↓からお願いします▼▼
https://camp-fire.jp/projects/view/84621
  
※今回のクラウドファンディングはall or nothing方式のため、寄付金額が目標金額に到達しなければ、一切、寄付が行われません。なんとしても期限内に目標金額を集めることが必須です。
  
──────────────────
  
目標金額:11,600,000円
現在の寄付金額:4,802,500円(達成率41%)
現在の寄付者数:297人
クラウド終了まで:あと13日
※2018/7/18 22:30現在