比屋定篤子 亜熱帯日和ブログ

シンガー/ソングライター比屋定篤子
(ひやじょうあつこ)ライブ情報や日々のこと


テーマ:

先日のサウンドエムズで行われた「Hybrid Trombone live」にお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

今回8回目というハイブリッドトロンボーンライブでしたが、実は7回目のライブに伺うつもりでした。ゴージャスな編成にも興味があったし、メインのトロンボーン4本の和音をぜひ聞きたいと思っていたのですが、子どもの誕生日だったのでお祝いを優先して、足を運べませんでした。

 

しばらくして、ハイブリッドトロンボーンの真栄里さんから「次回はボーカルを入れてライブしたい」と連絡をもらい、即、お引き受けしました。

選曲をすべてお任せしたのですが、私のオリジナル9曲を選んで、アレンジ、演奏してくださることになりました。これには本当に驚きました。メンバーのお一人に私の作品は全部持っている、という方がいらして、選曲してくださったようです。なんとも嬉しい選曲のされ方です。歌手冥利につきます。

 

当日も直前までリハーサルをしたりと、スリリングな部分もありましたが、本当に楽しいライブとなりました。1st,2ndセットともに1、2曲目はインストの曲でバリっとお客さんの耳を惹き付けて、アドリブなども披露されていましたが、暖かくふくよかな音色が会場を包みこむトロンボーン4重奏は聞いていて気持ちよかったです。ピアノ、ベース、ドラムもしっかりとリズムを支えていてとても素晴らしかったな。

 

今年デビュー20周年となりますが、歌い続けているからこんな楽しいことにも出会えるんだな、と思いました。今年もぼちぼちながらもいろいろな場所で歌って行けたらと思います。

 

来月は関東の方に出かけてライブをします。また楽しい時間が過ごせるな〜と今から楽しみです。今回は録音もします。新作を出すのは久しぶりになるのでぜひ楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先週は四国、大阪で歌ってきました。

笹子さんとのデュオで。

四国は愛媛のみでライブの経験はありましたが、他の3県は訪れたこともありませんでした。今年のはじめごろにふと思い立ち、松山ブエナビスタ、四万十ノラレコードに連絡をとって、四国ツアーを実現したいと計画し始めました。徳島の方にもつないでいただきました。

香川だけはなかなか場所がみつからず、最後までいろいろとあたっていましたが、高知市でのライブを引き受けてくださるお店がみつかり、高知県は四万十市と高知市と二カ所で、ということになりました。徳島からは神戸に高速バスで2時間くらいと知り、四国のあとに大阪でライブをすることにして、計5公演のツアーが決まりました。

 

 

「比屋定篤子with笹子重治 四国、大阪ツアー」

 

□6/28(火) @松山ブエナビスタ

当日の松山入り。そのまま会場へ行くことになっており、空港には四万十から着いたばかりのビックご一家が迎えに来てくれて、先に松山入りしていた笹子さんと合流してみんなでブエナビスタへ。四万十ノラレコードのビックさんご一家は、松山のライブからご一緒してくれました。

久しぶりのブエナビスタ。8年ぶりという話しでした。そんなにたってたか〜。海のそばにある店でいつもは夕日が綺麗なのですが、梅雨らしいあいにくの天気。それでも気持ちよい場所で、店内からは広がる景色がよく見える。笹子さんとは4月以来で、リハーサルをたっぷりと。四万十ライブから参加してもらおうと思っていたビックさんにも、この日からパーカッションで出演してもらうことにして、音合わせしました。だんだん日も暮れて来た頃、本番。たくさんのお客さんが来てくれてありがたかったです。会場でうちあげもしていただきましたが、そこに笹子さんのために三日煮込んだというテビチが!プルプルでうまし。98年くらいからのお知り合いの方々もいらして懐かしかった!

 

 

 

□6/29(水) @四万十ノラレコードにて

少し早めに松山を出発。ビックご一家とささひやの5人で四万十へ。電車などで移動すると時間もかかる、ということで今回ビックさんに車を出していただき本当にお世話になったのでした。4時間くらいかかったかな。初高知。初四万十。

ノラレコードは古民家を手直しして居心地よい店内にしていったのだろうと思われますが、これが本当に素敵なお店でした。ライブ当日まで問い合わせをいただき、満員のお客さんで本当に嬉しかったです。笑顔で聞いてくれる方が多くて、とてもやりやすいというか、いい気持ちで歌わせていただきました。たくさんのご来場ありがとうございました。

店内の様子を撮り忘れ。お店を閉めたあとの看板前で笹子さんを撮影^^。

 

 

 

 

 

□6/30(木) @高知市モザイク

ビックさんの車で久礼の漁港市場へ連れて行ってもらい、カツオのタタキ丼のお昼。大漁旗の前で写真を撮って、ありがたい気持ち。

そのあと、高知市へむかう途中にある「そうだ山温泉」へ。個人的にとても嬉しい出来事でした。温泉はすごく好きなんだと思う。あんまり行かない分、楽しもうと出たり入ったり何度も何度も。アクが抜けた。ような気もした。。

高知市はモザイクというbarにて。細長いおしゃれなbar。直前に引き受けてくれたお店で、本当にありがたかったです。ビックさんには三夜連続でゲスト参加してもらいましたが、パーカッションが入ると引き締まる〜。立ち見もでるほどのお客さんでした。感謝いたします。モザイクのダンディーオーナー小松さんが誘ってくれた小料理やさんでうちあげ。ここでライブできて良かったな、としみじみ思いました。このあとビックさんは四万十に戻るためにお別れ。本当にありがとう!!

