すしの歴史① ~すしは中国生まれ?!~ | 大将のひとりごと

大将のひとりごと

岐阜県岐阜市の出前すし専門店 あっと鮨 です。 ここでは、ホームページ内ではご紹介し切れない おすしの話や、大将の日常を、綴って参ります。

  私のような半端もののすし職人が歴史を語るには、

かなり力不足ではありますが、著名なすし店のご主人が、

書かれた書物を参考にさせて頂きながら

話を進めていきたいと思います。(
鮓・鮨・すし―すしの事典
吉野 昇雄)


 すしを表現する文字はたくさんあります。

寿司、寿し、酢、鮨、、、
(ほかにもあるのですが、変換ができないのであしからず)

 寿を使ったすしは、近来のすし店が、

縁起を担いで作った造語です。

本来のすしの意味は、
という漢字にあるようです。

 鮨という文字が使われ始めたのは、

実に2000年以上も前中国での事になります。

「魚を調理した食品」という意味で使われ、

すしを表す文字の中では最古のものになります。

しかしそれは、現在のすしとはまったく違って

「魚の塩辛」のような物だったようです。

その後西暦200年ごろ塩と米を使って魚を漬け込む

という調理法が生まれ、それが日本に伝わったのが

現在の鮒すしなどの原型と言われております。

            
                  
次回 すしのはじまり(語源)