―家族同士で遊ぶこと

 

カナダでは家族同士で会うことも多いです。

お父さんも、お母さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも

友達の友達も、時にご近所の人も。

みんな集まって庭でBBQ,公園や湖に集合してピクニックやハイキング

またはどこかのレストランに集合したり

観光地を一緒に回ってくれてその後一緒に食事して、など。

明るく挨拶して、食べて飲んで笑って

大人がそうこうしている間に子ども達もあっという間に集まって打ち解けて遊び始めて。

カナダの人々は明るく、社交的です。


 

 

 

 

―子ども達、友達と遊びに

 

子ども達が友達と個人的に会って遊びに行く機会も増えました。

家に行ったり、市民プールに行ったり、一緒に食事に出かけたり。

英語通訳(=母)も要らなくなった今、また彼らの年齢から考えても

きっと友達と遊ぶ時間が一番楽しいだろうと思います。

 

 

 

―カヌー

 

車で30分ほどの湖へカヌーに。

日光に当たると美しい緑に光る済みきった水は

カヌーで漕ぎ出せば湖の底も、その間を泳ぐ魚も見られます。

山の湖の水の冷たさ、美味しい空気、小声で話しても遠くまで反響する静けさ。

漕いで止って下を覗いて、漕いで止って真っ青な空を仰いで

漕いで止ってマフィンと飲み物で休憩。

カナダの自然はいつ触れても興味がつきません。

 

 

 

―ベリーの季節

 無類のラズベリー好きの娘のカナダに来る前の願いは、

「カナダでラズベリーをたくさん食べること」でした。

カナダに行ったらラズベリー摘みに行こうね、と話していたら

学校の敷地内にラズベリーの木があり

みんなでお世話して熟したらつまんで食べたからもう行かなくていい、と。

友達と食べたラズベリーはどんなラズベリーよりも甘酸っぱくておいしかっただろうに。

 

 

 

イチゴも授業で育てたそう。これも友達と摘み食い。