 

 

 

※左ビック氏、右笹子氏

 

 

 

□7/1(金) @徳島 live&barファンキーチキン

この日は高知市内から高速バスで移動。徳島まで3時間ほど。四国は広くて山深い。実感しました。徳島駅ではなんと松山ブエナビスタの坂本さんが待っていてくれて合流。

徳島のライブを作ってくれたポールさん(バリバリ日本人)とも初めてお会いしました。ホテルのチェックインまで時間があったのでみんなで徳島ラーメンを食べに。ごはんと一緒にラーメンを食べるのが徳島流と教えてもらいましたが、最近、胃が年とってきてたくさん食べられなくなったんでラーメン中盛のみ注文。味がしっかりしていて美味しいラーメンでした。そのあと喫茶店でのんびりして、次は阿波踊り会館で観光客用に毎日披露されているという阿波踊りを鑑賞。中腰で長時間ステップはきつそうだ。きっと良い運動になるんでしょうね。

チェックインも済み一度会場で音チェック。ライブ前に阿波踊りの練習を見に連れて行ってもらいました。街のアーケードや、河原の広場でたくさんのチーム(○○連)が練習していて活気がありました。

この日はオープニングアクトでGo Jean Paul & Zomeki Constanteの皆さんがまずステージに。勝手にポールさんとゾメキさんの二人組かと思っていたのですが、バンド名でした。すみません!笹子さんとのライブも4日目。だいぶこなれてきたり、よれてきたりといつもの感じで良い感じ!お客さんも暖かい。

雰囲気のある路地を入ったところにあった「神様」の店でうちあげ。なんでもおいしく作るから神様ということです。確かに全ておいしかった!

 

 

 

 

 

 

 

□7/2(土) @大阪 chove chuva

あっという間に最終日。徳島から神戸三宮行きの高速バスに乗って二時間ほど揺られると着いた。結構近い。通過しただけですが初淡路島。

神戸に宿泊することにして、荷物を一旦置いて大阪ショビシュバへ。二年前にトロピカリズムのお二人と三人でライブして以来。笹子さんとは4年ぶりかも。ここも音楽の神がいる店ですよ。かめ食堂も出店!おいしいのよ〜。店主カナミちゃんもムケッカ出してました。おいしそうだったな。すぐに売り切れてました。

席が一杯になるちょうどのお客さんが来てくれました。大阪のお客さんは反応が素直というか自由。おもしろいんだよな〜いつも。こちらも楽しくなってきます。ありがとう。集中度の高いライブができたと思います。胸が一杯でした。聞きに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

どうなるかしら、と期待と不安を抱えて始まった四国、大阪の旅でしたが、濃い日々を過ごせてとても楽しかったです。すぐにまた行ける場所じゃないかもしれませんが、ぜひ再び歌いに伺いたいものだ、と思っています。

各地で出会えた皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました!

広い四国。いろんな人にまた会いに行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月あたまは気持ちがワサワサとしていました。

というのも昨年11月に発売した「RYUKYU STANDARD」のリリースライブを那覇と名護の二カ所で行うことになっていたので。

今回はゲストなども招かず、私とサトウユウ子さん二人だけのライブにすることにしていたので、5月はたくさんリハーサルをしました。飽きられないでお聞かせできる構成など、サトウさんといろいろ、苦しみつつ、楽しみつつ考える、という感じで。

 

 

□6/3 那覇の桜坂劇場にて本番。

せっかく映画館で行うのだからスクリーンに写真を映し出そう、とジャケットにもなっている山羊さん(新たに描いた)や、小川で遊ぶ子どもらの写真、サトウさんの作品などを投射しました(サトウさんは絵描きでもあるのです)。その状況も気持ちを盛り上げてくれて、本番も無事に楽しく演奏できたように思います。ずっと準備してきたものを今日観てもらうのだ、と思うと感慨深いものがありました。

 

 

この日は私もサトウユウ子さんも、知り合いのデザイナー(ナカシマリョウコさん、オオシロリツコさん)の服を衣装として着せていただきました。Touch me not (ほうせんかの意) というブランドを立ち上げたばかりのお二人で、ビンテージ、リサイクルの着物を使用して一点物の服を作っていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

今回は、沖縄のわらべうたや民謡をとりあげたアルバムだったので、未就学児のお子さんにも聞いてもらえるライブにしました。子どもさんの声なども随所で聞こえて、歌とあいまってすごく良い瞬間もありました。にぎやかすぎるか?という時もありましたが、老若男女、皆さんに楽しんでいただけたなら幸いです。

 

結果的にたくさんの方に来ていただけました。本当にありがとうございました。感謝いたします。集客についてはかなり心配でしたが、ホッとしました。チケット販売に協力してくださった皆さんもありがとうございました。

 

 

 

□6/5 名護 バードランドにて「RYUKYU STANDARD」

名護でライブをするのは二度目で(一度目は10年近く前のことです)楽しみにしていました。私の運転でサトユウを連れて名護まで行く。これだけでもすごいチャレンジ。

当初この日に桜坂のライブをする予定が、急に3日に変更したので、空いた5日は別の場所でライブをもうひとつやろう、と発売元のタフビーツの方が組んでくれたもので、名護にお住まいのbluelagoonの方に仕切っていただいたライブでした。

当日は、とてもたくさんの方が聞きに来てくれて、ご尽力いただいた名護の方々のお力に感動してクラクラしてしまいました。本当にありがとうございました!

この日もお子さんがたくさん来てくれたのですが、会場のバードランドの形がおもしろくて、ステージから少し離れた後方のスペースで自由にしている子どもたちと、ステージ近くで歌をじっくり聞いてくださる大人たちと、うまくすみ分けができていてとても良かったな〜と。いろいろ勉強になりました。

サトユウもすごく生き生きして、総じてとても良いライブとなったと思います。

聞きに来てくださった皆さんありがとうございました。

名護でのんびりしたかったのですが、翌日は平日で、子どもらの朝ごはんのこともあり、ライブ終了後は車で那覇へ戻りました。

 

 

 

 

無事に3日、5日のライブを終えたあと、自分でも意識していなかったのですが、かなり気持ちを注いで力みもあったようで、しばらく続いた脱力感はなかなかしぶとかったです。

今回、那覇、名護でご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月は2016年初の旅へ。関東へ行きました。

6公演ありましたが、笹子さんとのデュオ、イノトモさんとのデュオ、

クロックムッシューズでのライブと3種類の編成でした。

 

