@茨木町家文化フォーラム

@茨木町家文化フォーラム

茨木が大好き!町家が大好き!な人たちの集まりです。


テーマ:

☆ 夏の見学会 ☆

  7月26日(木) 

 夏の見学ツアーをしました。去年の秋の見学会のリベンジ!浄土寺浄土堂!

 前回は曇り空でしたので梅雨明け、夏空が広がるこの時期に行ってきました。

 日没までの間に鳥取県智頭まで足を延ばしました。

 ・箱木千年家~宿場町ひらふく~智頭宿~浄土寺浄土堂~茨木市

 

 ○箱木千年家

  昭和42年6月、重要文化財の指定を受けました。

  しかし、昭和52年、呑吐ダム建設に伴い水没することになったため、

  旧位置から約70m東南の造成地に移築されることになりました。

  解体発掘調査の結果、現在建っている形が元々の姿であることが分かったそうです。

 

  箱木千年家 ウェブサイト

 

  

 

  

 

  

 

  

 

 

重要文化財の指定を受けてますが、維持するのは大変だと感じました。

興味のある方は是非行ってみて下さい。

 

 ○宿場町ひらふく

  兵庫県佐用、鳥取へと続く因幡街道にある宿場町です。

  日本海と瀬戸内海の物資の流通路でもあり、江戸の頃には多くの人々が往還しました。

  そしてこの街道筋最大の規模を誇る「平福宿」にある「川端風景」は、往時の旅を

  彷彿させる素晴らしい景観です。

  また剣豪「宮本武蔵」が初決闘をした場・金倉橋もこの宿場町にあります。

 

  宿場町ひらふく参考ウェブサイト

 

   

 

   

 

   

 

  

 

  道の駅 宿場町ひらふくでランチしました。

  こちらの名物料理、しかコロッケ定食を頂きました。

  鹿肉ですが臭みがなくあっさり、サクサク、ホクホクで美味しかったです。

  こんにゃくラーメンも名物だそうです。

 

  宿場町ひらふく 参考ウェブサイト

 

 ○智頭宿

  因幡街道にある鳥取県の宿場町。

  「杉のまち」として知られるこの地域は杉玉でも有名です。杉玉は造り酒屋が新酒を

  仕込んだ後に、酒蔵の軒先に吊るされるものですが、今では酒屋だけでなく一般の

  家屋の軒先にも吊るされ、智頭町のシンボルになっています。

  散策途中に杉で作られた面白いフクロウを見つけました。この地域ならではの

  玄関飾りです。

  

  鳥取県智頭町観光協会 HP

 

「智頭 杉玉」の画像検索結果  

杉玉                      

 

フクロウの杉玉

 

  

 

 

 

 石谷家住宅

  江戸~昭和という長い歴史の重なりを見ることができる貴重な和風建築。

  2009年10月重要文化財に指定されました。

  

  古くは江戸時代末期ころから、昭和時代にまでわたって、各期に建設された

  歴史的建造物が数多く残っています。このうち主屋や多くの付属室は、

  大正八年にはじまり昭和四年に終わる、一連の大正新築工事によって

  建てられたもので、その他の江戸時代、明治時代に建築されたものは、

  この時に取り壊されたり、大きく手が加わっています。

 

  鳥取県智頭町観光協会 HP (石谷家住宅)

 

  

 

 

   

                          本玄関

 

 

                       

  

 土間                     土間の吹抜

 

 

土間を1段上がると囲炉裏の間                     

 

  

土間にある女中部屋の2階に上がると土間上部の梁の大きさが確認できます。

 

   

本玄関 ホール               和室応接               

 

江戸座敷へと続く廊下

 

    

新建座敷広縁から江戸座敷、茶室を望む   江戸座敷から望む

 

  

江戸座敷                                     

 

  

螺旋階段                   太鼓橋

 

屋敷内にある2つの階段、客人用と家人用でしょうか。

 

 浄土寺浄土堂

  浄土寺は、鎌倉時代のはじめ、重源上人が建立した寺院です。

  敷地中央に八幡神社、その前に池をはさんで浄土堂と薬師堂が

  向かい合うという珍しい配置となっています。

  浄土堂と堂内の阿弥陀三尊立像はともに、国宝に指定されています。

 

  国宝「浄土堂」は、大仏様(天竺様)という建築様式を用いた建造物で、

  東大寺南大門とともに大仏様を伝える数少ない建物です。

  また、浄土堂内には、全長5.3m、名仏師快慶作の国宝・阿弥陀三尊立像

  があります。夕方になると、堂内西側の蔀戸から西日が射し、床に反射して、

  仏像は赤く染まっていきます。

 

  今回は快晴でしたが…数分間夕日が差し込み内部は明るくなりました。

  仏像が赤く染まるまではなかったのですが・・・、

  本当に絶妙のタイミングが必要なんだと思います。

  

 

※写真がNGのためパンフレットをスキャンしました。

 

  

 

 

 

 ○   仕上げはやっぱり懇親会、茨木市駅近くの「天狗」で美味しく食べて!飲んで!

    楽しいひと時を過ごしました。 お疲れ様です。また次回の企画をお楽しみに!

 

 ○次回定例会の予定

   11月7日 水曜日 開催致します。

 

        ※毎月原則第1水曜日に開催しています。

         

  場所:茨木市民活動センター

         クリエートセンター:南棟2階

           (交流サロンもしくは会議室、当日の状況によります。)

 

  時間:18:30から21:00くらいまで。

    (お仕事の都合などでの途中参加も、全然問題ありませんので、お気軽に。)

    

 次回定例会も皆さん是非参加して下さい。

 途中参加も大歓迎です!

 

By kobo-H.N

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス