卒業式

テーマ:

桜3月23日(金)は長女の小学校の卒業式でした。桜


主人もお休みをとって一緒に行ってきました。


児童一人一人が壇上にあがり校長先生から卒業証書をもらいました。総勢132名です。

うちの娘は出かける前からハンカチでは足りないから、タオル持っていこうかな?とか言っていたので、主人から「ポケット膨らんで変だからハンカチにしておいたら」とか言われていました。


どうなるのかと思っていたら、初めは大丈夫のようにみえました。でも、やっぱり卒業生全員が舞台に上がり呼びかけ形式で一年生からこれまでの思い出と、感謝の言葉を一人一人リレーしてゆく。その間に4曲の歌音譜が盛り込まれていた。かなり早い時期に娘の表情が変わってきた。保護者席からでも泣くのをこらえている表情がはっきりと見て取れる。そして、一小節を歌い始めるとしゃくりあげそうになっていた。全体を見渡してもうちの子が一番にハンカチをだして、顔を真っ赤にして泣き出していたしょぼんそれを見て私も涙が止まらなくなってしまった。うちの子の言葉はいつなんだろう。。。かなり皆が大きな声ではきはきと発声しているので、心配でならなかった。終わってみると最後のほうでしたが、泣きっぱなしだったので鼻声で低い声が更に低音でなんとか言えていました。そしたら、2回言葉を言うので後で聞くと、証書を受け取った一人のクラスメートが発熱しており、立っていられなかったので代わりに言う役だったそうだ。よりによって。。。


そして泣きながらこの歌を歌ってくれたベル


白い光の中に 山なみは萌えて


遥かな空のはてまでも  君は飛び立つ


限りなく青い空に 心ふるわせ


自由を駆ける鳥よ 振り返ることもせず



このひろい大空に夢をたくして



懐かしい友の声 ふとよみがえる


意味もないいさかいに 泣いたあの時


心かよったうれしさに 抱き合った日よ


みんなすぎたけれど 思い出強く抱いて


勇気を翼にこめて希望の風にのり


このひろい大空に夢をたくして




今、別れのとき


飛び立とう未来信じて


弾む若い力信じて


このひろい


このひろい大空に
200703231239000.jpg



この週末は今までたまったビデオテープの整理をしていましたが、途中から家族でビデオ鑑賞会になりました。

語尾に幼児言葉が残っているものから、大泣きした先日のまで。。。それはそれはいろんなことが詰まった12年間でした。私の12年を振り返るのではなく、家族のそれを振り返り、つくづく一緒に沢山の経験をさせてもらったなぁ~と思いました。大変だったのは過ぎると忘れて、楽しかったこと、嬉しかったことがタクサンあったな~と、感謝の気持ちでいっぱいになりました。


ほんとにほんとにありがとね汗そして、これからも『がんばろうぜィ』観覧車


リボン旅立ちの日に




勇気を翼にこめて希望の風にのり
AD

お祝いの月

テーマ:

今月は祝い事続きなんです。


3.3のひな祭り、3.7の私の誕生日(恐縮ですあせる)、そおして長女の小学校卒業に伴う「卒業を祝う会」=昔の謝恩会?!ですね。3.11娘たちの日頃の練習の成果?!?を見せるピアノの発表会ブーケ1、そして、長女の誕生日が3.13、卒業式が3.23とまあ続きに続きます。


『卒業』の言葉だけでも泣けてきそうなのに、「卒業を祝う会」では児童は楽器を演奏し、先生方は送り出すにふさわしい「詩の朗読」をしてくれました。そして、母達はお決まりですが、合唱をしました。それはこんな楽曲でした。


音譜                          音譜


ほら足元をみてごらん  これがあなたの歩む道


ほら前をみてごらん  あれがあなたの未来


母がくれたたくさんの優しさ  愛を抱いて歩めと繰り返した


あの時はまだ幼くて意味など知らない  


そんな私の手を握り 一緒に歩んできた


夢は いつも 空高くあるから


届かなくて怖いね  だけど追い続けるの


自分の物語  だからこそ諦めたくない


不安になると手を握り  一緒に歩んできた


その優しさを時には嫌がり  離れた母へ素直になれず


ほら足元をみてごらん  これがあなたの歩む道


ほら前をみてごらん  あれがあなたの未来


未来へ向かって  ゆっくりと歩いて行こう


音譜                       音譜   

Kiroro, 玉城千春, 重実徹
未来へ

  

なんだかこれまでのいろんな娘とのやりとりが、小さいころからのスナップ写真をみているがごとく思い出されてしまい、リハーサルでは涙がとまりませんでした。周りのお母さん達に詩にはいっちゃダメよ、泣けるから。。。と言われがんばりましたが、最後は私より先に周りの皆さんがボロボロ泣き出していました。なぜなら、指揮者の母がそこここで泣き出した母たちの涙をもらい、号泣しだしてしまい、順番に皆泣き出したそうです。私は顔を上げることが出来ずにいました汗



ここ何年か随分涙もろくなったなぁ~と思います。変な話いつでも泣けそうですよ 本当に。。。

で、いつ頃からかと考えてみましたが、やはり母はお産をしたあの日以来絶対に涙もろくなったなぁ~と感じています。

人=母は感動しては涙を流し、またたくさんの経験を積んで行くんですねぇ~


そして、今度3.23の卒業式に卒業生が歌うのは『旅立ちの日に』という曲です。ちょうど今フレッツ光のCMでSMAPが体育館で歌っているあれです。これにもまた泣かされるのかなあしょぼん




AD