娘の入学式を終えてからということで、桜の時期は過ぎた4/11〜21までの日程に

なりました。

 

 

□4/12(火) ささひやデュオ@埼玉アスタリスク

 

昨年、中山うりさんに「すごく合いそうなお店がありますよ」と聞いて、

ツアーを組むにあたり紹介してもらって初めて伺った店でした。

広々とした畑の中に建っている綺麗ですっきりしたカフェ、アスタリスク。

窓から見える風景に自然と気持ちがやすまり、ライブもゆったりとできた気がします。

オーナーご夫妻も音楽をされていて、とても気持ちの良いお二人。

平日のお昼でしたが、カフェがちょうど満席になるお客さまが来てくれて嬉しかった。パーカッションの服部正美さんがリハの時から来てくれて、必然的(!)に飛び入り参加してくださいました。あいかわらず若々しい服部さんでした。

そういえばうりちゃんのお父さん、お母さん、お兄さん(パリ中山氏)も聞きに来て

くれました。うりママがそっくりで、びっくり!というかなんだか幸せ!

帰りに服部さんの奥さんが営まれているブラジル料理やさん「Ilha branca」で夕ごはん。久々に小林治郎氏も合流。美味しく楽しい時間でした。

 

 

 

 

□4/13(水) リハーサルday

クロックムッシューズのリハを十条シネカフェsotoにて。サトウユウ子アレンジの

じんじんをやることにして、合わせてみたらかなりの難易度で爆笑、苦笑!

面白いし、難しいし、みんないい人だな、とあらためて。こんな感想おかしいですが。俄然、sotoライブの当日が楽しみになりました。

sotoリハが終わるとイノトモさんちに移動して、そこでもリハ。という予定でしたが、楽しい訪問者が二人いて、飲めや歌えやのにぎやかな宴になりました。その二人はイノトモさんと仲良しのはせがわかおりさんと本夛マキさん。「よもぎ」というユニットも組んで精力的にライブ活動してます。

 

 

 

□4/14(木) イノトモ×比屋定篤子@下北沢lete

昼にイノトモ宅で(昨夜の分まで)リハーサル。私の歌の伴奏をお願いして、愛あるギターを弾いてもらいました。leteも初めて。外観も中もかわいいお店ですね。

イノトモはleteでギター教室もしていたり、と懇意にしているお店ということで紹介してもらいました。イノトモソロコーナーのあと比屋定コーナー。二人でハモったのもいい感じでした。

柔らかいイノトモボイス。自分らしい音楽を肩肘張らずにずっと奏でている良い歌手です。二年ぶり(吉祥寺のハバナムーン以来)でしたが、今回もイノトモにはとてもお世話になりました。ありがとう〜。帰りは家の最寄り駅で二人で打ち上げ。楽しかった。

 

 

 

 

 

□4/15(金) 比屋定篤子とクロックムッシューズ@十条シネカフェsoto

福岡に移動するイノトモさんに合わせて一緒に家を出る。この日から泊めてもらう親友のお宅に荷物を置かせてもらって、十条へ。笹子さん、黒川紗恵子さん、千ヶ崎学さんの4人でのライブ。先日リハーサルもたっぷりやったし、あとは楽しむだけ。みんな上手いな〜。実はこのメンバーでアルバムをつくりたいとも思っています。

たくさんの方が聞きに来てくれて嬉しかったです。

 

 

※リハの日のスイーツタイム。一人が注文したら芋づる式に全員頼んだ図。スイーツもフードもおいしい。

 

 

□4/16(土) オフで中学の同級生と集まった

この日はライブがうまく入らなかったので結局オフになっていたのですが、ライブにも足を運んでくれた中学の同級生が飲み会を企画してくれて参加。場所は銀座!銀座で飲んじゃう?! 私も大人になったものです。会うのははっきり言って20年ぶりくらいの同級生もいて、人に歴史ありだわ〜、といろいろ感じ入りました。面白い時間でした。

 

 

 

□4/17(日) ささひやデュオ@逗子サクラヤマパーラー

一年ぶりのサクラヤマパーラー。ただいま〜という気持ちも芽生えるほどホームな場所になって。昼頃会場に入って、のんびりオーナーご夫妻とお話しをしつつ(心の)準備など。

日曜でいつもより少し早めのスタート。大入り満席のお客さまで、ここならではの暖かい空気感の中で歌い終えることができました。ここで受け渡しの約束をしていた似顔絵のイラストを依頼者(いつもライブに来てくれる常連さん)にお渡しできてホッとしました。(そういう似顔絵の仕事もやってます!いかがっすか。)

芋煮やお酒でゆっくり皆さんとお話しなど。良い夜でございました。

 

 

 

□4/18(月) ささひやデュオ@吉祥寺バオバブ

二度目のバオバブ。今回もハツラツと明るいオーナーの眼光は鋭くピカピカでした。

ごはんもとてもおいしい居心地よい店です。大学時代は中央線沿線(特に吉祥寺)で遊んでいたので吉祥寺はもう、街が大好き。スーハースーハー、意味なく深呼吸してしまいます。なんでだろうね。

大学の同級生も来てくれたり、少し遠くから来たという若い女性にも終演後、たくさんありがたい感想をもらって、とても嬉しい日でした。

 

 

 

□4/19(火) ささひやデュオ@千葉ソルマリアッチ

最終日。ソルマリアッチは千葉中央駅からすぐのメキシカンのお店です。スタッフの対応がとっても気持ち良くて大好きな店。明るくて優しくて。フードもお酒も素晴らしいのです。ぜひ行ってみてください。

ブラジル音楽を愛してやまない関秀人さんにも音響でお世話になり、楽しく終えることができました。ぬは〜なんて幸せなんだろう〜〜。皆さんありがとうございました!

