2月公演予定

テーマ:

またもやブログ更新が滞ってしまい前回の更新がほぼ一年前になってしまいました!

 

その間に色々なことがありたくさん書きたいことがありますが、今日は2月の演奏会の告知をしたいと思います。

 

 

2月3日㈰14時30分開演です。浜松国際ピアノコンクール後初、そして東京での久々のリサイタルになります。

ライプツィヒと関わりのあるバッハ、ブラームスの作品、そしてショパンの代表作であり自分にとっても挑戦である「葬送」のソナタを

演奏します。

 

限定50席でアットホームな空間で演奏をお楽しみいただけたらと思います。興味がありましたらimadaatsushi@gmail.comまでご連絡ください!

 

4月のコンサート

テーマ:
ライプツィヒは最高気温が-4℃最低気温が-12℃という今までに経験したことのない寒さの中生活しています。

さてこんな寒さを忘れるために春のコンサートのご案内です。4月6日に学校創設175周年ということでライプツィヒに関わりのある作曲家のOp.1を演奏するという企画のコンサートがあり、僕はブラームスのピアノソナタ第1番を演奏します!

この作品は1853年にライプツィヒのゲヴァントハウスにて初演された作品で150年以上の時を経て、同じ街で演奏できることを大変嬉しく思います。

また、当日はラジオ録音もされ後日放送されるそうです。詳細が分かり次第またブログに掲載したいと思います(^^)恐らく日本からも聴くことが出来ると思うのでより多くの方々に聴いていただきたいです(*^^*)

コンサートについてはこちらから

新聞記事

テーマ:

大変ご無沙汰しております。前回の投稿からまたまた長らく時間が経ってしました。まずは現在の報告から。。。

 

昨年9月からドイツ・ライプツィヒに住むことになりメンデルスゾーン音楽演劇大学の学生として生活しております。

今までドイツ語の勉強は殆どしてこなかったので(学部生の時に一年間だけ履修していましたが全て忘れていました)、平日毎日語学学校に通いながら練習、レッスンをこなすといった日々を過ごしております。

 

さて、これまただいぶ日にちが経ってしまいましたが昨月読売新聞浜松版に記事を掲載していただきました。

地方版ということで見られない方も多いと思いますので写真を添付したいと思います。