この日はマリアッチから近い場所にすんでいる友人宅に泊めてもらいました。遅くに伺ってごめんね。

 

 

 

 

□4/20(水) ジスモンチを観る!@練馬文化センター大ホール

ツアーは元々19日までの日程で組んでいたのですが、翌日にエグベルト・ジスモンチのコンサートがあると知り、これは行かねばってことだな、とチケットをがんばって手に入れたのでした。当初はナナ・ヴァスコンセロスとのデュオのはずでしたが、ナナさんが3月に亡くなってしまったのです。。でもジスモンチがソロでコンサートを開催するということで聞きにいきました。会場には知っているミュージシャンがたくさん来ていました。

 

 

 

□4/21(木) 沖縄へ

昼に、泊めてもらっていた友人とようやくゆっくり話せてこれまた良かった。

長いようでやっぱりあっという間に終わってしまった関東ツアー。各会場にお越しくださった皆さん、会場関係者の皆さん、そして一緒に演奏してくれたミュージシャンの皆さん、本当にありがとうございました。振り返れば充実の6公演でした。楽しかったです!感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらく時間がたってしまいましたが、6/22に行われた持田裕子さんの追悼ライブについて
書きたいと思います。


読み方はもちだひろこさん。私は持田さんと呼んでいました。

私が21歳くらいのときに、骨董通りにあるイベントスペースで出会ったと記憶しています。
何組かのバンドや、ユニットがでていたイベントでした。
そのときはちょっと話したくらいだったけど、その後にもなにかと会う機会があって
徐々に親しくなっていきました。

持田さんはすごく「人」に興味を持つかたでした。
頻繁では全くなかったけど、時々「ちょっと会って話さない?」と電話がかかってきて、
とりたてて用事はなくても会って長い時間語りあいました。音楽のこと、恋愛のこと、
もっと突っ込んだあれやこれや、など。
彼女が言った「辛いことがあっても、それも芸の肥やしと思えばいい」という言葉は、
今もずっと私の中に刻まれていて、支えてくれている気がします。

彼女はいろんな形の編成でライブをしていました。
私は友人である前に彼女の歌のファンだったので、よく持田さんのライブにも行きました。
メロディーも歌詞も、じっくり練られている持田さんの曲が大好きでした。
その中でも「カエターノ」「生まれる」はカバーするほどに好きで、自分のライブでも
よく歌いました。

私がCDデビューすることになった時に、彼女は「"青田買い"じゃない?まだ早いんじゃない?」
と言いました。とにかくデビューしたい、とずっと思っていた私にはその時ピンとこない
発言でした。でも、本当はわかっていたのかもな。私は焦っていたのかもしれません。
今なら、デビューなんてゴールでも何でもない、ということは解るけど、その時はね。

その後も、お互いのライブに行き来したりしていましたが、私は結婚を機に沖縄に戻り、
物理的距離もありお会いすることもなくなりました。
しばらくして、彼女がエキポアというユニットでアルバムをリリースするときに、
プロモーション用の短いレビューを書いてと連絡をくれて、久しぶりに話すことができました。
大好きな持田節健在の作品で、素敵でした。


ことあるごとに、持田さんはどうしているかな、会いたいな~と思いつつ、
風の噂でオーストラリアに行って新しい使命に向かっていると聞き、いつか訪ねたい!とも
ぼんやり考えていました。

なんで、行動に移さなかったのだろう。悔やんでももう遅い。

今年の2月末に持田さんのパートナーであった中込さんの発信していた記事で持田さんが
東京で闘病中と知り、すぐに問い合わせ、持田さんと一往復のメールのやり取りができました。

3月の初め、持田さんが亡くなったと知りました。享年46歳。


持田さんの歌に魅了された多くの人が、彼女の歌をみんなで演奏したいと思ったんです。
本当に素晴らしい歌ばかりだから。。中込さんが企画してくださり、6月22日に実現した
持田裕子追悼ライブ『 Canção de amor ~愛のうた~』は、本当にキラキラしていました。
持田さんの歌が躍動していました。出演者のみなさんが彼女の作品をリスペクトして、それが
音に表れていました。

参加できて本当に良かった。ありがとうございました。

久しぶりに会えたミュージシャンもたくさんで、本当に楽しんで歌ったライブでした。
持田さんとの出会いはとても大きな出来事だったんだと改めて感じた日でした。





出演者の皆さんとの写真!




持田さんの追悼ライブのあと、すぐに九州ツアーにでかけ、そのライブ日記はすでに
アップしたのですが、追悼ライブについてはやっぱり一緒には書けなくて、じっくり
時間をかけて書きたい、と思っていたら今になってしまいました。

そのライブで歌った持田作品「生まれる」は自分のライブでも歌っていきたいと思っています。





























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもらも夏休みに入り、しばらく経ちました。
朝、昼、晩とご飯作りも手を抜くにしたって(?!) 大変ですね。

さてさて、先月末は九州ツアーに出かけました。
笹子さんとのデュオでの九州。二年振りでした。しばらく経ってしまいましたがレポートを。



[6/24] 福岡の港のそばにある「brisa do」にて!ツアー最初のライブでした。
以前の福岡ライブでもお世話になったギタリストPepe伊藤さんに紹介していただいたお店。
こだわりを持ってお店を作り上げているオーナー鮫島さんもブラジル音楽を歌う方。
居心地よい店内にぎっしりのお客さん。とてもほのぼのと楽しい時間を過ごしました。
久しぶりの予備校時代の友達、大学の同級生と、多くの懐かしい顔も会えた嬉しい日でした。

打ち上げの店がまた、これ、なんでもおいしい~、鮫島さんおすすめの素晴らしいお店で、
Brisa doにライブしに来るミュージシャンの方にもファンが多い店というのも頷ける。
ツアー初日、大変良い夜でした!



Brisa do 店内にて



[6/25] 翌日はソニックにて大分へ。二度目となる「カンタループ2」でライブをさせて
いただきました。お店は明るくて、カフェの様な内装にリフォームされていました。
音響も素晴らしく、とてもいいテンションを保って歌うことができました。
笹子さんの二浪時代のおもしろ話も初めて披露されました(でも極秘)
オーナーの渕野さんご夫妻に今回も大変歓迎していただいて、とても嬉しかったです。




カンタループ2にて(撮影:渕野さん)





[6/26] ツアー三日目は八女市、ビワニジへ。ビワニジでのライブは三度目!
手仕事アーティストの玲未さんとのつながりで九州ツアーを初めて行ったのが4年前。
100年以上前に建てられたという長屋の土間がステージです。とっても素敵な空間。
土間の奥の居間も開放して、のんびり聞いていただくのですが、そこに50人弱の方々が
来てくださり、すごくありがたかったです。

手作りの打ち上げもとても楽しい。みなさんとじっくりゆっくり話して、幸せな交流が
持てて本当に嬉しい時間。みなさんありがとうございました。





手仕事ビワニジ 外観





[6/27] 昼過ぎに玲未さんに羽犬塚まで送っていただき、熊本へ向かう。
南坪井町、地獄温泉の上にあるPAVAO~パバオが会場。こちらも伺うのは三回目。
この店のスタッフはみーんな元気いっぱい。めっちゃ元気。会えるの、いつも楽しみ。
オープニングアクトで歌ってくださる方々もムードあって良かったです。
ささひやライブも4日目で、いい感じに熟したり、若干ヨレヨレになってたりと
Theライブなステージ。でもいつも素晴らしいギターを弾いてくれる笹子さんです。
翌日が屋久島ということで、この日は熊本には泊まらず最終で鹿児島まで行くことに。
パバオのみなさんともっと飲みたかったな~~。でもまた必ず!




パバオ入口




パバオ関係の方が描いてくれたと思われるかわいいイラスト





[6/28] 鹿児島のフェリー乗り場から、結構朝早めに二度目の屋久島へ。
安房川のほとりにあるカフェ「散歩亭」の麗さんに出迎えていただく。屋久島だ~!
梅雨だし、屋久島だし、空気が一日中しっとりしている。きっと喉には最高ではないか。
こちらのライブは子どもさんも多い。二年前も来てくれた女の子たちが、今回も楽しみにして
いたと聞いて心底嬉しい。「さかな、なかま!」と大きな声でコーラスもしてくれました。
散歩亭はすごく落ち着くお店で、ごはんもお酒もおいしい。橋から見る散歩亭も趣がある。
川を眺めながら歌って、気持ち良かったな~。




散歩亭 ステージになる場所を上から




[6/29] 屋久島でオフを一日もうけました。屋久島で一日オフ。二回書いちゃったけど。
梅雨時期に組んでしまったツアー。雨も多いのは覚悟していましたが、ライブ時間帯に大雨という
ことはなくて、運も多少は良いツアーだ、と思っていましたが、この日だけは晴れたのよーー。
雨ばかりの屋久島でスッキリ晴れ。車をレンタルして、わてが運転しましたがな。ああ、神よ。
でも大丈夫でした、いろいろ。良かった。

しかし、欲望に忠実な笹子先生。朝から真夜中までの観光日程計画にはビックリいたしました。
まずは屋久杉ランドへ。1時間半くらいのコースを歩きました。晴れている日なのに、ここは
湿度が高くて、霧も深く違う世界のよう。鹿も猿もすれ違いました。

屋久杉ランドを後にして次に向かったのは、初回も今回もライブを聞きに来てくれた藤吉ご夫妻が
開いているノマドカフェへ。観光客の方も多く来られる人気のカフェ。
丁寧に作ってるのがよくわかるおいしいランチをいただきました。長居してしまいました。

高所恐怖症には高すぎる灯台へ行ったあと、一旦宿に戻って、夕飯時に近くの居酒屋さんで
くびおれサバを食べて、また車で出発。向かったのは海亀が産卵しに帰ってくるという浜辺。
暗い道を結構な距離走ると、たくさんの人が暗闇で亀さんを待っていました。
二時間弱待っていたら、海から上がってくる海亀の影は見ることが出来ました。

で、次は海中温泉へ。海につながっている温泉を二つ教えてもらいましたが、混浴の方に
行きました。もう時間は11時過ぎ。夜も夜です。温泉はバスタオルで入るのも禁止。
先に入った笹子さんが「すごく良かった!」と上がってきたので、私と友人Kさん(女性)も
入ることにして、真っ暗な中温泉につかりながら、ザッパ~ンとはじける波を眺めつつ、
「入ってよかったね~」としみじみ。

日付も変わりそうな頃に散歩亭に着いて、オフの締め。楽しい一日でした。




倒れた屋久杉




屋久杉と笹子氏








吊り橋を渡る




[6/30] 昨日と打って変わって朝から大雨。友人Kさんは飛行機が飛ばずに、結局我々と一緒の
フェリーで鹿児島に向かいました。

この日はツアー最終日。鹿児島のT-BONEが会場。初めて伺うお店。ブルースじゃないし、
骨太じゃないからダメ!って言われたらどうしよう、とご連絡したら、ご快諾くださり
嬉しい限りです。この日はPAを平川さん(初対面)が担当してくださいました。
オーナーの本山さんもチャーミングなおじさまで、すごくいいお店でした。
ツアー最後の夜も楽しく、T-BONEにまつわる話しも沢山聞けて、良い時間を過ごしました。





T-BONEの扉





オリジナルの焼酎 ずらりT-BONE!






まいどまいど、本当にたくさんの方にお世話になり、いろんな場所で歌うことができて、
本当に幸せです。ありがとうございます。本当にありがとう。
また飽きずに聞いていただけるよう、精進していきます。



[7/1] 鹿児島から沖縄へ帰る日。
鹿児島のお知り合いのデザイナー清水さんから連絡をもらい、グッドネイバーズという
寄りたいな、と思っていたお店に連れて行っていただきました。
最後の日まで、充実していてすごく嬉しかった。清水さん、ありがとうございました。

九州でお会いした皆さん、笹子さん、ありがとうございました!!












いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
あっという間に時は過ぎて、もうすでに二ヶ月も前のことになってしまいました。
台湾でうたうぜ!の気持ちのみで計画した5/28~31(3泊4日)の歌旅。
笹子さんとのデュオで張り切って行ってきました~。


昨年冬に東京でお会いした「月見ル君想フ」の寺尾さんに相談して、台湾ライブをさせてもらう
ことになりましたが、向こうでの知名度なんてまるで無いもんですから、台湾のミュージシャン
「依錚依靜」(双子の女性ユニット)との対バンを組んでいただきました。
(発音が難しすぎて仮名でも書けません。。)

台北では「月見ル君想フ」、台中「Forro cafe」でもライブが出来ました。二日ともに
1番目は依錚依靜のお二人のステージ。彼女達のライブを聞きに来たお客さんが大半でしたが、
後攻の我々「ささひやデュオ」のライブもしっかりと聞いてくれて、本当に感激。
英語で曲の説明だけでもしたい、とがんばって話したつもりですが、どれくらい伝わったかは
わかりません、、が、ライブ後も英語で話しかけてくれる台湾の方がたくさんいらして、とても
嬉しかったです。
しかし、音楽は言葉を超えて伝わることもある、と実感。とても良い経験でした。





「台北 月見ル君想フ」の寺尾さん





台北ライブ





依錚依靜のお二人、パーカッションの方と、ささひや




ライブ前日に台北入りした我々。寺尾さんもなんと同じ便で沖縄から台北に向かうことになっていた
ようで、那覇の国際空港で会えたので、会場近くに取ったホテルまで一緒に行けて心強かった!
早速会場となる台北 月見ル君想フにも行ってご挨拶。その後、行った牛肉麺も非常に美味かった。





台湾のソウルフード牛肉麺をすする前に撮る笹子さん




2日目の昼は、ライブを聞きに来てくれたアナウンサーの島袋彩子さんも一緒に小籠包を。



3種類の小籠包と具だくさんのスープ





打ち上げにて 笹子と彩子




台北には大学時代の友人が住んでいるので、会えるのを楽しみにしていました。
彼女はライブの日、本当なら出張でイタリアにいる予定を繰り上げて帰国してくれて、
聞きに来てくれました。涙!!




打ち上げの店で注文を考えてくれている友人「呉さん」





呉さんにもらった花束




本当に楽しかった台湾の旅。お世話になった方々に心から感謝しています。

思っていたより物価も高くて(円安の影響もあり)、笹子センセーを若者向けのドミトリーには
泊められんよな、、と予約したホテルもまあまあのお値段だったり、と、かなりの経費が
かかった旅でしたが、実に充実した楽しい~~3泊4日でございました。

またぜひ、歌いに行きたいと思っております!

















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、一週間ちょっとの日程で上京し、6カ所で歌ってきました。
今回は本当に久しぶりにソメイヨシノが観られました。綺麗だった~。

□3/28(土) 上京
笹子さんと夕方からリハーサルの予定で、それまで3、4時間あったので
久々にスタジオハピネスにお邪魔したら、すごいレコーディングが行われていて
鼻息ふごふご!(まだ言えない内容らしいです)

予定の時間に笹子さんとのリハーサル場所へ移動。
時間的に余裕があったので、のんびりと話もしながらのリハでした。
今回、初めて歌うカバー曲が三つと、自作の新曲があったのでそれを中心に練習しました。



□3/29(日)  銀座のお店でプライベートライブ
今回のツアーの初日は、ライブによく来てくださるかたのご依頼で、プライベートな
ライブを行いました。銀座のこじんまりした品のいいお店にて。
主催者のかたのご友人、お店のかたの紹介で来てくださったかた、など少人数の
お客さまの前で歌いました。
居心地の良い、料理もお酒もおいしいお店で、時々話しをしながらのざっくばらんな
ライブでとても楽しかったです。


銀座のお店にて




□3/30(月)  所沢mojo ロンサムストリングスwith比屋定
ロンサム・ストリングスの皆さんと昨年10月以来の共演!!
新しいレパートリー(私のオリジナル)も2曲増えて、たっぷり歌わせていただいた。
いつも驚くのはロンサムの皆さんの、ON(本番)、OFF(リハ)の差がハッキリしていること。
本番の演奏の深みや艶、テクニックに、心奪われる瞬間が何度もあって、たくさんのお客さまも
どっぷりと酔いしれていた。素晴らしい4人の弦楽器奏者とご一緒できてほんとに光栄です。


mojoにて



□3/31(火) 吉祥寺BAOBABにて笹子さんとのデュオ
初めて伺う店、BAOBAB。多国籍な雰囲気で料理のメニューもバラエティに富んでおり、
店主のYさんも気持ちの良い人で、なんとも良いお店でした。
ライブもにぎやかに盛り上がり嬉しい限り。以前、お仕事でお世話になった面々など
懐かしい方々にも会えて楽しい夜でした。

31日はすごく良いお天気で、昼間は宿泊させてもらっている先の近所で花見もできました。
住宅地なんだけど、何十本か植えられているソメイヨシノが、かなりいい具合に咲いていて
見とれた。ほぼ満開~。






□4/1(水) みなとみらいのスタジオで笹鬼ひやリハ
夕方から4時間半の長時間リハーサル。鬼武さんとのデュオは4年振りと、長い間
行っていなかったで、重点的に鬼ひやデュオの練習をしました。
鬼武さんのピアノはいいね~。すぐに歌いたくなる。作曲家としても活躍されていて、
ご自身のアルバムレコーディングの翌日だったにも関わらず、たっぷりとリハにつき合って
もらって感謝。笹子さんがやって来てからは、笹鬼のお二人が「早く終わらせて飲みに行こう!」
というムードになって、「東京のミュージシャンはいかんな。」と思いました。
でも、さすがの二人、ちゃんとリハで良いアレンジを提案してくださり、良い内容の
演奏になり安堵!近くのイタリアン店で赤ワインをボトルでドボドボ飲んで、笹鬼大満足!





□4/2(木) 柏studioWUUにて、鬼武さんとのデュオ
柏のWUUには4年前にもこのデュオで出演しました。スタッフの皆さんもてきぱきと
されていて、とてもやりやすくて音の良いライブハウスです。
鬼武さんのホームとも言える場所で、リラックスした雰囲気で始められました。
私の歌は初めて聞いてくださったかたが多かったと思いますが、反応がよくて嬉しかった。
全種類のCDを買ってくださったかたもいました。





□4/3(金) 渋谷gee-ge.にて、笹子さん、鬼武さんとのトリオ
まずは笹子さんのギターと二人で一部を始め、その後半は鬼武さんが入って三人で。
二部は反対に鬼武さんとのデュオ→笹子さんが入ってトリオで、という流れで聞いて
もらいました。三人一緒にライブするのも4年振りでしたが、15年前からの付き合いが
演奏にも表れ、濃密で、呼吸のあった演奏ができたように思います。また三人でライブしたい。

この日は料理担当のYさんが沖縄にちなんだスペシャルメニューを考えて作ってくれていました。
私の歌に「土曜日のカレー」というばあちゃんのカレーをモチーフに書いた曲があるのですが、
その内容に添った作り方で仕上げたカレーをだしてくれ、色や味もかなり再現されていて涙。
(ちなみにばあちゃんは健在で楽しく暮らしておりますが、さすがに料理はしなくなっています。)


gee-geにて。左より鬼武さん、比屋定、笹子さん


金曜日なのに「土曜日のカレー」


笹子さんがこの世で一番好きなメニュー「てびち」


かなりビジュアルも沖縄のに近い「フーチャンプルー」





□4/4(土) 逗子サクラヤマパーラーにてささひやデュオ
グッと気温が下がった日。午前中には会場へ移動。ここのオーナーご夫妻と会うのも
楽しみなパーラー。
最近、超おいそが氏な笹子さんは、昼のライブをひとつ終えて駆けつけてくれました。
いつも暖かく迎えてくれるお客さまたちと、生音ライブをのんびり楽しませてもらいました。
この日は皆既月食だったようで、終演後みんなで外に出て空を眺めたのも楽しかったです。
実は、この店にサクラの頃に来ようと考えて組んだツアーだったのですが、日程もなかなか
バッチリでソメイヨシノもたくさん観られたし、サクラにまつわる私の過去を新曲として
発表できたりと、サクラヤマパーラーのおかげ!がたくさんありました。
ツアー最終日、本当に気持ちよく皆さんと時間を過ごせて嬉しかったです。


サクラヤマパーラーにて ささひやデュオ




今回もたくさんの方に聞きに来ていただきました。そして各会場の方々にお世話になりました。
共演していただいたミュージシャンの方がにも感謝いたします。
心がホカホカに満たされ、4/5に沖縄に戻りました!本当にありがとうござました!
またどこかでお会いできますように。


翌日には娘の入園式、次の日は息子たちの始業式、とthe日常に戻っております。。













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先月17日から22日の日程で上京しました。

□2/17(月)に東京へ。ライブは翌日からだったのでゆとりの日。

□18(火)逗子のサクラヤマパーラーで笹子さんとのデュオライブ。
このお店のオーナーご夫妻とは昨年11月に石垣島で初めてお会いしたばかり。
すごく気さくなお二人に「いつかライブしに来てね」と言っていただいたので
急ではあったけど、お願いして実現したライブでした。
すごく楽しいご夫婦で、その感じがダイレクトにお店にも繋がっていて、
あったかい雰囲気に満ちていました。
生音のライブ。響きもよくて良いライブになったと思います。




□19(水)南青山の月見ル君想フでのライブの日。
今回のツアーを行ったきっかけはTROPICALISMのドンさんからの「東京で一緒に
ライブしません?」という連絡でした。
月見ル君想フというライブハウスで、春節(旧正月)イベントが長期間であって、
そこで我々も出演できることになりました。嬉しいー。
トロピカリズムのお二人がホストとなって、三組の演者がステージに登場しました。
大山百合香さん、私と笹子さん、SHYさんの順でたっぷり楽しめたイベントでした。
トロピカリズムのお二人はずっと舞台上で演奏。お疲れさまでした!
このライブハウスはよく名前を聞いていたけど、訪れたことがなかったので、
行くことが出来て良かった。


SHYさんのリハの模様。二階部分から撮影。月が光るんですよ。


ライブ後に皆さんと。


□20(木)代官山の「山羊に、聞く?」にて比屋定篤子ワンマン。
昨日に引き続きトロピカリズムのお二人と笹子さんとの計4人でのライブ。
私のオリジナルを中心に、まず1部は笹子さんとデュオ。2部は4人で。
ドン久保田さんがベース、宮田さんはパーカッションで加わってくれましたが、
リズム、ノリが大粒になって、気持ちよく歌えて本当に楽しかったです。
アンコールにハレルヤを歌いましたが、前日お会いしたカナミネケイタロウ君にも
マンドリンで加わってもらいました。あの歌にマンドリンが合う!グラスゴー!

この店は食べ物もすごくおいしいと有名なお店ということですよ。広くて居心地
良かった。

月見ル君想フも山羊に、聞く?もスタッフの皆さんがライブをすることを大事に
しているのが伝わってくるお店で、丁寧な音作り、対応が印象に残りました。

今回の三カ所はどこも初めての場所でしたが、またたくさんの人との繋がりもできて、
相当充実した気持ちで終えられました。
来てくださった皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!!
笹子さん、ドンさん、宮田さんもお疲れさまでした。またよろしくお願いします。


□翌日21日は私用で草加市へ。そのあとは東京時代のお友達と会ってゆっくり夕飯。
こんな時間も嬉しいですな。M女史ありがとう~。

19,20は雪の予報がでてると、行きの飛行機で知ってビビっていましたが、雪はおろか
雨も降らずホッとしました。雪無しでも十分私には寒かったですけども。

最近はツアーに行く前、荷造りの段階が一番憂鬱でつらいのですが、旅が始まると
毎日が楽しく、いろんな人に会えて、やっぱり良いもんだなぁと思う。
体力つけて歌旅をもっとやっていきたいと思った次第です。













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今まさに台風の影響を受けている沖縄から、お久しぶりです。

先週は東京でライブをしました。
流線形とのライブ、笹子重治さんとのデュオライブ。どちらもたくさんの方に
来て頂きました。本当にありがとうございました。


9/26(木)に上京して、その日の夕方に流線形のリハーサル。4時間の長丁場でした。
私以外のバンドのメンバーで何度かリハをしていたので演奏はまとまっていて、私もワクワク。新曲もあって、なかなか難しい部分もありつつ、全曲確認。
リハが23時終わりだったので早々に解散して、泊めてもらう友人宅へ。
久々に会う友人夫妻が起きてくれていたので、ちょっとビール、ちょっとワインと。いいわ~。
落ち着くんだ~~。この友人宅。

9/27(金)は新宿のカラオケ屋さんで、笹子さんとのデュオライブのリハを。
笹子さんは、最近、超多忙らしく、ちょっとお疲れのようでした。この日も信州へ行く
電車に乗る前に、と時間をあけてもらってのリハ。ありがとうございます。
まずは、笹子さんの曲に私が詞をつけた新曲を、初めて聞いてもらって詰める。
ライブで歌う曲を、あぁだこうだ挙げるが、どうしても最近のまんねり感が拭えず、
「よし、当日、リクエストコーナーを設けましょう。」となる。思いつくままに練習して
2時間半のリハ終了。

この日は夕方は何もなかったので、泊めていただいてる友人Kさんと、Kさんのお友達の
皆さんと谷中で中華の夕ご飯。楽しくておいしくて、すごくリラックスした。


9/28(土)流線形と比屋定篤子、目黒パーシモンホールでのライブ当日。
当初、夕方からのライブだけの予定が、一日でチケットが売れたので、急遽昼公演も
行われることに。なので我々の入り時間も12時と早め。早速サウンドチェックが始まる。
スッキリしたホールだったので少し味気ないのかな、と思ったけど、本番のステージでの
照明や音響も素敵で良かった!昼の部も夜もたくさんのお客さんで本当に嬉しかった。

流線形との共作CDで八神純子さんの「サマーインサマー」という歌をカヴァーして
いるのだけど、いろんなご縁がつながって、ご本人の八神さんに聞いていただくことができて、
ライブ当日は瀧口さん宛にお手紙まで書いてくれたんです。すごいことです。

流線形のバンドメンバーがまたそれぞれ良くって、聞き入ってしまう瞬間も多々あった。
お客さんもすごく暖かくて、あっという間に2公演が終わってしまった印象でした。


$比屋定篤子 亜熱帯日和ブログ版
左から、ヒットミー、ゆうこちゃん、千ヶ崎さん、平野さん、
比屋定、瀧口さん、山之内くん、はっちゃん

また、みなさんと一緒にステージに立ちたいな~。本当にありがとうございました。


9/29(日)旅の前半に泊めてもらったKさん宅から移動。後半お世話になるYさん宅へ。
荷物を置かせてもらったら、すぐにスタジオハピネスへ。ちょっと録音作業など。
昼すぎから歌ってみたけど、前日2公演の影響もあってか、よろよろ。声もがさがさ。
前日の昼ごはんあとから、何も食べてないことに気がつき、おにぎりなどを食べてしばらく
したら声もちょっとずつ出るように。栄養大事です。

9/30(月)予定はなかったので、Yさんとゆったりおうちで昼ご飯。
パスタとサラダ、チーズ、グリッシー二と赤ワイン。ってスペイン人のランチみたい~~。
ぬおお。素敵だ。Yさんは大学の同級生で数えたら22年の付き合い。こんなお昼を一緒に
食べてる自分らを大学生時代に想像できただろうか?
大人になったね。わたしたち。


10/1(火)この日は都民の日ということで、都内の公立学校はお休みでした。Yさんの娘も
お休みだったので、午前中は3人で NHKでやってる「あまちゃん じぇじぇじぇ~展」へ。
大人気なり。

$比屋定篤子 亜熱帯日和ブログ版

$比屋定篤子 亜熱帯日和ブログ版

$比屋定篤子 亜熱帯日和ブログ版



さて、午後に一旦戻って、ライブの準備など。
笹子さんとのデュオライブは、北青山のプラッサオンゼにて。昨年11月以来で、結構
間があいていたことに気がつく。Yさん宅を出て、バスでのんびり表参道へむかう。
窓の外はすっかり秋めいていた。東京に住んでいたときは、本当にこの季節が好きで、
無駄にドキドキしていた気がする。いやいや無駄じゃないんだけど。

プラッサオンゼのライブも多くの方が足を運んでくださいました。懐かしい顔もたくさん。
ここは常連さんも多く、聞く側にも演奏する側にも愛されている店だ。すごく穏やかな気持ち
で歌うことができる。新曲もどうにか聞いていただけてホッとしました。

今回は後半に大々的にリクエストコーナーを設けて、アンコールまであわせて9曲の
リクエストにお応えしました。最近歌ってない「青い自転車」「君を照らすよ」なども、
良く言えばスリリング(?!)にお届けいたしました。物は言いようでございます。
でも、皆さんがどんどん私のオリジナル曲をリクエストしてくれる、ということは
知ってくださってるということ。なんとも嬉しいーー。17曲も挙げてもらいました。
なかには、7、8年以上も歌ってない「おしゃべりな雨音」とか「有頂天なカモシカ」も
あって、次は歌ってみようと久々に思いました。

$比屋定篤子 亜熱帯日和ブログ版
 photo by bozzo

聴きに来てくれた皆さんと演者との間が近くて、すごく親密な空間が生まれるプラッサ
ならではのライブが出来て、本当に楽しかったです。皆さんありがとうございました!!


今回の1週間の東京。すごく充実していました。
本当に今回もたくさんの人にお世話になりました。心から感謝しています。
ありがとうございました。


















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。